「おもてなし」って言葉にうんざりしてた原因がわかった♪

8時すぎに(今朝の)母から電話がなったのは、なんとなく覚えている。
昨夜、今日はしっかり寝ることにしよう!と、たまに飲む眠くなるだけの抗ヒスタミン剤を飲んで寝た。

目が覚めたら、お昼を回っていた。


寝すぎだぜ。
いろいろやらないと。ってことがあるはずだけど。頭動かない。

ま、いいか。


今週は、文章作成講座 改め 発信力講座……
フルネームで行こう。
コトバオンチでもできる発信力講座
であけくれた。

火曜日の富山に始まり、
金曜日はホームページ作成塾の個人レッスンまで。

発信力講座は、エネルギーを使う。
まあ、仕事は何でもエネルギーを使うんだけど、
より、おひとりおひとりに寄り添うので、
なんだか、変な見えない力を使ってる気分なのだ。

たぶん、この「変な見えない力」ってのが、「お・も・て・な・し」の原点じゃないか?
って思うのだけど。

「お・も・て・な・し」
ってね、おもてなしをした相手が「怒る」「不快な気持ちになる」なんてこと考えてないじゃないですか?
そんなことを思いながらおもてなしだと言っているとしたら、そりゃあんた、おっかしいよってことになるじゃないですか?

私が常日頃、「おもてなし」「おもてなし」ってちまたであふれてる言葉になんだか違和感を覚えるのは、「おもてなし」を行った後の世界観がどこを向いてますか?てのがあやふやだったり頓珍漢だったりしてる気がするものに出会うから。


一番「それおかしいじゃん!」って思うのは、おもてなしをした結果おもてなしをした自分がにこにこ笑顔でいることで満足してやしませんか?てね。


さてさて、私の文章術を受講した方なら、この私が違和感を感じる原因に気が付くはず。
これから、コトバオンチでもできる発信力講座を受講するかたは、近い未来すぐに気が付くことになるはず。



昨日、文章作成講座、文章術講座を「コトバオンチでもできる発信力講座」と名前を改めましたが、この改名にあたり、私は結構な人に質問をした。
「発信力」がつくと、「情報」に敏感になる。

その情報は間違いないか?
その情報量で足りているか?
その情報に満足できるか?

足りないと思ったら、リサーチする「聞く」しかないのである。

発信力講座では、マーケティング(講座内ではこんな小難しい言葉は使わないが)について女性にわかりやすい形でお勉強する。マーケティングは何も街に繰り出して聞き込み調査をしなくても、意外と自分の頭の中でできてしまう。

ところが、そこに、お客様の声(実際の)が加わると百人力なのである。
なぜなら・・・
発信に自信が加わるからである。
スッコ~~~~~~ン!!
と抜けた、スッキリさわやかな発信になるのである。


以前の講座案内チラシ。
私の頭の中のマーケティングだけで出来上がったチラシである。悪くない。(自分で言うか?)
悪くないから、毎回満員御礼の受講申し込みがあった。
が、これ、今思い返せば、結構な「質問」がきた。

質問が来る
ってことは、何か的をえてないところがある。ということなのである。

たとえば、ホームページで発信しているとしたら、ホームページがあるのに「お店で何がかえるのですか?」と質問がくるのはそもそも変なんである。
名刺を渡しているのに「何をしている人ですか?」と質問がくるのは、おかしいのである。

う~~~ん。。何が?なんで?どうしたらいいのだろう??

そうやって、悩んで、そっちにアンテナが向いたから、私は会う人会う人に質問し、そして、できたのが

コトバオンチでもできる発信力講座。なのである。




発信の原点。おもてなしの原点。伝わる原点。
おんなじこと言ってるのに、得られる結果の違い。


昨日から、講座開講を待つお問合せや、講師依頼のお問合せをたくさんいただいています。
今までの動きとベクトルの向きが180度変化しました。

チラシの配置、写真はほとんど変わらないのに。

なんでか?
それは、私の目線が変化したから。



それはもちろん、コトバオンチでもできる発信力 の手法を使っているから(笑)





ただいま、ビギナーズレッスンとパーソナルレッスンは講師依頼のご予約のみ承っております。
5名以上でお申込みください。
お申込みお問い合わせはこちら▼


ITオンチでもできるホームページ作成塾
http://it-onchi.jimdo.com/

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

オーラキラキラの石井さんでした。

ブログに書いていいこと悪いこと