んでね、47歳母にも都合がある。

子どもたちを産んで毎日世話をしなくてはいけない頃は、私は若かった。
長男が今年23歳になるのだから、長男を産んだのは24歳。26歳に次男を出産し、29歳で三男を産んだ。
連日の睡眠不足や、近くの公園に連れていったり、毎夜3人をお風呂に入れたり、一日中走り回っていたように思う。

体力あったな。

って思う。
で、長男は2カ月で保育園に出し職場復帰し、次男は1歳で姑が働き口を見つけてきてしまったので2人の子供を抱えながらフルタイムで働き、三男が1歳の時には元の職場から応援要請が入り復帰。
やれ、熱が出た、中耳炎だ、下痢した、怪我した。
たまに平日に休みが取れても病院通いで終わっていった日々。

若かった。

一人でウンチができるようになった時。
小学校に入学して送り迎えがいらなくなった時。
中学校にはいり夏休みをそんなに気にしなくてもよくなった時。
高校に入ってお母さん同士の付き合いをそんなに一生懸命しなくてもよくなった時。

節目節目に「おおおお!!やった~~!!時間ができた!」

って思った。
今なんて、社会人になって自分の食いっぷちを稼いでくるようにまでなった。
あの20代30代の体力があったら、今の生活はとんでもなくパワフルに過ごせるだろう。

あれだけとりたかった睡眠時間。もう夜中に子どものことでおきることもしなくてよくなったのに、夜中に目が覚めて眠れなくなる。8時間以上寝てたら逆に体力を消耗してしまう。
文字を読む時にピント合わせが難しくなってくるにつれ、根気が無くなった。
食べる量が減ってきたのと並行して持久力もなくなった。

今もパワフルだと言われるが、20代30代のころと比べるとなんだか毒気を抜かれたようにおとなしくなった。

あたりまえ。と言えばあたりまえ。
最近家事をするのがめんどくさい。
自分ひとりならどんなに楽だろうとおもってしまう。
掃除、洗濯、食事作り。
どれをとっても、家族がいると家事労働に振り回される時間ができる。
20数年前から同じ日常だと思われるかもしれないが、子どもが汚すのと大人が汚す度合いが違う。きている洋服の大きさが違う。食べる量が違う。
ちょっとづつ子どもたちが大きくなるにつれ負担が増えている。

なんてことを考えると、高校を卒業して親元を離れて暮らすというのは親にとっても寂しいかもしれないが、その頃の年齢にちょうど良い家事バランスになるんじゃないかって思う。まだまだ働かなくてはいけない年なのに、相変わらず家事がある。家族にやらせている部分もあるけれど、自分の都合とあわないのでそれが返ってストレスになる時もある。

どっかで最近言ったけど、
子どもたちは私と別の人格なのだから、私の都合と息子たちの都合は違うのである。

大変よい子に育ったな。。と思う我が息子だけど、もう少し私の都合も考えてくれればな。。って思う。ま、そういう風に育てたのは私ですけど。

一緒に住んでいるけど、それぞれの思いは違ってきている。価値観も違ってきている。私自信の思いも価値観も年齢と共に変わってきている。

子どもを産んで、とりあえず子どもたちが社会人になることを目標にしてきたけど、もうじき三男もそこに到達する今、次の目標は早く自立して結婚してもらうこと。なのかもしれない。
っていったら、「カーも同じやん」って言われるかもしれないけど。



諸事情あってもう半年通うことになった大学の授業料。
長男名義で貯金している分は本人が成人になっていて、高額になると本人でないと下ろすのが面倒なのである。委任状がいるとか言われそうな勢い。
そのお金はもともと私のお金じゃ!!と叫びたくなるが。
てことで、研究室を一日お休みさせて諸手続きに奔走した。
ついでに銀行口座の住所変更や免許証の住所変更なども手続きしてきた。これらも本人でないといけない。
そういうことを自覚してんのかしてないのか、わかってんのかわかってないのかわからない長男。
久しぶりに外の光で姿を眺めると、かけているメガネのフレームが劣化してみっともないことになっていた。4月からは車も運転しないといけないし度数も弱い。
「メガネ買ってこよう」
なんて、いっちゃうところが、甘いんだよな~~

予定外の授業料を払って、メガネ新調できて、
は~~がんばってるわ私。ほんとがんばってるわ。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

オーラキラキラの石井さんでした。

ブログに書いていいこと悪いこと