2015年!

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

おせち料理仕込み中。

「お母さんはおせち作るから~♪」

と朝からこれ見よがしに台所に立ち、お風呂やトイレ、洗面所の掃除を二男三男に任せました♪
今晩はきれいになったお風呂に入るのが楽しみですな。


で、

そんなに作らないでおこう。。。と思いつつ、なんとなく買い物に行ってはなんだかんだと買ってきてしまいました。
たしか、、来年こそは買って来たおせちでお正月を♪なんて言ってたようなきがするのだけど、じっくりお台所に立つことが1年の中であまりなく、いつもは時間との戦いでちゃちゃちゃちゃ~~~っと作ってるので、たまに、台所にこもってつまつまと作るのも楽しいのであります。

お料理は私のストレス解消です。

 何十年ぶりに作った田作り。つまみ食いをしたら大成功でした♪

 去年から大得意の「黒豆」炊飯器で作ります。簡単つやつやです♪
クックパッドにレシピも載せました。http://cookpad.com/recipe/2942451


近所のコープ玉鉾さんはご丁寧にお肉の塊をネットに入れて売ってます。タコ糸で巻くやり方も知っているのですが、楽ちんなので。

あとは、
カスタード仕立ての栗きんとん。
ピクルス仕立ての酢レンコン。
精進筑前煮

雑煮に入れるお日様人参。鶴大根。亀里芋。をお出汁でゆでました。

やれるとこまでやろう。やれなかったらまいいや。
と思っていたのですが、午前中のうちに全部で来ちゃいました。
あとは、冷めるのと同時にお出汁がしみて行くのでほったらかし。

夜にお重に詰めて完成です。

ホーム




金沢駅より10分金沢市芳斉の町家「町家パソコンスマホ塾あぽじら」(金沢市芳斉1-4-28 TEL080-4631-3884)があります。町家内の3部屋を使い、パソコンが並ぶ机と椅子を置いた教室スペース、受講生と談笑するためのコミュニティールーム、幅広く活用できる10畳の和室があります。 



この町家は2011年廃業した加賀友禅の染物店「松本染物店」跡で、1932(昭和7)年に建造された歴史ある建物。取り壊しの危機にあったところを、金沢町屋研究会の「おくりいえプロジェクト」によりシェアオフィスとして再生されました。
古い「町家」と「パソコン教室」、「町家」と「スマホ教室」不思議としっくりなじみます。どうぞ一度見学にいらしてください。



自己紹介はこちらから

         
パソコンやスマホを多くの人が使うようになって、ワードやエクセルといった「お仕事」でパソコンを使う時代から一人ひとりそれぞれの生活に密着した使い方が問われる時代になりました。
でも、ちょっとしたことで躓いたりしていませんか?ひとつのことが分からないために前に進めない。なにか回り道をしている気がする。もっと、いい方法があるのかもしれない。でも、周りの人に聞くのは気が引ける。理由は何だっていいです。わかりやすい言葉に変えて解決できるように指導します。理解できるまでしっかりとお付き合いします。何かあった時に真っ先に顔がうかぶ。きっと心強いと思いますよ。

大手のパソコン教室と違うところは、「今困っているところ」だけを教えることができるパソコン教室だということです。小さい教室だから可能だった受講生の方に密着した授業は、パソコン教室と言うよりも、悩み相談室のような役割なのかもしれません。なので、定期定期に教室に通うことが困難な経営者の方起業準備の方に多く利用いただいております。もちろん一般の会社員の方も明日の資料作りに間に合わせたい!と駆け込んでくる方も・・・

受講前には「何に困っていて」「どうなりたいのか」を伺い個人個人に合わせ進めて行きます。
料金もチケット制なのでご自身のご都合に合わせてご予約ください。







                          
●個別指導
●グループレッスン(出張・教室)
●IT通訳
●個人カスタマイズ
ご自身のご都合に合わせてお選びください。すべて完全予約制となっております。ワードの基礎コース、エクセルの基礎コースと決まったコースで学習といった教室ではありません。全メニューがお客様おひとりおひとりにあわせてカスタマイズします。また、お稽古ごとや月謝制の教室ではありません。困った時に助けてといえる駆け込み寺を目指しています。
 オススメ人気講座


ご予約

お年玉

「ねえ?長男次男のお年玉もういいかねぇ?」

次男に聞いてみた。

「だから、去年からいらんて言うとるやん。ま、くれたらくれたで嬉しいけど。」

「三千円とかでもか?」

「おう。
あ、三男に俺ら(長男次男)でやればいいんやな。」


大人になっていくねぇ。ついこの間までチャーちゃんチャーちゃんと私がいないと泣き叫んでた気がするのに、あの頃から20年だもんね。

長男も次男も
社会に出てたくさんの人に可愛がってもらっているようで、とても穏やかに毎日を送っている。
お腹が減ってないのに、息子らが減ったというのでてきとうに作った照り焼き。いつも以上に美味しく照りも最高に出来上がった。


子育ても料理も
手をかけたから上手くいくとは限らない。
愛情はかければかけるほど上手くいく。

お問合せ

復活!祭り

昨日、自宅の仕事場を片付けしていたら、使っていないiPadが目に付いた。
初代iPad。4年前に買ったわいいがあまり使うあてもなくなんとなく片隅に追いやられていた。

そうだ、ニコ動をよく見るチビにあげるか。

チビにはお古のWindowsvistaマシンを与えている。そいつのスペックが今の動画についてこないらしく途中で落ちたりするそうだ。

10年前以上前のパソコンに比べれば4年前のiPadの方がよいかもしれない。
あんまり根拠はないけど、なんとなくそう思う。

でそのまま渡そうかと思ったけれど、みるとフェイスブックやらツイッターやらがログインしたまま。
これはまずい。

アプリをアンインストールしてもよいがそれならいっそのこと初期化した方がいいじゃん。

ということで、初期化し、チビのアップルIDで登録した。

思った以上に喜ぶチビ。

が、すぐに気がつく。
OSが古いことに。


そう、初代iPadはiOS7にも対応できない。
が、ま、いいや。と充電していた。

ところでiPadや、iPhoneを初期化する時必ずやっておかないと初期化した後で新しいアカウントで登録できないことになる。

それは、
iPadを探す
をOFFにしてからおこなうこと。

設定 → iCloud → iPad(iPhone)を探す


これをやらずに初期化したiPadを譲り受け、新しいアカウントを登録できずに右往左往した覚えが今年あった。

ま、そのおかげで今回はスムーズに初期化できたけど。

昨日は、私の使ってなかったノートパソコンの初期化とiPadの初期化とチビのノートパソコンのディスクエラーチェックとまるでメンテナンスやさんだった。

つくづく思う。メンテナンスはじっくり向き合うに限る。何かをしながらだと何か起きた時にパニックになる。

今日は教室にバックアップ用のDVD-Rとデスクトップパニックのリカバリーディスクを取りに行って作業しようかな、、、気が向いたら。

それしながら黒豆でも煮ようかな。

なんとも年末らしい。

黒い画面と青い画面

朝から、パソコンの大掃除しています。

メンテナンスは好きではないので急いでいるときは、プロにお任せします。
え?伊藤さんもブロやないの?
と言われるやもしれませんが、

私はメンテナンスに関しては見立てだけはしています。
そして、専門家をご紹介してます。
見立てたことや、専門家の言っていることを訳して伝えたり、ご自身でなんとかするという無謀な方にそれはやってみたい、面白そうならやればいいが、メンテナンス代がもったいないというのだったら勉強する時間の方がもったいないからと説得することもあります。

私は「教えるプロ」ですから。


でもまあ、昨日からお休みに入り、時間が腐るほどあるので、ちょっとだけメンテナンスしてやろうか・・・天気もいいし。

ということで、とりあえず、ひーひーのデスクトップパソコンとずっと使っていないノートPCがリカバリする体力があるのか見ています。

こういう画面がでると「ひ~~~~っ」とびっくりするかもしれませんが、黒い画面は何か作業をしている画面なので大丈夫です。
怖いのはブルー画面。こっちは、「あかんかも」と覚悟しなくてはいけません。

Windows7がのったデスクトップパソコンはエラーチェックはなんなく終わりました。
この後気が向けばリカバリーしようと思いますが、やりたくなければ年明けに外注で出します。

WindowsVistaがのったノートパソコンは・・・怪しいです。あかんかもしれません。なんともなければチビにでもあげようと思っているのですけど。


お天気がいいと何かとやっていたい気持ちになりますね。
パソコンがエラーチェックしている間に、レンジまりの掃除も終わりましたし、ちょっとお昼寝でもしたら終わっているかな。

気になって、気になって。

やめて!やめて!やめて~~~~~~~~~~!!
プリンターからでてくるはがきが気になってしょうがないくくる。

目を離すと奥から顔をのぞかせたはがきと戯れ始めます。
没ハガキ続出。。でもないけど。

12月27日に年賀状印刷をしているのは大変珍しいです。意外とというか知ってのとおりというか几帳面なほうなのでいつもは20日くらいまでには完成しています。

やる間はいっぱいあったのですが、裏のデザインが閃かなかった。
いつもなら天からふってくるというのに。(笑)

が、昨日突然ふってきたので、あっという間にできました。

で、今朝やわら印刷を始めました。

だめ!!
と叱ったら、少し離れたところから伺ってます。

くくたん、そこから動くなよ。

「いつも通り」なんて泣けるぜ。

今日で仕事納め。
昨晩お客様から連絡が入り、仕事の都合で今年最後の授業が来年に変更。
ということで、今年最後のお仕事がキャンセルになり、う~~~ん、これは、ねんごろに教室の掃除でもしなさい。というお告げかなあと思っています。

昨晩飛び込みの仕事をしていて調子づき、そうだ、12月の売上を入力してみよう♪とエクセルファイルを開きました。
個人事業主のお客様が多い教室では12月に入ったからと年賀状講習でにぎわうことはあまりありません。
実のところ、一般のかたむきの年賀状講習はイベントのようなものなので、そちらにいらしたお客様に次のご提案ができないと忙しいばっかりで売り上げが上がらない、、そんななんだか妙な12月をすごすことになります。
大ベテランの個人事業主様ですと、年賀状で今更困る。ということもあまりなく、それよりも来年を見据えた準備に来られるといった方ばかりで、さすがだなと勉強させていただいています。

そんな感じなので、いつも通り。といった12月に収まった感じです。

この、「いつも通り」と言えるようになったことに感慨深いものがありまして、
ひとりもお客様が来ない数か月を過ごし、やっと家賃がペイできるようになって喜び、5万円を超した、10万円を超したまた10万円を切ったと一喜一憂し、いったいどうしたら損益分岐点をこえられるのだろうか・・・とまるで雲をつかむ話のようにあがいていた4年前の12月に比べると
「いつも通り」なんて言えてる今があるのは夢のようです。

今年は昨年までとは打って変わって、着実に一歩一歩踏みしめてあるいた一年であったように思います。だから、しんどかった。
すぐにイベントとかやっちゃってワイワイやりたくなるのをがまんして、自分を必要としている人たちに見つけてもらいやすいように動く。
なんだか、地味に腹筋運動を黙って続けているアスリートな気分でした。
でも、何かが違ったな。
と2014年の年末に思うことができています。

まアスリートになったことはありませんけどね。雰囲気で。


そうそう、今年は県外からのお客様が増えました。
「必要だと思ったから」
と片道1時間2時間かけて通ってくださいました。
振り返れば、市内のお客様よりも、市外、県外のお客様のほうが多いかもしれません。

ホームページや、ブログを見てお越しになる方もいらっしゃいますが、何よりもフェイスブックなどのSNSの力だと思っています。
「どんな人がやっているのか」「どういうふうにやっているのか」
ほぼリアルタイムで見ることができるSNSは「距離」を超えられる魅力をアピールできる素晴らしいツールだと思います。(後から気が付いたのですがね)

そして、今年はなんと北海道の方とのお仕事が始まりました。

4年前通りすがりの人にさえ見つけてもらえなかった私が、「北海道」ですわよ。
言葉だって変になっちゃいますわよ。

ここまで、多くの人に応援してもらいました。
「私を見ていると頑張ろうと思う」と励ましてもらいました。
「きっと、大丈夫だよ」と背中を押してもらいました。

そして、きっと今もこれからもそんな風に多くの人に励ましてもらうのだと思います。

来年3月には北陸新幹線が開業します。
それが私に何の関係がある?なんて思ってましたがにわかに関係なくもないんじゃね?と図々しく思い始めています。

さて、午前中のうちに教室を掃除して、午後からはお客様のところに訪問です。そのあとは少し年末の町でもぶらついてこようかしら。

今年も、いい年でした。ここ数年毎年年末には「いい年だった」と思っていますが、去年以上にいい年でした。あ~本当によい年でした!


メリークリスマス!

クリスマスです。
今週は年末らしく気ぜわしい毎日です。

クリスマスケーキにいつもと違う夕食。
今年もやれるか?どや?
と半分むり~~~~!!と言っちゃいそうなのを
でも、やっぱり・・・
後できっと後悔する。とまずは買い物に行きました。
スーパーには骨付き肉のフライドチキンや、もも肉のローストなどすでに調理されているものがならび、「これでいいんじゃね?」と私を誘惑してきました。
ご親切に試食がおいてあったので味見をしてみましたら、、、、
「やっぱ、作ろう」
ということに。

普段から惣菜をたべない家なのでちょびっとならいざしらず、どん!とあると誰も食べてくれないでしょう。。
大きな国産の鳥足が1本380円で売ってました。お隣にはすでに調理されたものが150円。。。。。

イチゴやら、ミニトマトやらを買って、あとは家にあるもので。

作りながら、残りの仕事をかたずけたかったので、煮込み料理に。鍋に玉ねぎを半分にきったものを敷いて、ニンジンの輪切りをならべ、塩コショウをした鳥足をならべて、カットトマトをドバっとかけて火にかけ40分ほど放置。
見栄えの割に簡単です。

アボガドとわさび菜とブロッコリーのトラウトとグリーンリーフとミニトマトをわっさと乗せただけのグリーンサラダ。ドレッシングはかけない主義です。

で、朝スポンジだけ焼いておいたもに、デコレーションしてクリスマスケーキに。中は黄桃が好きです。生クリームも最近は純正のものを買ってきています。断然味がちがいますね。

あとは、頂き物のチーズやら、バケットやら。意外とあっさり系になったので、ワインは白で。

うん。今年も無事クリスマスっぽいことできた。
いつもとちがう食卓にすると、なんだか嬉しそうな息子たちの顔は今も小さい頃も変わりません。
「どうする?クリスマス」なんて先に聞いたら「別にどっちでもいいよ。忙しいだろうし」と返事がくるにきまってます。
だから、なんも言いません。
言わないと、きっとこやつは作るんだろうなと思っているのだと思います。

なので、いつもは寄り道して帰ってきたりする子たちも、なんとなくいそいそとかえって来てくれます。食事が楽しみなのもあると思いますが、まさかこんな日に外で食べてきたときの私の機嫌の悪さを想像できるからでしょう(笑)

そんなに凝った料理をする時間がなくても、それっぽくしちゃうことなんて簡単ですよね。
で、まあ、私の自己満足がほとんどです。それに付き合ってくれる息子たちがかわいらしいので、なんとなくがんばっちゃいます。

頑張るってことは、別に悪いことじゃないと思います。
頑張ることに罪悪感を持ったらそれこそ体に悪いです。

疲れたら休む。
それだけを忘れないでいられたら、元気なら頑張ればいい。

最近そう思っています。

だって、私はきっと、頑張らなかったら後々後悔すると思うから。




昔から貧乏ではなかったけど、裕福ともいえず、まあぼちぼち中流の家庭に育ちました。
結婚していた時もそんなもんです。
私の価値観がそうさせるのでしょうが、数千円もするケーキを買うのがもったいないな。。と思ったのが最初だったような気がします。ケーキを買うお金でケーキとごちそうができちゃうな。。と考えるのが私の思考です。

そうなると、私の体力と知恵を使って、素材を料理して形にしないと食べることはできません。
そこだけにスポットを当てるとなんだか物悲しいものも感じられるのですが、とかとか、豪勢にレストランに家族で食事にいっている人たちと比べたらうらやましいなとか思っちゃうと思うのだけど、

おかげさまで私には料理好きという性格と食べてくれる家族がいるので、満足してしまうのです。

比べたらきりがなし。
工夫次第でなんとでもなる。

これ、私の座右の銘かもしれない。

小さな循環

久しぶりの快晴のなか富山県南砺市 大福寺 でここなわれた「小さな循環」から考える「土徳」の創生 というシンポジウムに参加してきました。

先日参加した懐石秘密箱の中尾先生にお誘いいただきました。

難しいお話はよくわかりませんが、
今私たち日本人がどういう「心」に気が付かなければならないのか。
そんな原点に触れたお話であったように思います。

最近の日本は人の揚げ足をとることばっかりで、
「尊敬する」「敬意をはらう」
あちゃら語でいうなら「リスペクト」が足りない。。。と感じていましたが
人、モノ、地球、先祖、神
そういうものすべてに「敬意」をしめしていた日本はそいうものが箕臼になって、いったいどこに向かって走っているの?と思います。

約3時間のシンポジウムの後は、土徳の料理をいただくことに。


琵琶演奏を拝聴し


中尾先生監修の土徳料理を堪能しました。
次々と回ってくるお料理のひとつひとつの滋味あふれるお料理。


突然起きた停電も、和ろうそくがすぐにともされまるで演出された停電?と思うほどでした。




今年は、今までにない貴重な体験をすることができました。初めは気おくれしていた場面もありましたが徐々になじむこともでき、お誘いいただかなければ知ることもなかった世界に触れ人のご縁はいろいろなものを運んできてくれるとしみじみありがたく思いました。
興味を持ったら行動する
これに尽きるな。と思った一年です。

ものも人もわが手の中にとどめておいてはおもしろくありませんね。
めぐらせてめぐらせて・・・です。

ホームページに載せる写真って重要ポイント!

お客様のホームページ作成のための店内撮影に同行してきました。

ホームページに使う写真は「プロ」のカメラマンに取ってもらうのが一番です。

「プロ」は「プロたる所以」があるものです。



写真撮るのが上手。
写真を撮って生業としている。

の出来上がった写真の差がわかるのは、意外と写真のことが何もわからない素人だったりします。




ホームページに
「ちゃんとした写真」は必要です!


ここに、「ブログ」と「ホームページ」の差がでてきます。

写真撮影、もしくは画像購入もホームページ作成時には予算に入れて考えましょう。
ご自身の写真を載せる場合も同じです。「プロ」にとってもらった写真と、スマホで撮った写真。
違います。違いますよ~~~。


教室でホームページを作成の方には、プロフィール写真(ヘアメイク、メイク、撮影)、店舗外観店内撮影の専門カメラマンのご紹介もしています。

作成、デザイン、撮影などいったいいくらかかるのか?
のご相談も承ります。


各方面のプロを取りそろえ、数か月先に後悔することがないホームページ作りをご提案しています。


ということで、こちらのお客様のホームページ作りもウキウキワクワクお手伝いさせていただきます!

それでも書くんだ毎日。

2014年も終わろうとしていて、ふと思ったことがある。

最近なんか、

めっちゃ感動した!
とか
めっちゃ腹がたった!
とか
ないなあって。

5年近く毎日更新を続けてきたブログだけど、朝起きて早く描きたい!と沸き起こるものが最近感じられない。

まあ、そうもそうも感情が揺れ動く出来事なんておこらないものだし、まして毎日大きな振れ幅で感情が動いてたらしんどかろう。

だよね。
最近、淡々と今と向き合っているのかもしれない。自分のちっぽけな感情で測ることをしなくなったのかもしれない。

無関心なんじゃない。
受容なんだと思う。

来年はもっと静かに心静かに過ごしたい。


お勉強🎶お勉強🎶

今日は午後から、認知症などのお話を聞けるセミナーにきました。
2ヶ月に一度くらいの頻度でいろんなお勉強させてもらえるこのセミナーとであえたのは今年の大収穫の一つです。

セミナー会場の御宅のお母様のけんちん汁とごぼうごはん。

これも、楽しみの一つですねん🎶

テラバイトの次

1×2=2→2の1乗
2×2=4→2の2乗
4×2=8→2の3乗
8×2=16
16×2=32
32×2=64
64×2=128
128×2=256
256×2=512
512×2=1024→2の10乗

2の○乗

パソコンの容量を表すバイトってありますよね。
1バイトが1024集まると1KB
1024KB=1MB→2の20乗
1024MB=1GB→2の30乗
1024GB=1TB→2の40乗

ってな具合になってんですけど、
一昔前のノートパソコンのハードディスクの容量って40GBとかやったんです。
そのころのパソコンって、仕事で使うことが多くエクセルやワードのファイルを保存するくらいが関の山でちょちょっと作ったワードの文章なんて数キロバイトだったんです。

それからほどなくして、デジカメが普及して、写真をパソコンに取り込めるようになり、パソコンは仕事から一般家庭におりてきました。どんどん庶民のものになっていきました。
デジカメの性能が増すと1枚当たりの容量が大きくなりました。
携帯電話なんかも普及し写メなんてものができるようになるようになりました。

そして、動画もパソコンに取り込むようになってくると、パソコンのハードディスクの容量は250GBが当たり前になり、すぐに500KBとなり、あっという間にその倍の1TBなんていうハードディスクがでてきました。

ハードディスクはパソコンの中の本棚みたいなものですが、昔のパソコンの本棚がカラーボックスぐらいだとすると、今のパソコンの本棚は多分、、、体育館くらいあるのかもしれません。

でも、相変わらずワードやエクセルで作ったファイルは数キロバイトだったりするのですが、
画像や動画ファイルの容量がものすごいことになってます。
たとえばiPhoneの純正カメラで撮った写真1枚は2MBくらい。キロになおすと2000KB。
DVD1枚分の動画は4GB。 あっという間にハードディスクはいっぱいになってしまいます。

でもま、テラバイトなんて容量を使い切るのは、映像関係のお仕事している人か、子煩悩なお父さんが子供たちの様子をこまめに動画にとってたり。。。という人くらいしか使い切れないでしょう。


で、

テラバイトの上の単位をしらなかったのですがたまたま見ていたネットに乗っていたので覚えておこうとここに記しておきます。

1024TB=1PB(ペタバイト)→2の50乗
1024PB=1EB(エクサバイト)→2の60乗
1024EB=1ZB(ゼタバイト)→2の70乗
1024ZB=1YB(ヨタバイト)→2の80乗


私に取っちゃもう、「無限」と同じレベルじゃないの?です。
こんな数字の概念の中にいる人ってどんな人たちなんだろう・・・
って思います。


あ、そうそう
Gmailって一人15GBの容量を無料で使えることになってるんですけど、もし、100万人の人がつかったら・・・ってのがネットにあったんですよ。

100万人の人が15GB使ったら、15PB(ペタバイト)グーグルは用意しなくてはいけないんですって。たった100万人で。世界中の人が使ってるのに。
それを8TBのハードディスクだと1875台必要なんだそうです。一台3万円くらいするそうなので、5625万円くらいかかるんですって。すご~~~~~い、グーグルさんてお金持ち!!って思うのですが実際は、それだけ準備してないよ。ってお話がのってました。
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/284/284150/

うそつき!って思います?

でもこんなこと、日常茶飯事ですよね。
食べ放題のお店。くるお客様全員が元を取るだけ食べるなんて計算してないでしょう。あれと同じ。何割かのお客様がお店が赤字になるくらい食べるけどそのほとんどは元はとれない。
たぶん、そういう公式みたいなものがあるんだろうな。

先日5年使っているパソコンのリカバリをしようと思ってバックアップをとりました。
バックアップを取ったデーター「10GB」ほどでした。そのパソコンのハードディスクは250GB。プログラムの分をよけたとしても、まんだまんだ使えます。

結構仕事した気がしたんだけどね。そんなものなのね。です。


食べ放題はよく行ったんですが、最近は量より質を重要視します。おいしいきちんとしたものをおいしく適量食べたい。
仕事も、質の良い仕事ができるよう、私(料理人)の腕をもっとあげてかないといかんすね。

師走

なんとなく静かだな。
とのんびりしていた師走前半。

このまま今年は終わるのか?

なんて、わけにはいかなかったか。
本年の予約はいっぱいになりました。

来年1月6日以降のご予約お待ちしております。

仕事の帰り道。、第七餃子いる?と電話!
私が食べる食べないに関係なく

いる!

今夜は3日目おでんと温め直した第七餃子。
楽チンでした。

長靴はいて歩いていくっていうんだよ。

今朝長男が
「長靴ある?」
と聞いてきました。

融雪装置のあるマンションに引っ越したので長靴いらないかなあ~と思いながらも持ってきてありました。

長男は車の運転に興味がありません。
免許は高校卒業の時にとって更新もしてます。
数回運転しました。器用な彼は安全運転でスマートに運転します。
だけど、嫌なんだそうです。

雪がない時は自転車で会社に行ってます。片道15分くらいだそうで、まあ、運動がてらいい感じかな?とも思ってみてます。
今年4月に実家の父が運転をリタイアしたので、乗っていた車を長男にと譲り受けたのですが(本人がほしいといったので)一度も乗ってません。見るに見かねた次男がたまに走らせています。
たぶん、この車は三男が乗ることになるのでしょう。

父から車を譲り受けたときは、「バッテリーあがるから」とか、「雪降ったら困るから練習しておきなさい」だとか言って、どうにかして長男に運転させようとしたのですが、うまくかわされてきました。

そして、とうとう雪が降り出しました。

彼は、片道40分ほどの道のりを歩いて通ってます。
全然苦じゃないそうです。

そして、今朝
長靴をはいていくと言い出しました。
行くまでに靴がびちゃびちゃになるし、会社の雪かきをしなくてはいけないし、と長靴をはいていくことにしたそうです。


たぶん、長男は会社で可愛がられているんだと思います。
なんだかんだと、言ってくれる人がいるのだと思います。

去年就活がうまくいかず、家族と顔を合わさないように、めんどくさそうにいた長男です。
最近弟たちが「兄ちゃん最近どしたん?」というくらい、明るく、家でも話をするようになりました。
たぶん、去年の長男はありとあらゆるものから否定されているような気分だったんだと思います。
今年、会社に入ってそこで可愛がられ、少しずつ自己肯定できるようになったんだと思います。


乗りたくないという自動車に無理やり乗せなくても、
楽しそうに歩いていくなら、それでいいや。と思いました。
長靴なんてはいて雪かき以外で道を歩くなんて信じられなかったのですが、長靴をはき、「いってくるわ♪」と軽快にでていく後ろ姿を見て、ま、こんでいいんじゃね?
としみじみ思いました。


きっかけ
というのはどこに転がっているかわかりません。
何がそうなるのかもわかりません。

だけど、起こるかおこらないかわからないものを想像して不安がっている未来よりも高い確率でプチ幸せはやってくるな。と思いました。

子供っていうのは、可愛いだけじゃありません。
子育てしていていて何が一番つらかったかというと、子供たちに何かが起こった時に変わってやれないつらさです。熱を出しても、骨を折って手術になっても、友達とけんかして沈んでいても、彼ら自身に起こったことを私が身代りになってやることができない苦しさです。何もできない親なのに。こんなにいとおしいのに、彼ら自身の心や体が治癒していく力を見守るしかないことです。

自分が代わってやれたほうがどんなに楽だったか。

熱を出して次の免疫力を作る。
骨を折って骨が丈夫になる。
友達とけんかして心が成長する。

そんなことをただひたすら信じて見守るしかない。
もし、励ましてほしいと言ったらいつでも励ます準備だけをして。母さんはここにいるからと。

それでも長男はやっぱり私の視線が彼に注がれてしまいます。
私が気にかけてしまう。
たぶん、そういうのを感じ取って心配かけまいと意地を張ったりもするんじゃないか?とも思います。

わが子といえど、その子その子のものさしがあって、私の物差しで測ってはいけないのだよね。他人だったらなおのこと。

人は人。自分は自分。

鴨のパイ包み。
昨日今年最後のワイン会に出席してきました。前菜から濃厚な鴨。
今回も美しく、おいしいお料理とワインを堪能できました。

カニやら、柿やら。

香箱カニという美味しいカニがあるんです。
私はアレルギーで食べれませんがね。
大好きだったんですけど、命落とすからやめなさい。とドクターストップかかってます。

でね、
カキ、あ、柿。
柿を食べ過ぎて便秘になってもやめられないのですけど、

柿が出る時期と、香箱カニが出回る時期がかぶるんですよね。
んで、どちらも終わる時期もかぶるんですよね。

もうすでに柿は高級なやつしかスーパーにならんでない気がする。
カニも一時期のような勢いはない。

で、そういう時期って今時分。
12月半ば。今年が暮れていくなあと感じ始めたころ。

今年一年と、カニと柿が終わっていく。
朝から、くくるがくっついて離れない。ただいま膝の中。触られるのが嫌いなので滅多に膝の上に来ることはない。

雷や、風の音が怖いのかな。
ひどい荒れた天気ですね。皆さんお気をつけて(^^)

この時期にお客様をお迎えすると・・・

師走といえば「大掃除」ですよ。
こんな寒い時期に誰が決めたのか、当たり前に、日本国じゅう大掃除です。

4月のゴールデンウィーク前とかだったら気候もいいし、お水も冷たくないし、なんて毎年思います。

去年は引っ越したばかりで、あちこちピカピカだったので、特に何もせずとも簡単な掃除でよかったのですが、1年以上たちますと、生活の汚れはあちこち目につくようになります。

が、そのうちやればいいか。。。なんて、いつになったらするのか、本当にするのか怪しいところでありました。


が、昨日自宅のほうにお客様をお迎えすることになりまして、オートロックのマンションに移ってからは家の中までお招きする客人はとんと減りまして、いらっしゃるとなったら慌てるわけです。

あ~~!!玄関!!トイレ!!もしかしたら洗面所!!もしかしたら台所!!
玄関は当たり前にきれいにしておく所ですが
トイレも。当たり前です。

洗面所や台所はめったにそこまで入ってくる方はいらっしゃいませんが、もしかしたら手を洗いたいっておっしゃるかもしれないじゃないですか。だから、念のためきれいに。。って思うわけです。

普段からきれいだったらそんなに慌てもしないのに、つい私と息子たちだけの生活だと気が抜けています。

で、そんなところのお客様ですから、
先週末、いつもより念入りにお掃除しました。
勢いにのって台所のレンジ周りもやりました。
洗面所もごしごしやりました。

お掃除を念入りにすると、家の中の空気が違いますね。
すっきりする。
昔、家にいたころ、掃除してお香をたいて子供たちが帰ってくるのを待っていると、入ってくるなり
「今日掃除した?すごく気持ちいい♪」
とほめてくれました。あ、次男ですけどこんなこというのは。

で、昨日もいつもより澄んだ家の空気に、
12月にお客様をお迎えするのも悪くないな。。なんて思いました。
あんなに腰が重かった掃除があっという間に終わっちゃうのですから。(やればできる子なんです)

で、お客様がお帰りになった後も、思い立ったようにお風呂場にカビ取り剤をまきました。こちらは、お昼寝している間にきれいになってました(笑)

家がきれいだとおうちに帰るのが楽しみになりますね。
マンションに移ってから、家にいるのがもっと好きになりました。もともと出不精だったのですが拍車がかかってます。

で、今年の大掃除は終わったか?とも思いましたが、お正月まで半月、また、よごれますよね。

「普段からこまめにお掃除してますので、暮れだからって大掃除と意気込まなくてもいいですのよ宅は♪」

なんて言ってみたいものです。


食べたいものは自分で

先に社会に出た次男も、今年半分社会に出た長男も、自分で働いて給料をもらってやりたかったと真っ先にやったことが、

好きなものを誰に遠慮もせずに食べる。

でした。


え~~~~??あなたたち今まで遠慮して食べてたんだぁ~~
と思いましたが、そういって、彼らのお金で食べに連れて行ってもらうと、頼むは頼むは。
私といって、私が食べたいものを注文すると、
「また、そんなにたのんで食べられないやろ!」
としかるくせに。なんて思いましたが、

実は、私もかれこれ20数年前(実際は30年近く前)
初月給でやったこととは

イチゴをひとパック買って全部食べる。
ケンタッキーフライドチキンを箱買いして食べれるだけ食べる。

でしたから、この親にしてこの子ありです。(笑)


で、最近は
やれボードや、スノボや、飲み会やと遊びほうけている次男が家族にごちそうするということをやれないでいるのですが、
方や長男はもうちょっと遊んだら?というくらい堅実で、それでも、月に一度は私と三男をどこかに食べに連れて行ってくれます。ま、それだけ聞くとなんてできたおぼっちゃま!ということになるのですが、半分社会人・・・というそこをクリアしていただかないと私的には・・・であります。
その、長男がどこかに食べに連れて行ってやるという時には、いつも財布に2万円を用意しています。私が外食に行くときは(家族と)それだけの予算を入れていることはないので、そう思うと、彼らは私の財布の中身を知ってか知らずか遠慮していたのかもしれません。

てか、普段家のごはんを真面目に作っているので、外食はどうしても作れないときの苦肉の策で、そこで贅沢するのなら日々の食材にこだわりたい。。てのもあります。ま、それでいいんでしょうけど。

先週末から、「今度の週末焼き鳥食べようぜ!」という長男をのせて、秋吉へ。
ただ、運転手が飲みたい人になったので、全員遠慮なく飲めるようにと今回はテイクアウトにしました。
「テイクアウトやと、安いな♪」と長男もそれなりに喜んでいました。


冷めると嫌なので、小さいホットプレートで保温しながら食べました。この量×2.5くらいありました。
「足りるかな~足りるかな~」と長男が心配するので、ブリかまを焼いて、お刺身も追加して、ごはんも炊いて。
みごとい完食しました。

余ったお刺身を乗っけてお茶漬け。今回はお茶漬けのもとを使いました。息子たちがお茶漬けのもとが少なすぎる!と文句言うてましたが、食べると「あれ?こっちのほうがおいしい」というてました。そうなんです、永谷園のお茶漬けのもとは一袋を3人で分けるくらいがちょうどよい塩加減なのです。

いつもの食卓ではなく、こたつで食べているので、気になってしょうがないとくくるが張り付いていました。一口あげようと目の前に出すと、においだけ嗅いで自分の食べるものではないと口をつけませんでしたが、それでも気になるようでした。

そのうち、すねて、少し離れたところから、じ~~~~~~~~~~っと恨めしそうに見つめていました。

夢を叶える前に家族養わないと。

現実逃避と夢を追う
をごっちゃにしなさんな。

起業とは、夢を叶える事よりも前にそれで生計を立てる 覚悟がいる。
バイトしながら起業家みたいな人をよく見るけど信用できない。

うまくいかなかったら、ナンチャッテっていなくなっちゃいそうだから。


起業したいと言ってるけど、
それって、雇われて働くことから逃げていってんじゃない?
就職できなくて、起業なんていってんじゃないの?

私はそうだった。


起業は簡単だけど、お仕事をとっていくのは大変です。
雇われていたら、仕事のとれない営業でもお給料もらえますが、起業したら仕事のとれない営業はマイナスです。

でもプラスばっかりではないことをもしかしたらマイナスの方が多いかもしれない仕事もやらないと信用もハクもつきません。

20代、30代の起業目指して3年なんてのを見ると、一昔前、君らみたいなのを

ニート

って言ったんだよ。もっと前なら

ぷー太郎

って言ったんだよ。
自分探しする前に、自分磨きする前に、世の中のために働いて税金納めなさい。

意外とゆとり世代は現実的。
そういう先輩たちを冷めた目で見ていて、堅実に働いている子が多い気がする。

お金があって事業を興すのと、意味が違う

久~~~~~~~~しぶりに

長男からLINE「ごはんいらんわ」
よくあることだけど、なんだか作る気力がなくなる。
長男がごはんいらないというだけで。

そこからぐだぐだやってたら、
外で夕飯を食べた長男がかえってきた。

「何食べたん?」
「吉牛」
「ふうん」

あ、そういえば、あれ、食べてみたかったんだっけ。
牛丼やなんて普段はまったく興味がないのだけども、
コマーシャルで見たんだろう、きっと。。。

そこに長男が「吉牛」なんていうから頭の中は「さ!行こう!吉野家!!」
となってしまった。

「チビ、吉野家いっか?」
もちろんチビはOK

牛丼を温めながら食べる。
てな感じかな。

ま、牛丼にロマンも感じない年になっちまったってことで。