誰に訴求したいのか?

2015年4月1日(水)雨
午前中は、金沢市内。
ホームページ作成塾2日目のお客様のところに出張講習からスタート。

前回は
今から作るホームページはだれに対して訴求していくのか?
ということをとことん話し合った。

広い海にやみくもに網を投げ入れているような状態から、一本釣りとまではいかなくても、どのポイントに網を投げ入れるかくらいは考えられるようにしておきたい。
そして、これは意外と難しい勉強をしなくても、頭の中を整理するだけで見えてくる。

たいていのお客様が
「あ~~ん。そうか。」と納得する。


1日目はそこから必要なページは何かをざっくりと考えるところまで。
2日目からは少しパソコンを触ることもあるので、モチベーションが上がるようにと、探し物で授業時間が終わらないために必要なグザイを準備しておりてもらう宿題を出して終了。

頭の中を整理して納得されたお客様はたいてい次回までにこの「宿題」をやってくれている。



自分がどこに向かっているかが自分でわかっているから。


人間、納得せずにやらされている感があると、行動できない。



ということで、昨日は2日目。
このお客様は画像をたくさん取り入れたページになるので、すでにある写真データの整理をお願いしておいた。
前回ホームページに必要なページができていたので、その名前ごとにフォルダわけしておいてもらった。

この「フォルダわけ」すらできない人は、ホームページを作る前に勉強してもらいたいことがいっぱいなので、申し訳ないが1回目の宿題で私はお客様の力量を試していたりする。
ホームページ作成もコンピューター用語満載。それをどこまで訳して伝えていくかは、お客様のスキルしだいなので、力量テストは申し訳ないが大事なのである。

やれなければやれないで、やれるようにレッスンするしかないけれど、できれば、「フォルダ整理をコピペでやれる」「文字うち、漢字変換はやれる」くらいのスキルは持っていてほしい。


え?作成塾に申しこもうと思っていたに、ちょっとハードル上がった。。。と心配になった方は、事前に別にレッスンをうけてもらえれば問題ない。


そして、きれいに整理された画像フォルダを拝見し、どのページから作ると、楽しいか。。を見る。
うん。そこだな。
一番サクサクできて楽しそうなページはどこかひとつあるものだ。

全体像が見えてなかったり、イメージができていないのに、素人がトップページから作り出すと、後からつじつまの合わない、行き止まりのホームページになってしまう。

しかも、「サクサク」というのが肝心。
初めてそのソフト(ツール)を触るのに、難しいことをしていたら一気にモチベーションが下がってしまう。

2日目は
1ページを使って、見出しの使い方。カラムと表の扱い方。スマホ表示を意識したコンテンツの使い方。画像アップ。文章入力。文字の編集。などを2時間みっちりやって終了。

宿題は
今回習った作業の繰り返しで、この1ページを仕上げておくこと。

ただし、できなくてもよい。失敗しても私が直せるので安心して大胆に作ることをお伝えして終了。

補足:もし、なにかあったら、電話くださいとお伝え。(スカイプ設定済みなので遠隔指導も可能)

午後からは、研修?セミナー?の打ち合わせ。余談60%で大いに盛り上がる。






2015年4月1日の最初の仕事は実は、チビ(三男)を6時半に金沢駅に送るところから始まった。
入社式の後、そのまま横浜まで研修に1週間出かけるらしい。
我が家で初めてスーツケースを購入した。
数週間前、スーツを買った時に試着した姿よりも胸板が厚くなって見えた。
ひそかにやってた筋トレの成果かもしれない。

今朝は横浜の研修宿舎でちゃんと起きることができたんだろうか?

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

オーラキラキラの石井さんでした。

雑なサービス。

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん