時間をかけたホームページがなぜぼやけてしまうのか。

ホームページのリニューアルは、新しく作るよりめんどくさい。
まして、今のページがちゃんとyahooやgoogleの検索でいい感じのところにいたりすると、中身を入れ替えることで万が一、yahooやgoogleに嫌われたらどうしよう。なんて心配してしまう。

今のページでもある程度の集客ができていたりするもんだから、このままでもいいんじゃないか?

なんて思ったり

いや、まだまだほんとはやらなあかんのに、だからリニューアルしなくちゃいけないって思ったんじゃないのよ。

なんて思ったり


そんなことを思いながらすでに1年。







最近のお客様のご相談はもっぱらホームページのこと。
ホームページは集客のためでもあるけれど、何より名刺代わり。
こんなことをやってます。こういう場所でやってます。実在する会社です。
そんなことを証明するものでもあると。

仕事をしていて、名刺を持たない人がいないように、ホームページも持ってて当たり前になってきてる。そういうことを小さなお店も意識し始めたところなんだと思う。ちょっと遅いかな?ても思うけど。
今からでも持たないより持った方がよいよ。

ホームページ作りは正念据えてやらないと、どんどん贅肉がついて欲張りになって当初の予定とずいぶん違ったものになってしまう。
時間をかけて作っているのに、途中で日をおくと、また0からやりたくなる。
私が正にそれなんだけど。

編みかけのセーターのように、2か月前に編んだところから始めようとすると、どの段までやったのかわからなくなり、そもそも、この色好きか?何の模様を編もうとしてたんだっけ?別のほんのあれの方がいいかも?こんなアクリルの毛糸でなくて、やっぱり羊の毛がいいよな。
とか、ほら、覚えがない?そういうの。でも、ここまでやったんだし、もったいないから編んじゃおう。


とかさ。
そういうの。

自分でかなりちょいちょいと作れてしまう私でさえこんなだから、素人がなかなかにつまらないのもわかる。
ま、自分で作っても、プロに頼んでも、とどのつまり経営者である自身がちゃんとプレゼンできないと見栄えばっかりよくても「中身のない、な~~~~~んも伝わらない」そんなホームページがいっチョ上りしちゃいます。

ホームページを作る時は自分の中に何が必要なのか。
そこさえしっかりしていれば、3日もあればちょいちょいのちょいでできあがっちゃいます。
ほんとは、そこさえしっかりしていれば、事情で1年かかったとしてもぶれることのないホームページができるんだろうな。

一番肝心なことを人任せにしちゃいけないよ。
お金がいっぱいかけれるのなら、その道のプロに頼めばいいけど。10万やそこらで人任せでは自分の思っているホームページになるなんてことは期待しちゃいけない。
じゃ、一番肝心なことって何?ってことだけど、
それを毎日のようにお客様に教えているのが私の仕事だったりする。
ソフトの使い方よりも、HTMLよりも、色の組み合わせよりも大切なところ。



ホームページの「キモ」が学べます。
苦手克服「共感を生み出す文章作り」トレーニングセミナー

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ