起業したての揺れる女心。

2015年4月23日(木)

朝一、

徒歩3分の、北陸ガールズスクエアさんにて、お客様と待ち合わせ。
ホームページ作成塾。。。になかなかたどり着くようでたどり着かないけど、ホームページ作成塾。

起業目指している人のホームページは難しい。
何も始まっていないのに、何もかも始まったところを想像して作らなければならない。

「想像力」がいる。

でもね、商売は「想像力」が大事だと思もう。
マーケティングなんてのも、分析でもあるけど、想像してる部分も多いし。


そういえば、
起業したてのホームページ。
何が一番困ったかというと、写真だな。
そのころスマホもなかったし、デジカメも持っていなかった。
そして何より、お客様がいなかったので、授業風景なんてものが撮影できなかった。

息子を使ったり、友人に頼んだり。

それもまた、懐かしい初々しいころの思い出。



起業したて、起業を控えている人のホームページや、名刺は流動的に変化できるものにしておくのがいい。


起業し、行動しだすと、意識がどんどん変化する。

私がJimdoでホームページを教えているのも、(私が作らず教えている)
ご自身の変化に対応できるホームページにしておきたいから。


いざ、始めても右肩上がりで業績があがるとは限らない。
ランニングコストがかかるやり方では、苦しくなったときに切ってしまいたくなる。
ホームページはそんなものじゃない。


そんな時だからこそ、新しいコンテンツを考えたり、表現を変えたり、いろいろ試すチャンスの時。
その時、自分で触れれば反応も早い。



あとは、、、
オーナー自らが見ていてテンションがあがるページにしておくこと。
これ、絶対に大事。
多少操作方法を忘れても、テンションがあがるページだとみているだけでうれしいので、なんとか触ろうと努力してみる。
テンションが上がらない(素人くさい)ページだと、「ま、いいわ後にしよう」となる。


ホームページがちょっとできる友人が作ってくれた。
とか、
ちょっと習いに行ってできちゃった。
とか。

形があればよいというものでもない。
中身がないとね。



午後からは、出張教室。
パワーポイントで講座ができるようになりたいと、テキスト片手に勉強中。
半年後の講座でパワーポイントが使えるようになるのが目標。


パワーポイントも操作はそんなに難しくない。
要は、中身。
ホームページとプレゼンは同じ。


授業の合間に、あちゃら製のお菓子をいろいろだしてきてくださった。手前のカルメラ焼きにチョコレートがコーティングされた想像するだけで甘そうなお菓子がやたらおいしかった。


夕暮れ時、 ベランダに干した洗濯物をあわてて取り入れながら、街を見下ろす。
この時間たぶん家の中は一番忙しいじかんだろうけれども、外からみると時間が止まって見える。
千里浜で育った私は、ちょうど「凪の時間」を思い出す。
波がほとんどなくなり、太陽が沈む音だけが聞こえそうな時間。


しばし、感傷にひたっていたが、そういや、夜にひとつ出かけないといけなかったことを思い出しあわてて部屋にもどった。



「忙しそうですね」
と言われるようになった。

でも、遠慮せずにお声掛けください。まだキャパシティーに余裕はあります!
お仕事が楽しくてしょうがありません。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ