ほんとうにさようなら。



この町家のおかけで、安心して仕事が出来た2年間でした。
たくさんの人に訪れていただいて、たくさんの思い出があります。

金沢の中心地で教室を持ちたい!

その夢を叶えてくれた町家。
清々しい気持ちで町家に入り、清々しい気持ちで町家にさよならを言えます。

ありがとう。ありがとう。
やっぱり少しさみしいね。
だけど、もういいんだ。あなたがいなくても頑張ることができるから。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

オーラキラキラの石井さんでした。

雑なサービス。

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん