2015年は、、、

元旦は、お昼頃にやわやわと起きておせち、お雑煮を食べ、年賀状を見て、おせちを抱えて実家に行くのが恒例です。

外の雪景色に少し怯みましたが、次男の運転であっという間でした。

そこからは、ずっと飲んで食べて。
食べているしりから、母のアレを持って行くか?これを持って行くか?が始まり、帰る頃にはみんなの両手に荷物を持たなくてはいけないほどになっていました。

今年は、去年より大人になった息子たちの姿に父母と早いものだいろいろあったけれども、優しいいい子に育ったものだと話しておりました。

息子たちは、この私についてくるのは大変だったと思います。

でもま、彼等なりに何かを感じながらきていると思います。

今年は24歳で産んだ長男が24歳です。
二人して年男年女です。
未年は干支の中で三番目に少ないそうです。なんとも中途半端な感じですけど。

私の生まれた昭和42年は、前年の丙の午年と同じ学年になり、丙の午に子供を産むのは控えるそうで、この学年はいつも何か肩身の狭い思いをしてきたように思います。

まあ、羊というイメージからガンコなイメージは元々ありませんが。

後11年すると、また60年に一度の丙の午年になります。そのころ何してんだろ?60歳を前に悠々自適な50歳を満喫していたいな。

私のここ10年の夢は、50代を素敵に過ごし、豊かな60代をまた夢見ることです。

昨晩父母とも話していたのですが、50も近くなってくると、人を見る目がはっきりしてきます。好き嫌いもはっきりしてきます。
それは、時間が限られていることを知ってしまったせいでしょう。

とはいっても平均寿命を生きると仮定したらまだ40年あるのですけどね。

私が理想としていた50代まであと2年。いい感じで近づいてきたなと思います。45歳までは危ういなと思っていたのですが、46歳から急にそこに向かって動き出した気がします。

何を考え、何を感じながら生きるか。その積み重ねが顔にでるのが今からだと思っています。

2015年、2016年は理想の50代を迎えるためのラストスパートだと思っています。悔いのないよう進みます。

昨日〆に作ったお茶漬け。炊きたてのご飯に海苔を散らし、イクラと三つ葉をのせ、ワサビを天に。
薄口のお出汁をはります。

ご飯のもり加減、海苔と三つ葉のチラシ具合。赤いイクラののせ加減。品良くご飯が顔をだす汁のはり加減。
美しく美味しくさりげなく甲斐甲斐しく。絶妙なタイミングで出す。
正に私が目指す50代そのものなのです。(笑)

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ

11/18 ちょっとお得なお勉強会に一緒にいきませんか~~♪♪

死ぬほど働いて月50万か、週4日一日4時間働いて50万か。