ブログは楽しく続けてほしい

自分でお仕事をしていて「伝えたいこと」があふれてきたら、ブログを書くことをおススメします。
SNSは気軽に言葉をつづれるのですが、投稿した言葉が川の中のゴムボールのように流れていってしまいます。
後で探そうと思って見つけるのは至難の業です。

SNSは流れて行ってしまうから、だから取り留めもないことを書けるともいえます。

だけど、多くの人に伝えたかったり、その時そのことを書きたくなった気持ちを覚えておきたかったりするときは、ブログに書くのが一番だと思います。


私は毎日ブログを書いています。
2010年5月19日から一日も欠かさず。毎日毎日です。

私は伝えたがりです。
あと、一人で仕事をしているので自分の中にいろんなものが溜まってきます。
それを、外に吐き出していると、意外と「今」だけに焦点を合わすことができます。

いろんな不安が押し寄せてきます。
来週はこんなで大丈夫なんだろうか?
来月は?来年は?
売上が上がっていればいたでこんなことがずっと続くわけがないと不安になり、
下がっていれば下がっていたで、生活が成り立つんだろうかと不安になり

やることをやるしかない。やれることをやるしかない。やりたいことをやればいいのに。


だから、毎日ブログを書きます。

自分自身のバイオリズムも過去の様子を見ているとだんだんわかってきました。
あらら、おんなじ時期におんなじようなことを思って悶々としてるわ。
なんて。
中には去年の同じ日に同じことをしていたり。

進歩がないといえば進歩がないのですけど(笑)


「誰か」をしっかりと頭の中に思い描いてブログを書くと結構簡単に文章はつづられてきます。私の文章トレーニングを受けた人はそれを口をすっぱく言われます。

文章は「不特定多数任意の誰か」に向けて発信しても誰の心にも響きません。

「誰か」が毎日思い浮かぶから毎日ブログがかけている。
だって、毎日会う大切なお客様に伝えたいことはいっぱいあるのだもの。


ブログ講習を受けた方々が楽しそうにアップしているのを見ていると、うれしくなります。
テクニックよりもブログを書く人のテンションがアップするように最初に手ほどきします。
そして、やさしい言葉で伝えたいことをあふれ出るように書いていらっしゃる。堂々と。

いいじゃない♪いいじゃない♪

フェイスブックなんてものがあるから、お客様がブログアップしたことをフェイスブックに書いてくれたら忘れずチェックできるので、なんて便利なんだろう♪と思います。
お客様が悩んでいたりしたらどうしたんだろう?でも頑張って!!と願うことができます。

感のよい方はわかりますよね。
ブログ、フェイスブック。それぞれの役割があるのでありまする。

去年の今時分、くくると遊んでいたようです。テーブルには鍋をした痕跡があります。
なんと、今日のテーブルの上にも昨夜鍋をしたコンロが出たままです。
しいていえば、この買ってきたっぽい漬物は、今年は自家製の糠床でつけた漬物に変わりました。
くくるは1年でずいぶん大きくなりました。


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ

11/18 ちょっとお得なお勉強会に一緒にいきませんか~~♪♪

死ぬほど働いて月50万か、週4日一日4時間働いて50万か。