「伝える」のか「伝わる」のか

文章を書く時には、人は必ず「誰か」を思って書いています。
時には意識してそうしているでしょうし、時には無意識にそうなっています。

これを深く意識して書くようにすると、文章は

「伝える文章」
から
「伝わる文章」
に変わります。


よく、心の動きを文章に書き綴る方がいらっしゃいますが、この時、「伝えたい」という気持ちが強ければ強いほど、なぜ自分がそう思ったか、つらつらと書き連ねたくなります。だって、伝えてわかってほしいと思っているから。

私はこうこうこうで、あなたのためにこんなことを思いながら日々いるの。あなたは知らないでしょうけど。だからきっと私のこの思いにあなたは気が付いてあなたは変化して幸せになってくれると思うの。

てね。
ま、いいんですけど。


もし、どうしても「伝えたいこと」があるのなら本人に直接お伝えしましょう。
メールでも、お手紙でも、直接でもいいから。
そうすると、相手の考えも聞けると思いますので、あなたが「伝えたいこと」が相手にとって必要なことなのかがあなた自身にもよくわかります。


それを、SNSなんかで伝える前に書いてしまうと、読んでいる人たちはどうリアクションしていいのか迷ってしまいます。中には過剰に反応してあなたが思っていないところで心配していたり、なんだか気分を害されたりする人がでてきます。
文章をSNSなどで発表した時には、それを読むSNSのお友達にの気持ちも汲んであげてほしいなと私は思っています。

あ、でもですね、同じようなことを書いても、もうそのことが解決や、整理がついた後でしたら、なぜかこれは多くの人の共感を得ることができるのです。

それは、なぜか、
そこに、起承転結のようなストーリーがあって、書かれてあることが読み手が背負うことがないからです。
そして、あなたがそのことについて「逃げずに向き合った」からです。
人は、直接伝えるのが怖いので味方を探します。自分と同じ考えである人を探して自分が正しいのだと言い聞かせたいのです。「ねえねえ、正しいでしょ私!」ってね。
だけど、ほんとうはそれでは何の解決にもならない。
「伝えたい人」に伝え、相手がどう感じているのか受け止めないと。
いつまでたっても前にはすすめません。いつも「同じこと」で思い悩むことになるのです。


ま。それでも、愚痴ってみたりしたくなる時もあると思うのですが、その時は愚痴を正当化せず、言い訳せず、ストレートに感情をのせて短く書いてのせればいいです。


仮に「伝えたいこと」が何かしらの「問題」だったとしたら、問題の対象物でないところに問題を投げかけるのは書き手の思いやりの欠如だと思っています。


同じことを伝えるときに、
そのことをくどくど説明するよりも、自分がどうしたいということを伝えるほうが伝わります。

文章には
落としどころとなるその文章の「ゴール設定」が必要です。
文章には
その文章を読んでもらってどういう行動をとってほしいのか書き手がわかっていないといけません。
それが抜けてしまうと

「この人はいったい何を言いたいんだろう?」
と思ったり
文章に飽きて最後まで読んでもらえません。


長々と長文を書いても、そこにストーリー性がないと、どんなに心は熱くても、読み手はしらけてしまいます。


てこといいながら、今日も長文です。あはは。

でもね、ブログと違ってSNSはいったんお友達になっちゃうと、見たくもないのものでもフィード上に流れて目についてしまうのです。ほしくもない感情を投げかけられそれを寛容に見守れる人なんてそうそういません。
みんな自分のことで精いっぱい生きてますから必死で。

余計な荷物を対象者ではない人に背負わすのは迷惑。
だから、SNSは「ハレ」ネタ、感動ネタ、素敵ネタばかりですけど、それでいいんだと思うのです。

だって、現実だったらさ、重い相談事をする相手吟味するでしょ?
だれからかまわず言わないでしょ?
けっこう赤裸々に描いていると思われている私のSNSですけど。
深い深いところは書いてません。
ほんわか。じんわり。うるうる。ハッピー。
そんな落としどころをもってくるように心がけています。


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ