投稿

待ってます♪

イメージ
8/25のイベントをやることになって、いろいろなことがからんで大掛かりになりました。
今回、県や市、団体、そして協賛社の方々と、参加者(スタッフなども含め)とをつなぐ「仕掛け」をどうしよう?
と思いました。

ご協賛いただいて、チラシなどでお名前を出して終わり。

というのでは面白くない。


今回協賛社の方々は、こだわりをもって選出いたしました。
一番のポイントは
専門家としての確かな情報を持っている人。

この確かな情報を、参加者の方々、また、協賛社同士受けとっていただく仕組み作りを工夫しました。

まずは、ホームページを作ってサポーターとしてご紹介する。
https://www.tunagarumarche.com/supporter/
ホームページを作ればイベントが終わっても、ゆっくりとサポーターの情報を見てアポイントできると考えました。

そして、イベント当日セミナーが目白押しで、日ごろ金沢では聞くことが難しいお話もあるので、皆さんにはぜひどれもこれも聞いてほしい。
でも、せっかくの専門家ともこの機会につながってほしい。
なんとか、しないと!!

と考えついたのが・・・


サポーターBoxです。
夢や希望はあれもこれも同時に叶えたい!!!の賜物です。

ご自由にじっくりと眺めて、興味があったり、このことを相談できる人を探していた!!
というボックスがありましたら、ご自身の名刺を投函ください。

協賛社はイベント終了後、持ち帰り、後日、ご連絡がきたり、参加者からご連絡したときには「あ!TUNAGARUマルシェで名刺を投函くださった〇〇さんですね!」と親しみを込めてお話が始めるか、なんらかの良い気分を味わえると思います(笑)

タグにはサポーター情報が載っているページURLに飛ぶQRコードが貼り付けてありますので、その場で情報を見ることもできます。

40社分の箱を組み立て、タグをちょきちょきし、お知らせボードを貼り付ける作業もなんだか楽しそうです(^^♪

実行員は2人ですが、みんなで作り上げるイベントと実感しています。

「伊藤さん当日黄色の何着るん?」
というのがここ最近の挨拶になっています。
ドレスコードは黄色。ワンポイントでも可。

もう少し受付しておりますので、ぜひぜひご参加くださいませ。



ピンチをチャンスに変える!専門家との出会いをつなぐ 北陸TUNAGARU(つながる)マルシェ…

私なんて、、ってそれ謙遜してるつもり?

イメージ
人様からお仕事を引き受けるときは
大も小もなく、「プロ」の自覚をもたないとね。 クライアントに失礼だよ。
セミプロだから、だからなんだっていうの?
そういって誰から責任逃れしてる?

時間が限られていたって、家のこと、子どものこと、やらないといけないことがあったって、ちゃんと損益考えて値段設定できるようになれば、 クライアントも、家族も、そして自分もHAPPYな方法が見つかりますよ(^^)

わたしだって、息子たちのご飯作らないといけないし、
自分が遊ばないといけないし、
体は無理できないし。
だから、どうしたらいい?
とすごくすごく考えました。

おうちを大事にしたいも、仕事で成功したいも、どっちも手に入ります。
欲張っていいんです。




ピンチをチャンスに変える!専門家との出会いをつなぐ 北陸TUNAGARU(つながる)マルシェ公式ホームページ

ITオンチのかかりつけ医.あぽじら

ITオンチでもできるホームページ作成塾

.あぽじらの専門家によるWEB定期サポート始めました!

.あぽじらの専門家によるIT定期サポート始めました!



JimdoCafe 武蔵

セミナーのご案内伊藤雅恵Facebook .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

miniJ300石川 公式ホームページ http://j300-ishikawa.jimdo.com/

JimdoBestPages2015 Jimdo Founder Selection受賞サイト
瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室
http://takikawamasato.jimdo.com/


セキュリティのことお子さんにちゃんと教えられますか?

イメージ
セキュリティソフト。
スマホやタブレットならAndroid端末(iPhoneじゃないスマホ) パソコンを使う時に必ず考えないといけないセキュリティ。
セキュリティソフトって自分を守るもの。 には間違いないのですが、 私は、 他人様に迷惑をかけず、なおかつ自分の身を守るもの。
と解釈します。

セキュリティソフトは、自分を守ることによって他人様にも迷惑がかからないように対策してくれるものです。

それって、どういうことなん? って思いますよね。 もちろん、ソフトを入れたから100%安全安心とは言い切れません。 使い手の知識もある程度必要なので「知識を得る」と言うことをしなくてはいけません。

ここでよくあるのが、特に女性にありがちなのが
知らんもんと、わからんもんが情報を交換しあった気で安心しているというパターン。

なぜ、セキュリティが必要なのか。 今、ネットにつないでいることによってどんな危険にさらされているのか。 それを守るセキュリティソフト+@の対策とは?
知ってます? 確かな情報を家族に伝えられます?

8月25日の北陸TUNAGARUマルシェでは、 ネットセキュリティの専門家 カスペルスキー社から、北陸の自営女子のためにセキュリティのわかりやすいお話がきけます。 家族の中で何人スマホやパソコンを使っていますか? それは安全に使えていると自信を持って言えますか?
職場ではどうですか? 顧客の情報をきちんと守れていますか?
「え?そんなことで漏れちゃうの?」 「そんな簡単にのっとられちゃうの?」
ということがある。ということだけ知っておくことはよいことです。

8月25日(金)北陸TUNAGARUマルシェの12時すぎからのランチタイムセミナーでは
ディスティーノのおしゃれなランチをいただきながら、カスペルスキー社が
 「働く女性のためのネットセキュリティ講座」と言うタイトルでお話いただきます。

ぼやっと不安に感じているくらいなら、ちょっとお勉強しに来ませんか?


ピンチをチャンスに変える!専門家との出会いをつなぐ 北陸TUNAGARU(つながる)マルシェ公式ホームページ

ITオンチのかかりつけ医.あぽじら

ITオンチでもできるホームページ作成塾

.あぽじらの専門家によるWEB定期サポート始めました!

.あぽじらの専門家によるIT定期サポート始めました!



JimdoCafe 武蔵

セミナ…

Jimdoが好きな理由。

イメージ
ホームページ作成ツールJimdo。
ITオンチでも使える。というのはもちろん好きな理由で、ホームページを作りたいと思った素人がCssだの、htmlだの、をしらなくてもページが出来上がってしまうところは、3年前に初めてJimdoを見た時に感動した覚えがある。 「ホームページって言ったらこれくらい知っとかないと。それが常識っしょ」 というWEB制作者が言いそうなことをまるっきり無視して、大きな紙に付箋でやセロハンテープでぺたぺた貼ってはがしてページが出来上がっていくのには、 「うんうん。素人にはそれでいいんだよ」 と今でも思っている。
難しいことはプロに任せればいい。
難しいことがいらない人にはそういうことを知らないまま一生を終えてもなんら支障が起きないのだから。知ったからと言って、何が得になるのか?と思う。 もちろん知ったほうがより高度なデザインやプログラムがあるページが作れるのにはまちがいないけれども。 そんなものがなくても、「伝わる」ホームページを作ることは可能だから。

もう一つ、私がすごいなと思うのが、サポートチームのレスポンスの良さ。
Jimdoの有料版を使っていると特にそのレスポンスは最高で、何かが起きた時に「お問合せ」からサポートに問い合わせをすると、回答が確実にやってくる。 そして、その回答はとても丁寧でわかりやすい。
JimdoJapanの人たちと年に数回交流があるけれども、私よりたぶん20も若い人たちのホスピタリティたるや、いつお会いしても感動してしまう。

Jimdoに関わっていると、何を大切にしたら誰が幸せになるのか。 っていうのがすごく見えてくる。
エンドユーザーであるJimdoを使う人たちがどうしたら心地よいか。 それがとても恩着せがましくなく、暖かく感じる。

やっぱり、「人」を感じることって大切なんだな。って。

私はこのサービスに出会って、仕事へのモチベーションが180度変化したと言っても間違いでないと思っている。

で、このJimdoJapanの人たちに直接質問できる機会がある。 操作的なことは、金沢、武蔵に聞いてもらえればよいのだけれども、ぜひぜひ、この機会にいろいろ話をしてみてほしい。
8月25日(金)北陸TUNAGARUマルシェの11時ごろのプチセミナーで JimdoJapan 長嶋亜紀さんが登壇。  「成果にTUNAGARUウェブ活…

チクチクの原因を解消すべく、お盆のノルマを実行しました。

イメージ
チクチクするお盆休みとおさらばするには、チクチクの原因と向き合えばいい。

これは、何事もそうで、チクチクチクチクする原因というのが必ずあるから、しかもその原因って意外と簡単なことだったりするから、いったんそっちを優先させてしまえばいい。
なにかしらの言い訳をして面倒だと見ないようにしているだけで、たぶん、その言い訳をしている方が本当はエネルギーを使っているってことに気が付かないでいることは結構多い。

チクチクする心。


こればっかりは、うわ~~~~!!って叫んでも
友人たちとバカ騒ぎしても、
女友達とおしゃべりしても、

あんまり解決はできない。
一瞬忘れるだけで、一晩眠れば、やっぱりチクチクしてて、で、バカ騒ぎをできるところがないかとさ迷い始める。
で、毎日疲れている。

ましてや、仕事に逃げてもなんの解決も生まれない。


私のお盆のチクチクの原因は、親戚が集まるのがうらやましいとか言っているが、そんなことではなく、「実家に行く」という行為をするまでチクチクするのだ。

実家に行く、父が喜んでお酒を飲み始める、収集が付かないくらい飲み始め面倒なことを言い始める、私の機嫌が悪くなる。

そう、実家に行くと私の機嫌が悪くなるから、だから行きたくない。
行きたくないけれども、母が心待ちにしている。孫の顔もそうだが、私の顔をみて安心したがっている。
でも、機嫌が悪くなる自分が予測出来て、面倒で仕方がない。


だけれども、実家に顔を出さない限りチクチクはおさまらず、
8月18日ころになって、「行かなかった理由」を電話している自分を想像してますますチクチクする。

答えは簡単で、行ってしまえばいい。
そして、父が喜んでお酒を飲むのはいいが、深酒になる前に帰ってくればいい。

どのみち、息子たちを全員連れて実家に行くことはもはや時間調整ができない。
だから、連れてこなかったどの子かが待っている状態で帰れば、私も気の迷いで実家に泊まるなんてことを言わなくて済む。

昼過ぎに行って、夜いい加減に帰ってくる。
お酒が飲めるようになった息子たちの誰かにじいちゃんのおつきあいをしてもらう。
孫というのは、祖父母にはやさしい。祖父母も孫には遠慮があるからあんまり面倒なことを言わない。

そうやって、万全の策を練り(ま、おもいつきですが)突然「今日午後から行くよ」と母に連絡をしてお土産を買って、行く。
前日以前…

チクチクするお盆やすみ。

イメージ
お盆というと、親戚が集まってきてにぎやかに。
というのにたぶんあこがれています。
私の父母は、親戚づきあいをごくごく限られた間でしか、したがりません。
特に父方の親戚付き合いは。
母方とはコネコネと小さいころ遊んでもらった記憶がありますが。
お盆に誰かしらがやってきていて、夕餉を囲んでお盆らしい宴を祖母の家でやってたような。

たぶん、母がめんどくさがったのかな?とか思ったり。


なので、冠婚葬祭なんかも、お前はでなくていい。
と言っています。


でもさ、
何かあった時に、助けたり頼ったりできるのは、親戚じゃないかな?
と思って。


でも、なんだかそういうのに慣れちゃって、疎遠をつらぬいています。




父や母が亡くなったら、なんだかなにもかも私がやらなきゃいけないような気になって、ちょっと億劫です。
ま、そうなったときに考えればいいことだけどもね。


両親に植え付けられている感性というのは、一生抜けないんですかね?
時々何がなんだか自分でわけがわからなくなります。
心がバラバラになってしまっているような。

自分の根がどこにあるのかわからなくなるというか。
そういう時に、「親戚」というのは自分のルーツを確かめるようでいいな。
と思うわけです。


お昼におそうめんをいっぱい作ったとか。
子どもたちが花火をしているとか。
そういうのに憧れるって、変ですかね?(笑)


普段は実家とか、親戚とかあまり意識しないのに、お盆の間ってなんだかそこがぽこぽこ出てきて、んで、いつもと変わらず過ごしていたいと思えば思うほど、チクチクする。
なんだか、好きではないな。
金沢に引っ越してきて4年たったみたいです。あっという間ですね。
4年前のお盆にわ~~っ!と引っ越しをして金沢の人になって、んで、だんだんしっくりと来ている気がします。

お盆休みっていうても。

イメージ
眠くて眠くて仕方がない夢を見ました。食事をしているのに眠くて仕方がなく気がついたら寝ていたり、お客様のところで仕事をしている最中に寝てしまっていたり、
鮮明に眠たいという夢。

二度寝すると変な夢を見ますね。 お盆休みに入っています。 特に告知をせずとも完全予約制のお仕事なので支障はありません。
いつ仕事をしてるのか? いつも遊んでいるよね? てのが理想。