矢印の向き。

フランス料理店で
私がちんぷんかんぷんわからないメニューが書かれてあるメニュー表がでてきた。
という場面があったとしましょう。

この場合以下の条件によってニュアンスは違ってきます。




1.周りは、ハリウッドセレブばかりのお店だった



2.家族連れが行きかう田舎のショッピングモールのお店だった



1.ならば。
私がちんぷんかんぷんなメニューが置いてあって当たり前。です。私がそこでTシャツに短パンなんて格好でうろついていないことを祈るばかりです。

2.ならば。
私はこのメニューに何がかかれてあって、私は何が食べることができるのかお店の人に質問してもかまいません。たとえ私が高級加賀友禅の訪問着を着ていたとしても。Tシャツに短パンだったとしても。



1のお店に私が行くなんて時には、ぜひ、そのメニュー表を見て、私の好みのものをオーダーしてくれそれに合うワインもオーダーしてくれる紳士と一緒にいることでしょう。うっとり。。。

2のお店に私が行ったら、次の日のブログネタになってるでしょうね。
家族連れしか行かないショッピングモールのレストラン(フレンチのお店だなんて書かない)で何語かわからない文字が書かれたメニューがでてきて、しょうがないからスマホでメニュー調べたらますます意味の分からないページが出てきた!!!!フランスで3年修行して苦労したシェフだってことはなんか書いてあったけんどもよ、修行したかどうだかしらねどもよ、私がちょいフレンチ気分味わいたいだけなのにあなたの人生経験なんかどうでもいいのよ。

そのホームページもお店も、あなたの料理を食べにくるお客様設定おかしくないですか~~~

とか、書いていることでしょう。。



と書きながら、なんでしょうね、、1.の設定では妄想としか言いようのない妄想しか出てこないのに、2.の膨らむこと膨らむこと。。。

だめ!!だめよだめだめ。
イメージしたことは叶うのよ!!ぶーたれている私の姿なんか想像しちゃったら未来はぶーたれよ!!笑うの笑うのよ!あの星のように輝くのよ!!





素材にこだわる。
とか、
オーナーの経歴
とか
そんなものがあふれ出ているトップページに出会いますが、矢印が
オーナー→お客様
なのか
お客様→お店
なのか

そのページに出会って、そのページに共感する人がオーナーの望むお客様だったらどちらでもOKです。
そこを理解するだけで、お店の売り上げは変わってきます。
売上が変わるということは、客層が変わってきます。


お店にくるお客様はみな笑顔でスタッフも笑顔で自分も笑顔。
そんなお店にしたければ、「矢印の向き」大事ですよ。



コトバオンチでもできる発信力講座
オーナー様だけでなく、スタッフ研修にもお勧めです。
お店一丸となって盛り上げたい!その「柱」が出来上がります。

コトバオンチでもできる発信力講座の詳細は
今のところこちら(↓)かな。  コトバオンチのホームページ作らないかんね。

http://www.apozira.net/2015/06/new.html


ITオンチでもできるホームページ作成塾はこちら▼

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

オーラキラキラの石井さんでした。

ブログに書いていいこと悪いこと