シンプルに感じよう。

昨夜息子たちに夕飯を任せ出かけました。

帰ってきたら、コタツの上にキムチ鍋をした後がありました。

息子たちは今夜は野菜が食べたいからと白菜と豚肉でキムチ鍋を作って食べたそうです。


私が息子たち3人を育ててきて一番の自慢したいことは、息子たちの舌です。
美味しいものを美味しいと感じ、美味しくないものを美味しくないと感じられる舌に育ったことです。

私は、息子たちが小さいころ野菜を食べさせるために刻んだりすりおろしたりしてごまかして食べさせることはしませんでした。
子どもが一番喜ぶ野菜料理は
美味しく煮た煮物だということを知っていたので、美味しい煮物や、美味しい豚汁をよく作ってきました。
また、美味しい鍋料理もよくしました。仕事を持つ主婦にとって鍋料理は救世主です。それを息子たちにも食べてもらわないと夕飯作りが面倒きわまりないものになってしまうと思いました。

簡単でバランスのとれた食事。
揃って食べること。
美味しいねえと感謝して食べること。

そんなシンプルなことが素直に息子たちの舌を育てたのだと思っています。

ジャンクフードも食べますが、たまに食べるくらい、日頃の蓄積があるからどうってことないと思ってます。

息子たちがキムチ鍋を食べていた間母は、、、


茶懐石とハーブ懐石という、粋な趣向の「未来の懐石」というイベントに参加していました。
私の舌を磨いてまた、息子たちに美味しいものを食べさせるために、、、ナンチャッテ(笑)


そして、その前は、息子たちに聞かせればよかったと後悔するくらい素晴らしいお話しを聞いていました。


本物を知ると、偽物がよくわかります。いくら上っ面をとりつくろっても見極められるようになります。

ナンチャッテに付き合っている時間はもういらないな。

本物に出会おうと思えば、この田舎の金沢でも出会えてしまう。

良いご縁を見極める感性を研ぎ澄ましていよう。
そんなことを改めて思う1日でした。

コメント

  1. フランソワ2015年3月9日 15:38

    あぽじらさん、感謝してます。
    昨夜は、「命をいただく」未来懐石が、何とも格調高く、まあとにかく美味しいの連続でしたね。ワインもいけましたしね。

    息子さん達に、本物が分かる舌を与えたあぽじらさんは、偉いです。素晴らしい。
    以上

    返信削除
    返信
    1. フランソワさん、コメントありがとうございます。
      きのうの未来懐石は楽しかったですね。参加して本当によかったと思います。

      禪のお話も腑に落ちました。

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

オーラキラキラの石井さんでした。

ブログに書いていいこと悪いこと