中途半端ではございますが記念すべき「2523個目」です。

そういえばですよ。
今日この記事をアップしましたら、ブログ更新5年を達成します。
ブログを毎日更新って、だれにでもできることでないと自負しておりますし、48年生きてきて5年も続けたことなんてありませんでしたから、ほんと、何がそうさせたのか自分でもさっぱりわからんのです。


ただ。
小さいころから作文は好きでした。
妄想が好きでした。
表現するということが好きでした。
物語を考えるのが好きでした。
日記を書くのは興味がなかったですけど。


5年でいったいどれくらいの記事を書いたかといいますと、
365×5=1825
ですが、1日2つとか3つとか記事を書いた日もありますのでたぶん2000記事は・・・
で、きになって調べましたら
今日のこの記事で

2523記事目でした。

1年間に平均500記事アップしています。
自分でもびっくり。





日々淡々と書いてますが、
時々泣きながら書いていることもあります。
そんなこともまで書くのか?と質問されることもありますが、私は基本「辛い最中」は記事にしません。そのことが自分の中で何かしら意味のなすことだと理解できたり、終焉したりしたときに振り返って記事にします。
そうするとですね、最中のつらかったことがねぼこりぼこりと噴き出してきて、よくもそれを乗り越えたもんだ・・・と泣けてくるんです。
また、文章にしているうちに見えてくるものもあるのです。
もしかしたらこういうことがいいたかったんじゃなかったか?
とか、ほら、つらいとかさ思ってたんだろうけど、こんなにたくさんの愛情の中にいたじゃんとかね。



今でもそういう時の記事を読むと、胸がいっぱいになってきます。


でも、その記事を探すの大変なんです。
だって2523記事の中から探さないといけないですからね。
将来、息子たちに私は一瞬一瞬こんな思いで生きてきたんだと知ってもらうため半ば遺言のように書いているんですけど。2523記事もあったらぞっとするよね。


まあ、自分で泣けた記事はなぜかアクセス数がボン!と上がるので後から探そうと思えばアクセス数のあるものをピックアップすればなんかしら泣ける記事とぶつかります。


文章にしておくというのは、自分を外から眺めるのにとてもよいワークになります。
また、ブログにするというのは他人様が読むかもしれないので、それなりに緊張して書きますからこれまたいろんな意味で訓練になります。



だからと言って、毎日更新を続けなさいと勧めるわけではないですが、
何事も続けていると、いろんな変化が現れます。
それは、少しずつ少しずつ変化し、気が付けば大きな大きな変化を遂げていた。
そんな感じです。



文章にするということは頭の中の整理になります。
頭の中のものをいったん外に出し眺めるということを毎日行うのは「リセット」をかけているようなものではないか?と思います。


実は、、、今日もそうですが、毎日書きたいことは複数あるんです。
今日だって、来月から夏にかけてのセミナーについて書こうか迷ったんですけど、やっぱり今日しかかけないことを今日書いておいた方がいいよな・・・と「毎日更新5年達成」にしました。


こうやって天秤にかけることもしょっちゅう。
そのうち、書くのをやめたものはたっくさん。



そして、私はいつまで書き続けるのでしょうか?
とりあえず5年はやるぞ。と決めていたのですが。

 金沢ブログ初記事
2010年5月19日金沢ブログに書いた初めての記事です。教室オープンから1か月以上たちお客様が一人も来ず、やっと立てたのぼりを見て入ってきた当時KCCの営業の方に勧められるままに始めました。
何が起こるのかもわからず。だけど、もう考えても何も起こらないやってみないとわからないと始めました。

そして、今ではブログを見て、フェイスブックを見てお仕事がくるようになりました。


ブログの役割ってなに?
とよく聞かれますが、ブログの役割は「集客」とはちょっと違う気がします。ま私の場合ですけど。
ブログは私にとって「ブランディング」するためのツールです。

何を思いながら生きているか。
何があったから今こうしているのか。
私はこういう人間です。とアピールするツールです。

ホームページでこれをやっちゃうと「自己満足型」になってしまうので、「主張」はブログ。これが私の方針です。



ブログを書き始めて数カ月がたったころ次男に言われました。

「ブログを書くようになって、ひとつひとつがネタだと思ってみていると毎日楽しいでしょ。」

はい全くその通りでございます。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ