「ヒルネしながら生活できる」が夢だってええじゃないか♪

2015年4月3日(金)暴風雨
午後からのセミナーの前にお客様とブレックファーストミーティング。

半ばお悩み相談室のような状態。
お話ししていたら、ふつふつと疑問がわいてきた
「この方はいったいどうなりたいんだろう?」

疑問がわくと、もうそこんとこを知りたくてしょうがなくなる。
話の腰を折ったかも。。と思いながら
「で、それあなたのしたいことなんですか?」
と聞いてみた。

「やりたくない!」
と即答。

「ですよね~」

で次の質問がわいてきた
「じゃ、なんでそうならなければならないと思ったんですか?」
と聞いてみた

「かくかくしかじかだから」
「ふ~~~むむ」

「あの、、、別に夢が「昼寝」でもいいんじゃないですか?プチ起業することが良くて家で昼寝して家族のことだけ考えて生きることが悪いなんて別にないんじゃないですか?」

「へ?」
「うん」
「あ。そんなのもあり?」
「ありだと思う」

で、ちゃんちゃん。

という話を午前中いっぱいしていた。
「夢」を描くっていうとね、生産性のある、社会に役に立つとか、なんだか、外にむかってのエネルギーだと思いがち。
でも、「夢」が専業主婦でも全然いいと思うし、そう思っている人だっていっぱいいると思う。
私もそうだから。

もし、もしもね、「昼寝のできる生活が夢」ってなった時に、じゃ、そうなるために今何をどうすりゃいい?その生活を早くしたかったら、いつそうなってたい?
って話でいいと思う。

てこと話しながら、自分もそういうことだよな。って思う。



そして、午後からは毎月第1金曜日に開いている「苦手克服!文章術セミナー」をITビジネスプラザ武蔵で。

もう何度も何度もこのセミナーをやってきたけど、
このセミナーは、「文章がうまくなる」セミナーではない。
じゃ、何よ?と言われたら

「頭の中がすっきりする」セミナー。と言い切れる。
うん胸を張って言い切れる。


商売をしている人も、嫁姑で悩んでいる人も、学校の先生とのコミュニケーションで悩んでいる人も、クレーマーにどうこたえようかと悶々としている人も、モンスターペアレントにびくびくしている人も。

あ、これって自分の思い込みかも?

と自分で気づけるワーク。だと胸を張って言える。

ホームページを作りたいひとがこのワークをすれば、ターゲットにどういう風に伝えたら伝わるか?っていう頭になるし。
姑にお願いごとをしたい人がこのワークをすれば、姑さんにどう伝えたらにっこり笑ってOKと言ってもらえるかが思いつくし。
。。。。

自分は何を怖がって臭いものにふたをしているのか。
てのがね、わかっちゃって、自分でとっても気楽にその蓋開けよう♪って思えちゃう。

自分は何をやりたくなくて、何をやりたいのか。
「文章術」というワークをしていく中で、自分で気が付いていく。

そんなセミナーを終え、すっきりしたお顔の受講生のお顔を拝見し、ルンルンと帰ってきた。

お客様に頂いたおいしいおかき。このおかきのパッケージに、どういうシチュエーションでどんな人たちにこのおかきを食べてほしいのかが見えちゃった。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

オーラキラキラの石井さんでした。

ブログに書いていいこと悪いこと