「いつも通り」なんて泣けるぜ。

今日で仕事納め。
昨晩お客様から連絡が入り、仕事の都合で今年最後の授業が来年に変更。
ということで、今年最後のお仕事がキャンセルになり、う~~~ん、これは、ねんごろに教室の掃除でもしなさい。というお告げかなあと思っています。

昨晩飛び込みの仕事をしていて調子づき、そうだ、12月の売上を入力してみよう♪とエクセルファイルを開きました。
個人事業主のお客様が多い教室では12月に入ったからと年賀状講習でにぎわうことはあまりありません。
実のところ、一般のかたむきの年賀状講習はイベントのようなものなので、そちらにいらしたお客様に次のご提案ができないと忙しいばっかりで売り上げが上がらない、、そんななんだか妙な12月をすごすことになります。
大ベテランの個人事業主様ですと、年賀状で今更困る。ということもあまりなく、それよりも来年を見据えた準備に来られるといった方ばかりで、さすがだなと勉強させていただいています。

そんな感じなので、いつも通り。といった12月に収まった感じです。

この、「いつも通り」と言えるようになったことに感慨深いものがありまして、
ひとりもお客様が来ない数か月を過ごし、やっと家賃がペイできるようになって喜び、5万円を超した、10万円を超したまた10万円を切ったと一喜一憂し、いったいどうしたら損益分岐点をこえられるのだろうか・・・とまるで雲をつかむ話のようにあがいていた4年前の12月に比べると
「いつも通り」なんて言えてる今があるのは夢のようです。

今年は昨年までとは打って変わって、着実に一歩一歩踏みしめてあるいた一年であったように思います。だから、しんどかった。
すぐにイベントとかやっちゃってワイワイやりたくなるのをがまんして、自分を必要としている人たちに見つけてもらいやすいように動く。
なんだか、地味に腹筋運動を黙って続けているアスリートな気分でした。
でも、何かが違ったな。
と2014年の年末に思うことができています。

まアスリートになったことはありませんけどね。雰囲気で。


そうそう、今年は県外からのお客様が増えました。
「必要だと思ったから」
と片道1時間2時間かけて通ってくださいました。
振り返れば、市内のお客様よりも、市外、県外のお客様のほうが多いかもしれません。

ホームページや、ブログを見てお越しになる方もいらっしゃいますが、何よりもフェイスブックなどのSNSの力だと思っています。
「どんな人がやっているのか」「どういうふうにやっているのか」
ほぼリアルタイムで見ることができるSNSは「距離」を超えられる魅力をアピールできる素晴らしいツールだと思います。(後から気が付いたのですがね)

そして、今年はなんと北海道の方とのお仕事が始まりました。

4年前通りすがりの人にさえ見つけてもらえなかった私が、「北海道」ですわよ。
言葉だって変になっちゃいますわよ。

ここまで、多くの人に応援してもらいました。
「私を見ていると頑張ろうと思う」と励ましてもらいました。
「きっと、大丈夫だよ」と背中を押してもらいました。

そして、きっと今もこれからもそんな風に多くの人に励ましてもらうのだと思います。

来年3月には北陸新幹線が開業します。
それが私に何の関係がある?なんて思ってましたがにわかに関係なくもないんじゃね?と図々しく思い始めています。

さて、午前中のうちに教室を掃除して、午後からはお客様のところに訪問です。そのあとは少し年末の町でもぶらついてこようかしら。

今年も、いい年でした。ここ数年毎年年末には「いい年だった」と思っていますが、去年以上にいい年でした。あ~本当によい年でした!


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ