IDとかアカウントとか自己責任で管理しなだめやよ。

最近、スマホのお仕事が多いです。そして、クラウド環境を整えて差し上げる設定も多いです。

どちらも共通していることが、アカウント設定。
IDやらパスワードやら。。ということです。

多くのお客様がこのIDとパスワードの意味がわかっていない方が多く・・・
Gmailのアカウント情報を伺っているのに、アップルIDの情報を出してきたり、パソコンで一回登録したのでどのアカウントもそのIDとパスワードでいけると思っていたり、そして、違いますというと、また一から個人情報の登録にげんなりしていたり。

えっとね、
銀行のATMを利用するのに、カードがいるでしょ?
そのカードは銀行ごとに違うでしょ?
そして、暗証番号もそのカードごとに違うでしょ?

それと同じことなのですよ。
ID(場合によってはメールアドレスのこともある)は銀行のカード
パスワードは カードごとの暗証番号

そう思ったらさ、けっこうIDとかパスワードとかって大切なものなんだと思いませんか?

たまに、おせっかいな友人が「そんなん簡単だから♪」と勝手にフェイスブックやGmailを登録し、それはそれでいいんだけど、IDやらパスワードをちゃんと教えていなかったり、メモの端っこに走り書きしたり、、3日もたてば何がなんだかわからなくなっちゃってる。
なんてことも多いです。
これは、やっちゃいけない。
私が授業でこれらの
登録をする時には、受講生の方がノートの端っこに書こうとすると注意します。けっこう厳しく。
スケジュール帳の今日のページとかに書くのも禁止します。
ノートの「このページに」と決めてそこに全部書くようにさせています。
そして、機会があったら、ワードやエクセルで管理表を作ってもらいます。

世の中には「パスワード管理」という便利なアプリがあるらしいですが、それもまた、なんとなく本末転倒な気がして教室ではアナログな管理をオススメしています。

もうすでに意識していないと。。と思うことは
自分に何かあったら、、このネットに刻んだ私の痕跡をどうするのか?
ということ。
遺言状にSNSのアカウントや、パソコンの中身、スマホの中身をどうする。というのを盛り込むのが当たり前になると思います。

フェイスブックでは故人をしのんでその人のページに書きこみだけできるようにクローズするサービスもあるようです。

「めんどくさい」
と言っていたら、どんどん乗り遅れてしまう現代。
なくてもよいものもあるし、知ればとっても便利で重宝するものもあるし。
その人にとってよい関わり方のコーディネートも最近よくやっています。
パスワード管理とか、ファイル管理と共にご説明しながら設定していくので、とても喜ばれています。

私のiPhoneの画面。。このページだけでもアカウント登録しているものでいっぱい。
グーグルアカウント・・グーグル、グーグル地図、ユーチューブ、ブログ、カレンダー、メール
アップルID・・・icloud、AppStore
LINE
クックパッド
ツイッター
スカイプ
 
 
 

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ