本質を遠ざけて回り道。

私のセミナーや教室にかかせない、ぐるぐるスケッチブック(普通のスケッチブックです)。
毎月数十冊ダイソーの近くを通るとは買っている。
棚から全部持ってくることがあるので、その日スケッチブックを買いたかった人には非常に申し訳なくも感じている。
が、そうもそうもダイソーに寄れる暇もないので許してほしい。

ダイソーのクレヨン用スケッチブック
最初は表紙がシンプルなA4タイプのものを使っていた。
その時にもこだわっていたのが、ぐるぐる部分。
私のセミナーにはこのぐるぐる部分が欠かせない。

で、ある時シンプルなスケッチブックがなくて、やむを得ずこの子ども用にしかみえないスケッチブックを買うことになった。

サイズは345×247mm。A4サイズよりはずいぶん大きい。
大の大人にどんなもんか???と思いつつこれしかないのでセミナーに持っていくと、今までで一番喜んでもらえた。「もらっていいんですか??」とまで言われてしまった。

う、、うれしいんだ。
へ~~~。

表紙のインパクトはおいておいて、
このスケッチブック、ボールぺーんや鉛筆の走り具合が非常にいい。
よく滑る。よく見える。
しかも大きいので、なんだか自由な発想が生まれやすい。

ということで、それ以来スケッチブックはこのクマとウサギとブタが気球にのって喜んでいるなんとも微笑ましいぐるぐるスケッチブックを買うようにしている。




さて。
コトバオンチでもできる発信力講座や、以前の苦手克服!文書術講座にご参加いただいた皆様。
このスケッチブックを活用していますか?中にはシンプルなスケッチブックがお手元にある方もいらっしゃるでしょうが、
どうです?使ってます?


このスケッチブックでコトバオンチ(文章術)のチャートを書いてせっせと取り組んだ人は、思考が変化しています。
今まで、「苦手なお客様」だったはずのある客層が、とても興味を引く待ち遠しいお客様に変化し、楽しくてしょうがなくなったという方がいます。

その方のスケッチブックは残すところ5枚ほどになっていて、いろいろな場面でお客様を想定してチャートに書き込み付箋だらけにしてありました。

そして、以前は自分の思いとは違うこだわりを持つお客様の対処に戸惑われていたのですが、コトバオンチを通して心の準備が出来上がると、想像していた通りの反応やこだわりがお客様に顕著に表れることに驚くとともに、そのタイプのお客様のこだわりを受容して提案できるようになりました。

お客様もきっと、自分のこだわりにあった提案がポンポンやってくるので楽しいと想像できます。


一番苦手だったお客差は、もしかしたらこのお店の「キーパーソン」かもしれないのです。

私がホームページ教室を開くいきさつもまさにこれです。
私は5年近くホームページのお客様をほとんどお断りしてきているのですから。
私が苦手とすることがあまりにも多く感じたからなのですが、ところがその苦手を覚悟を決めて向き合い受容すると素晴らしいイチオシ商品へと変化し、業績は右肩上がりです。



自分に自信があること、自分が好きなことで商売をやっているつもりで、本質を遠ざけ回り道をしている可能性はありませんか?
思い込みは、ブレーキになることもあります。

仙台について教えてください。

さて、明日夜から夜行バスにて、ちょっくら仙台に行ってきます。
私がJimdoを知って、全国各地にあるJimdoCafeがあることを知って、その中でも有名なカフェってのがあって、いずれあちこち回ってみたいな。
と思っていた有名なJimdoCafeの方々が仙台に集結してセミナーをするっていうのにいってきます。

仙台なんて行くことはないだろうな。
と勝手に決めていたのですが、行けてしまうんですね。行く気になれば。


初めは、夜行バスで行って、セミナー受けて夜行バスで帰ってこようとおもっていたんです。
午後からのセミナーで夕方には終わるし、十分なスケジュールのはずでした。
仙台行のバスは3列シートだし。

ところが、今金沢仙台間は隔日でしか動いていないのですね。
数年前の痛ましい事故の後、石川の北鉄バスが往復しているだけになったのだそうです。
でも、うまいことすれば、バス泊だけでいけたはずなのですが、

7月は奇数日が金沢出発で偶数日が仙台出発。
8月は奇数日が仙台出発で偶数日が金沢出発。

私が仙台で受けたいセミナーは8月2日。

前日1日の夜行バスは仙台からの出発便しかなく
2日の夜行バスは金沢出発便しなかく。。。


っていうことはいけないじゃん!!!
って思っていったんはあきらめたのですが(3時間ほど)
もう一度よくよく考えてみたら、

7月31日の夜は金沢から出ている。
8月3日の夜は仙台から出ている。

これにのればいいのか。
ホテルとって。


ちょっと行ってくるわ♪的なノリだったので、2泊のホテルは痛手でしたが、
生まれて初めての仙台。牛タン食べて、ずんだ餅食べて、伊達正宗見て。
これは、旅行気分を味わってリフレッシュしていいよという天からのお達しにちがいない。と
苦手で嫌いな、ネットでホテルを予約し、高速バスの予約システムは使いづらかったので電話で予約し仙台行を決定したのでした。


さて、1日の朝仙台についてホテルのチェックインは15時。何してよう??
松島でも行ってこようか。でも7時代に仙台ついて、9時ごろまでは何か時間をつぶさないと。。
さてさて。

もっと、不安なのは3日。
11時にホテルをチェックアウトして、夜行バスが21時40分。
10時間以上何やってよう??


数年前から中足骨頭部痛という足に痛みがあり、長時間歩くことができない。
皮膚炎でステロイド軟こうを全身に使用しているため日光のあたる場所は極力避けないといけない。

さて、こんな女一人旅、どうなりますやら。


松島に行ったらかまぼこがおいしいよ。
牛タンはどっかの店がおいしいらしい、
仙台駅においしい甘味処があるらしい。

こんだけの情報と仙台の旅行し一冊手にぶらっといってきます。


私のお化粧道具フルセットと、バスで寝たいので酔い止め薬。常備薬。寝るとき用のマスク。ホットアイマスク。着替え。歯ブラシ。タオル1本。ティッシュ。んなとこかな。
あ、充電器。

今回は滞在日数が長いのでiPadmini持参。ノートパソコンは重いしもっていかない。
ってことは、Wi-Fiにしないと、、ってことで小型の無線ルーター。そいから、息子に貸してもらった予備の充電器。
なんだか、県外に出るたびに装備が充実していくような。

ハイテクババアの道は近いぜ!

更新月忘れていませんか???ドメイン消えちゃいますよ~~

昨日はお客様より助けてコール。
内容はかなり深刻でした。

「みんなのビジネス」というのをご存知ですか?
一時商工会などのホームページ勉強会でよく使われていたツールで、1年間無料で独自ドメインでホームページを開設できるというサービスでした。
このツールはKDDIが扱っているJimdoを使用し数社が協働で運営していました。

ところが、去年の今頃みんなのビジネス略してみんビズのサポートが終了すると発表されました。

それでも、Jimdoのサービスは継続して受けることができ、そのサポートは「はじめてWEB」というところが受け継いでいます。

さて、みんビズを使っていたみなさんそういう情報を知っていますか?

1年間は無料ということは、1年たてば有料になるということです。
1年はあっという間です。
そして、更新月がやってきますよ。お金を払わないと独自ドメインの権利は失効しますよ。ドメイン削除しちゃいますよ。というメールはJimdoサポートからやってきます。

助けてコールの方は、更新期限を20日過ぎたところで、ふと思ってfacebookにリンクを貼ってあるURLをクリックしたら、独自ドメインだったはずのURLが ×××××.jimdo.com に変わっていて驚いてパニックになってのご連絡だったのです。


さて、このドメインはどうなるのでしょうか?
急きょスカイプにてメールの確認をしてもらい、jimdoサポートからメールが来ているのを探し出し、jimdoに問い合わせを誘導しました。問い合わせ内容も口頭で申しあげ。。。

お金を払っている場合は優先的に電話サポートも受けられるJimdoですが、無料版だとメールのみの対応でそれも、順番に処理されるので返事は1週間10日かかる可能性もあります。
でも、仕方がない。

そういうこともお伝えし、たとえ返事が来たとしてもドメインが戻ってくる保証はできないし、もしかしたら新しいドメインを取得しなければならないかもしれないことをお伝えし、急患外来の診察を終えたのでした。


独自ドメインというのは、リアルの世界でいうところの、アパートを一室借りているということです。たとえアパートといえども住所があり郵便物はちゃんと自分のポストに入ってきます。
それと同じでネット上の独自ドメインというアパートの一室を借りていることになるので、家賃を支払わなければ退去処分になるのは仕方がないことなのです。

それに対して.jimdo.comが付くドメインは一つの建物で複数の人が寝泊まりしている寮みたいなもの。管理人さんがいて、郵便物や来客などお世話をしてくれます。しかもjimdoさんは無料で寝泊まりさせてくれています。

たぶん、このお客様は独自ドメインの重要性を知らなかったのだと思います。説明を受けたのかもしれませんがそんなに大変なことだとは思っていなかったのでしょう。
今回のあたふた事件でよ~~~~~~~~く理解できたでしょうが。。



独自ドメインはたいてい1年契約です。
また、Jimdoの場合独自ドメインを置きたい場合は有料プランへの申し込みが必要です。
オーナー様によってさまざまな考えがあるでしょうが、商工会などの勉強会で訳が分からないうちに作っていていまだにわけがわからない人は、どうぞ、あぽじらが主催するjimdoお勉強会(そのうちjimdoカフェになるぞ)にご参加くださりご相談ください。


まだ、こういう人いるだろうな~~~。
みなさんもたまに自分のホームページ開いてみてくださいね。

ご相談は
ITオンチでもできるホームページ作成塾まで

妄想癖とアウトプット

私はたぶん、頭の中のことをアウトプットするのが好きです。
そして、それは、たぶん、10歳くらいから好きになったんじゃないか?
と思います。


小学校の夏休みの絵日記は「おばあちゃんがきました。おすしをたべました。たのしかったです。」
みたいな作文ばかりで、低学年のころは作文は大嫌いでした。
5年生の時に学舎の建て替えがあり、古い木造の校舎にお別れの作文を書くことになりました。
その作文が、記念号の学校新聞にのったのです。

なんだか、沸き起こるうれしさを感じたのを強烈に覚えています。
褒めることを知らない父母は「さすがお父さんの子だ」とかなんだかわけのわからいほめ方をしていた記憶がありますが、承認欲求の強かった私は、「認められたんだ!!」と本当にうれしかったのです。

そのころから、作文は大好きになりました。
ストーリーが頭の中に浮かぶとえんぴつのスピードが間に合わなくなるくらいで、でも若い脳みそは浮かんだこと全部を記憶できましたから、おどるようにえんぴつを走らせ文章をかいていました。



昨日「先生は文学とか学ばれたのですか?」という質問が来ました。
私は普通高校をグレながら卒業し、栄養士の短大を卒業し、数年働いたのち結婚して子供を産んで、きがついたらパソコン講師になっていたという人間です。
どちらかというと、いやはっきりと理数系の方が好きです。
国語も英語も社会も嫌いでした。テストがあるからしょうがなしに勉強した程度です。


でも、小さいころからたぶん、妄想癖はあったと思います。

突然頭の中でお話が始まって、何時間でもその世界に浸っていられました。
漫画(中学生のころストーリー物の漫画を描いていた)や脚本を書くこと(高校時代放送劇の脚本を書いていた)に出会った時、それを現実の世界に持ってこられることにワクワクしました。


今40も後半になって、文章を教えるという仕事をしていますが、
たぶんそれは、文章のテクニックを教えているのではなく、心の奥に潜んでいる本当の気持ちや気づきを引っ張り出す仕事なのだと思っています。プライドや、思い込みで本当に自分が「これだ!」と思うことに出会っていない人たちが多いです。

でも、本当の自分の「これだ!」は他人様の頭の中にあるのではなく、自分の中にあるんです。
そこには欲や、見栄もあります。欲も見栄も人には見られたくない部分です。
だけど、自分はそこをちゃんと見ないといけない。

その部分を直視するのは、覚悟が決まっていない人にとってはとても怖い作業。
でも、他人様には見せなくてもいいんです。欲望も言い回しを変えるテクニックを知れば罪悪感を感じずに表に出すことができるのです。
それを、コトバオンチのツールを借りて、表現する。

アウトプット(伝える)時には、相手がいるということ。相手にどういう状態になってほしくてそのことを伝えるのか、そういうことを考えてアウトプットする訓練をしていく。
それがコトバオンチでもできる発信力の根っこです。


表現することは素質よりも訓練だと思います。
アウトプットし人目にさらし、反応を真摯に受け止め次につなげる。
その繰り返しです。


気分新たに♪

最近出張レッスンでやたらと運転する機会が増え、行ったこともない街にグーグルマップ頼りで行くこともしばしば、知らない道を行くときに一番頼りになるのは、信号の横にある名前。

グーグルマップで地図を追っていくときも、●●信号をすぎて、▼▼信号の次。
とか目安をつけながら右車線左車線に行って右折左折の準備をしたい。

ところが、その信号の名前が見えないときがある。
快晴の時はよいのだけど、曇りとか雨とかだとすぐ近くに行くまで見えないのである。
それじゃ、と~~ても不便。


ということで、いったい近視が悪くなってんのか、老眼が進んでいるのか、わかるのはとにかく目が疲れているということだけど、これも見えづらいってことが原因かも。
とメガネを新調しました。

結果は
近視が進んでいました。
老眼は老眼鏡いるか?くらいな感じらしいのですが、一度遠近両用をかけてしまったので入れておかないと見づらいだろうと一番弱いのを入れてもらいました。


久しぶりにしゃっきりと見える世界に、気分があがります♪


見えると、でも、、気にならなかった白髪とか吹き出物とか。。。。。



ま、しょうがないか。




今回のフレーム選びには、昨今お世話になっているスタイリストのchiaki先生にご同行いただき選んでもらいました。
今までの強いインパクトを与えるメガネはもう卒業してもいいかな~~ということで、探したのですがあけてみれば、前よりももっと奇抜なフレームになったような気もしなくもありません。



ま、これもまたいいか。

おばあちゃんにはまだ20年もあるよ。

facebookを見ていたら、東京に住む妹が久しぶりにしていた。
投稿されていた写真には姪っ子①と姪っ子②がリビングで浮き輪をかぶってはしゃいでいるうなものが写っていた。

海に行ったつもり♪

とはしゃいでいるらしいが、暗黙の「海に連れてけ!夏休みだぞ!」と聞こえてくるような写真だった。そして、カメラマン(妹)の苦悩が見えた(笑)
暑い中、未就学児と小学校低学年を連れて電車に乗って海やらプールやら行くのは大変。考えただけでうんざりするのが手に取るようにわかる。
私の妹なので、3つ4つ年が離れているだけなので、体力はたいして変わらないはずだから。



5月に遊びに行ったとき確かビルトインガレージがあったはず。。。


コメント欄に「ガレージでプールすれば」
と入れたら
「買って来るかなあ~」
とコメレスがきた。



欲しいのね。



コメント欄に入れるのはさすがにいやらしかったのでLINEで「プール買ってあげるよ♪」と送ったら「わ~~い」的な返信が来た。
よ~~し、イオンかどっか行って買ってくるか~~と思って、ふと良いことを思いついた。

アマゾン

があるじゃ~~ないのぉ~~♪


さっそく、アマゾンの検索に「プール」と入れる。
空気でふくらますやつと、空気でふくらまさないやつと、なんだか豪勢に滑り台とかがついたやつがあった。

「空気でふくらますやつと、ふくらまさないやつどっちがいい?」


たとえ空気入れがあったとしてもプールほどの大きいものを膨らますのは大変である。たぶんふくらまさないやつを選ぶだろうなと思ったら案の定「ふくらまさないやつ!」と返事が来た。


ひとつ絞り込みがかかったプールを見比べる。
直径120cm、150cm、180cmとある。
あまり大きいのは水をはるのも捨てるのも大変なのは、息子たちが小さいころに使っていたプールで経験済み。
120cmだと浮き輪を持った二人が入るには小さすぎるだろう。
ということで150cmに絞り込み

続いて深さ。

25cmと38cmがある。


特に姪っ子①がやんちゃなので、水でばしゃばしゃ思いっきりやりたかろう。。。
と38cmに。ともったけど柄が気に食わず、25cmに。

値段はプールの値段なんて20年前からそんなに高くない。

そして、お届け先を妹の住所にして、ポチっと。



「お買い上げありがとうございました」
の画面がでて、そこに書かれていた言葉にびっくり。

お届け予定日が「本日」になっている。

ほんとかなぁ??と思いつつ、妹に本日中に着くかもしれないとLINE。


で、夕方本当にプールは妹のところに届いたらしい。


へ~~~~~~~~。



夜仕事から帰ってきたチビに、「やつらにプール買うてあげてん♪」と自慢げに報告したら、
「やっと、おばさんらしいことできたじぃ」
とのたまっておった。


うん。やつらがほしそうなものをタイムリーに買ってあげられるのは姪っ子たちを持った時からの憧れだったかもしれない。
血のつながった姪っ子甥っ子はかわいい。
この気持ちは将来、孫を持った時にも味わいたいと思っているが、
こうやって顔も見ずにプレゼントを渡せるのがいいのか悪いのか。

でも、便利は便利。


facebookで近況を写真付きで見て、買ってあげたいものをネットで送る。


なんちゅう時代がやってきたものか?
とも思うが、離れていてもつながっている感じは、以前置き電話や手紙しかなかった時代よりは強い気がする。

日本はつながっているし、世界もつながっているし。
そういうことがネットを通じてリアルに実感できるようになった。


イオンに行って、プールを選び買い、箱詰めし、送り状を書いて、料金を払って届けてもらう。
ざっとみて3時間は時間を費やすだろう。
パソコンを開き、アマゾンにつないでログインし、詳細な情報を見比べながら注文し購入する。
当日中や近日中に玄関先まで商品を届けてくれしかも、送料は無料だったりする。
今回のプール購入と送る手続きに要した時間は15分くらいだ。


これからもどんどんネットでできることは増えていくだろう。
アラフィフの世代はもう乗り遅れている場合じゃないと感じている。
私たちがおばあちゃんになるにはまだ20年もあるから。

便利なものを使えるということは、「時間」にゆとりが生まれる。
マルチタスクで物事に取り掛からないといけない女性にとって「時間」は貴重だ。

そして、「時間」のゆとりは「お金」で買うのが一番手っ取り早い。




そんな時代に生きている。
順応していくかっこいいばあちゃんめざして。ひ孫にネットでプレゼント。。。というのも夢ではない世代に生きている。


特等席で花火見るげん♪

今日は花火大会があります。
マンションのすぐそばであがる何とも贅沢な花火です。
マンションの屋上の暖かくなったコンクリートの上にのんびり座って、ビール片手に花火鑑賞しようと思っています。


来週末からちょっくら東北まで出張してお勉強してきます。
そこから帰ってくるとセミナーが目白押しで、ということはその準備を今日明日中にやらないといかんや~~~ん。
となって少々焦り気味です。


そういや、去年の花火大会は友人たちを招いてパーティをしたんだっけ。
一年早いです。


一年は早いと思うのに、今年は時がたつのが遅いです。





さて。
ビール冷やしておかなくっちゃ。
このマンションに決めた理由のひとつがこの花火大会だもん♪

けっこうなアナログ好き。

さて。
7月がわけがわからないうちに残すところ1週間となりました。

数年前予定はすべて脳みそで記憶できていたのに、スケジュール帳がないと思い出せない状態になっています。

「お忙しいから~」

とおっしゃる方もいるかもしれませんが、たぶん、年です。


で、「覚えてられない」ということをちゃんと自覚していると、予定を忘れることはありません。
なぜか?

「覚えてられない」からちゃんとスケジュール帳に「書く」ことを怠らないからです。



このカバーを開けたら、タブレットとか入っていると・・・・
思うでしょ?

手書きの手帳です。
私はスケジュール管理をIT化していません。
手で書くということにこだわっています。
手で書くことによって何らかの記憶になって残ることを期待していますし、
予定変更があった時に「×」しるしで消すことによって、
そこに何らかの理由があって予定が変更されたことを記録しておきます。



それから、予定以外の覚えておかないといけないことは
このメモ付箋です。大きさは、はがき大で結構な情報が書き込めます。
お客様のところでパスワード設定などが発生した時には、これに書いて差し上げています。
だって、何がかいてあるかわからないノートの端っことか、裏紙とかに書いちゃうんですもの。。。


セミナー受講した時のメモだとか、お電話の時にとるメモや、これに書いて後から必要なら何らかの形で残しますし、いらなければ捨てます。



スマホやタブレットやと便利な世の中になりましたが、何もかもITにすることが暮らしを豊かにするとは限らないと思っています。
アナログのままの方が便利なこともたくさんありますし、人によってあう合わないもあります。

まずは、自分のキャパを知る。自分のスキルを知る。そして、どこに向かいたいのかを見る。
みなさんをITでかっこよくすることが私の仕事ですが、策士策に溺れるみたいなことにならないように気を付けています。



「それ、あなたはしなくていいと思いますよ」
と私に言われた覚えのある方はたくさんいると思います。


で、手帳は、スケジュールアプリが使えないわけではないのですが、電話をしながらメモ撮りたいときどないすれん!!
今の私は3歩歩いたら忘れてしまうかもしれん!!
と自負しておりますので、肌身離さず手帳を持ち歩き、カバンが重いカバンが重いと文句をいうているのであります。

パソコン持つならパワーポイントは入れておいてください!

7月21日(火)金沢市木越町にある、なんともハイソなフリースペースでJimdoのお勉強会、iPadのお勉強会を2本立てで開きました。



この清潔感と解放感あるスペース。
最高です。
余談ですが、このオレンジ色の椅子が「え?なんで??」というくらいすわり心地がよいのです。
最近私はきれいな場所でセミナーをする。
ということを心がけています。

「環境」は脳が活性化や、心の穏やかさにつながると気が付いてしまったのです。
同じ受講生の方とやっているのに、環境によって落ち着きがなくなったり、集中できなかったりしてしまうのです。

きっと、場はそこにふさわしい人が好きで。そうでないと思うと排除しようとするんじゃないかな?とまたおかしなことを言い出したりしています(笑)

さんさんごごさんは、喫茶と併設されているので、飲み物はもちろん、ランチ、軽食、甘味と合間合間のお楽しみも味わえるので、女性には特にうれしい場所なんじゃないでしょうか。

あ、トイレ。
トイレもきれい♪(←これ重要!)

とまあ、こんな素敵な会場をお借りできるとは、うれしい限りです。

なので、場所は人を呼ぶので今回の参加者の顔ぶれはそうそうたる。。。
参加者の顔ぶれを改めてみますと、今更ながらよくも緊張せずにやれたものだと我ながら感心いたします(笑)


前半部は準備したテキストに沿って、iPadと仲良くなってもらいました。ところどころ出てくる裏技にも必死で、、いや、楽しんで操作されていました。


そして、後半は鉄は熱いうちに打て!!
と言わんばかりに、復習レッスン。
それぞれ、「プロフィール」というスライドを作っていただき、プロジェクターがせっかくあるのでそれぞれのiPadをつないでプレゼンしてもらいました。




20分くらいで作ってもらったプロフィールスライドなのですが、よくまとまっていて、きれいで、しかも「先生!わからないんですけどぉ~」という質問もほとんどなく、素晴らしいものが出来上がっていました。


パワーポイントはもともとワードができる方なら、なんとなくでも触れてしまう難しくないソフトです。
昨年マイクロソフトのパワーポイントがiosアプリとして誕生し、Windowsパソコンのワード、エクセル、パワーポイントとiPad、iPhoneの連携が非常に簡単で楽しくなりました。

パワーポイントで何ができるのかをざっくりと知れば、あとは自己流でもいろんなものが作れてしまいます。
プレゼン、
プロモーション動画
チラシ
ポスター

販促ツールがパワーポイントひとつあれば、自分で楽しんで作れてしまう。
そんなソフトです。

なので、タブレットの購入相談を受けたときには、アンドロイドタブレットではなく、iPadにしなさいと強くおすすめしています。
アンドロイドタブレットより少々お値段ははるかもしれませんが、その快適さは比べ物にならないと思っています。


ということで、ITオンチもカッコよく!iPadお勉強会~パワーポイント編~は①②③シリーズくらいで各所で今後開催していきたいと思っていますので、ぜひ、一度受講して、かっこよく仕事するかっこよい女性になってください♪

動画編集。
パソコンと連携させるエクセル。
画像編集、加工などいろいろ開催予定です。

予定外だけど。

昨日連休明けから、見積もり数件、企画書1件と近日中が締め切りの仕事があった。
スケジュール帳を見ると、いっぱいやん。。

これは、時間外でやらないといかんな。

と覚悟していた。
個人事業主に時間外なんてものは存在しないのだけど、一日パソコンにさらされている目の保護のため、暗くなってからは極力仕事をしないようにしている。
というか、夜は字が見えないのである。

そんなこんなで、それでも、時間がないならその時間を使うしかない。
と覚悟を決めたのである。


覚悟を決めていたら、本日なんだか知らない間に午前中の時間がごっそりと空いた。
諸事情いろいろなんだけど、空いた。

ということでブログも書かず、フェイスブックも見ず、せっせと見積書と企画書をやっつけた。







で、できた。




いやん、さすが♪


こういうことは、夜にやるとあまりよろしくない。
午前中にやるとあっという間の片付く仕事が、夜にやるとなんだかモタモタして時間を食いつぶす。
食いつぶされた時間はそのまま明日のエネルギーを奪う。

そんな効率の悪い仕事はしたくない。
だいたい、息子たちが8時ごろすべていなくなるので、洗濯を干し、丸く掃除をすませ、パソコンに向かうのが日課だ。
だいたい8:30ごろ。

朝一のお客様は10時なので、出張の場合は9時すぎからそわそわしだし。集中しないといけない仕事は避ける。だいたい自分がやらないといけない仕事の時間の見積もりは感覚でわかるので、その時間がとれるスキマはどこかスケジュール帳をにらめっこし、「やる時間」を決める。

出張ではなくスカイプレッスンの時は9時40分くらいまでパソコン作業ができると見積もり、1時間あると結構何でもできてしまう。
ブログもかけてしまう。

時間はどこにでもある。




さて、午前中すっきりと気になっていた仕事が全部片付いたので、午後からの準備をサクッとして出張レッスンに出かけます♪


信用を。


こういう封筒。
印刷された封筒で手紙がやってくると、へーっちゃんとしてるな。
って思われると思ってやっている。

おかげさまでパソコンの技術が多少なりともあるので、wordでサクッとできちゃいます。
いいでしょ?(笑)

オフィス2007以降封筒印刷はとっても楽になりました。
昔は印刷設定で180℃回転!なんてのを選ばないと封筒がプリンターの中でモタモタになって大変なことになりましたけどね。
いい時代になったものです。

ところで、
名刺、封筒印刷、請求書や領収書など、ある程度の身分相応のデザインというものがありますが、どういうお客様層とお付き合いしたいのか一度ちゃんと考えておいたらよいです。

自分のお仕事の内容とお客様の層に見合ったものをさりげなく使う。
センスのいいマナーだと思います。



最近名刺交換をよくいたしますが、しかもとても多い確率で女子といたしますが、たぶん印象付けしようと思って奇をてらったデザインを選んでいるのだと思われますが、あまりにもキラキラすぎたりいたしますと、「遊びでやってんのかな?」と見てしまいます。

また、ホームページもしかり。
持っていると、「お!頑張っていらっしゃるんだな」と思います。

そして、どちらにも言えるのが「信用」できるかできないか。です。



こんなことで。
と思われるかもしれませんが、どこに価値を置いて仕事をしているのかというところを意外と人は見ているものです。




そういえば、先日とある通販のチラシをいただきまして、ちょっと興味があったものだからホームページのQRコードからアクセスしてみたんです。
そしたら、存在していません。的なメッセージが。
???
と思って今度はURLを直接入力してみたり、検索キーワードでいくも同じことに。

一気に不信感がつのりました。
そして、極めつけその通販のチラシの裏にはそのままFAXで注文できるように、カード番号を記入するようになっているのです。セキュリティコードまで記入するのになっているのです。

ちょちょちょちょちょ。
それ記入してFAXして流したらそれ受け取った人、どこのサイトでも買い物できちゃうじゃん。

しかも

ホームページが存在していない会社だぜよ。



なんだか、きな臭い。


って思われても仕方ありませんよね。
私的にすごく不信感を抱いたのでそのチラシをいただいた方にその旨お伝えし、せめてホームページが出来上がるまでお友達にこのチラシを渡さないほうがよいですよ。と忠告いたしました。

テキスト作るのって超~~面倒~~~

パソコンやタブレット、スマホ関連のテキストやマニュアルを作るのはとてもめんどくさいです。
「画面キャプチャー」というのを駆使して手順がわかりやすいように作ろうとすると、操作をいちいち全部やりながら都度都度キャプチャーして保存して・・・

やり始めてのってくるとそんなものなんですが、やるぞ!とエンジンがなかなかかかりません。

なので、市販のテキストがあれば迷わずそっちを使います。
特にFOM出版のものはわかりやすく、おすすめです。

ただ、パソコンのテキストはバージョンが変わらない限り2~3年は使用できるのですが、タブレットやスマホのテキストは日々進化を遂げるので市販のテキストの情報では古すぎて使い物にならないことが多いのです。

てことは、

「ITオンチもカッコよく!iPadお勉強会~パワーポイント編~」
なんてセミナーを立ち上げちゃったってことはテキストを作らないといけない。

ということになるのであります。
当初、テキストを作ることを教えながらセミナーをするって形にしようと思いましたが、いきなりハードルが高すぎかな。。


と重い腰を上げて作りました。

セミナーにご参加の方には無料で差し上げます(今のところ)


7月21日(火)14:00~
金沢市木越町のさんさんごごさんで「iPadお勉強会~パワーポイント編~」やります♪
https://www.facebook.com/events/973158319371708/

お家大好きっ子。

夢を見ました。

白のスカートを誰かわからないけど「かわいいかわいい」と言ってすすめているのです。
そのスカートの下にはくペチコートはこれでもかというくらい何重にも重なったフリルでスカートを膨らませています。

あれは、ホントは自分が着たかったんだろうか?


7月前半も駆け抜けてきたので、この3連休はのんびりすることに決めました。ダラダラダラダラ過ごします。


海にも行ってみたいけど、暑いしなあ。クーラーを程よく入れて、ネットテレビでも見ようか。ギャオをテレビ映してみようか。どっちにしてもダラダラダラダラには変わりなし。

ベランダで焼肉。
夏至を過ぎてしまうと夜19時をまわるとどんどん暗くなって焼き加減が怪しくなります。
ふと思いついて、USBで繋ぐLEDランプをセットしたら、鉄板を明るく照らし出してくれました。

これで、今年の夏は、ベランダビアガーデンが決定しました♪

いちいち反応して右往左往しない。

起業するのは簡単だけど、経営者になるのは難しいな。
と感じる今日この頃。

自分の趣味や得意なことでお金を得ようと起業を企て実行するのはそんなに難しくありません。
多少のお金と度胸があればできてしまいます。
別に税務署に行って開業届を出さなくても、「やります」と言った時点でオーナーです。


さて、起業すると言ったとたんに、いろんな人がいろんなことを言ってきます。
「そんなことで大丈夫なのか?」
「○○を紹介してあげよう」
「こんなことをしたらいいんじゃない?」

事業計画というか、未来設計がしっかりとできている人は多少まわりから言われても動じません。
「ありがとう」と受け取ってそのあとそれが必要なのか必要でないのか見極めます。

ところが、起業することが目的で未来設計なんて何もない人たちが起業を目指すと、周りのいろんな言葉に右往左往します。
そして、
「大丈夫なのか?」と言われたから大丈夫じゃない気がしてきたり
「紹介してあげよう」と会わせてもらったのに何も言ってこないと悶々としたり
「いいじゃない?」と言われてやったのにあえばまた違うことを言われてとまどったり

ぐらぐら状態になってしまいます。



別に悪意を持ってそんなことを言ってくるのではなく、

相手が一般のサラリーマンしかしたことない人ならば、無責任に心配しているだけだし
長年経営者で年商何億の社長からみれば子どものお遊びのように見えているだけだし
主婦友達は自分の夢を重ねて好き勝手いっているだけだし

それをいちいち反応して喜んだり泣いたりしていてもしょうがないのです。


自分が何を目指し、
誰の幸せを願い、
何を売りたいのか。

手の中にものがあるから商売でお金をいただけるのではなく、
自分の魂を注ぐから商売が成り立つのだと気が付くことです。



そしたら、
「大丈夫なのか?」と言われても、「紹介してあげよう」と言われても、「いいんじゃない?」と言われても、「YES」か「NO」をはっきりとお伝えすることができるのです。



マンツーマンで教室をしていますと、講義内容以外のお話しがポロリとでてきて先に進まないことがあります。時にはどうしてよいかわからなくなって泣き出す方もいらっしゃいます。
でもね、
起業するってことは、自分で決めていくことを決めたってことだと私は思うのです。
のるかそるか。
進むのも、やめるのも決めるのは自分なんです。

どんなにえらい先生にアドバイスをもらったとしても、たとえば友達に慰めてもらえたとしても、決めるのは自分なんです。



「迷ってますか?だったら今ならやめることができますよ。道を変えることもできますよ。どうしますか?」

支離滅裂になっていく受講生の方にはそうやって聞きます。
怒ったり、泣いたりしてしまう方もいらっしゃいますが、

私は受講生の先にいるお客様が満足し幸せになってもらってそして初めて目の前の受講生の方が目的を達成できることができると信じていますので、お客様予備軍でもない人たちのいうことでぐらぐらするようだったら今起業する時期ではないんじゃないか?と思ってしまいますし、お客様予備軍がそう言っているのだったら真摯に受け止めしっかりと考える必要があるんじゃないですか?と思います。
なので、いつ何時ぐらぐらしだしても迷わないように、私の授業では最初に「理想のお客様像」についてしっかりと確認していただきます。


「理想のお客様像」がはっきりとしたときの驚きの変化を感じたいと思いましたら
コトバオンチでもできる発信力講座で体験できますので、将来に不安を感じているのでしたら一度体験にいらしてください。


************************************

7月31日(金)13時半~ コトバオンチでもできる発信力講座ビギナーズレッスン

発信力講座の個別レッスンは随時ご予約承り中です(3H20,000円(税別))

こんどこそ自分でつくる!と決めた方のためのレッスン道場

メンテナンス

人も機会もメンテをしてあげると、スッキリ動くようになるのは、知ってても、なんだかんだと言い訳して後回しにしている。

今日は思い切ってiPad miniをメンテナンス。なんだか動きが悪いのが気になっていた、来週にはiPadのお勉強会を開くというのにこれじゃこまる。

で。リカバリーすることにした。
初期設定からやり直し、各種パスワードやらを入れまくらないといけないしそれが面倒なんだよね。
でも、サクサクセミナーやりたい!って思うからがんばるのさ。

作業もそうだけど、この作業をする時間を作って。

やりたいばっかじゃ始まらないのが仕事。時間をどう作るか。それに尽きると思っている。



それから、「考える」という時間も大事な仕事のうちだし、「準備」も大事な仕事のうちだし。

動き回っているからと仕事してる気になって忙しい忙しい言うてませんか?



仕事は全力投球、プライベートはいんぎらっと♪

毎日セミナーとホームページ作成塾に飛び回っていますが、
何かをやろうとしている人たちって楽しいですね。

みなさんの変化の時に立ち会っているわけですが、
悩む人、能天気な人、神経質な人、勤勉な人、慎重な人
いろんなタイプがいますね。


私はどのタイプなんだろう?
心配性な能天気。
かなあ。

変なの。



自分で決めて自分で試してみたかった。

これが私の独立したい動機だったわけですが、
これでいいのかわるいのかもわからんでね。



昨日はカウンセラーカレッジ石川さまで「コトバオンチでもできる発信力講座」でした。
カウンセラーカレッジ石川さまの受講生の方々と外部から募集し参加者の方を交えてでしたが、
半信半疑ながらも一生懸命ワークに取り組んだ方々は次々と
「え~~~!!すごい!!文章の達人みたい!!」
と自画自賛し、周りの方々からも「すごいすごい!!」と大絶賛を浴びていらっしゃいました。

私のワークもだんだん手馴れてきた。。コホン、グレードアップしてきたので、
最初と最後の変化に気が付きやすくなってきて、
その違いに皆さんがビックラ仰天しています。
そして、そういうみなさんを見ながら「せやろ、せやろ♪」と私は笑っているわけです。

変化を体験できるワークって楽しいですよ。
自分でいうのもなんですが、楽しいです。

ということで、昨日もこのセミナーをしながら数件次のセミナー依頼が入ってきていました。
と同時にホームページ作成塾の問い合わせも相次いでいます。


そして、とうとう会社の社員研修講師が実現します。


仕事は全力投球、プライベートはいんぎらっと♪
どっちも楽しくいきましょう~~!!

座って悩むな、歩いて悩もう♪

あいや~~~!!


ブログを描く時間がない。


といいながらブログをアップする矛盾。




今晩気が向いたらもう1本あげるかな。







本日は、金沢市 カウンセラーカレッジ石川さまで
コトバオンチでもできる発信力講座、ビギナーズレッスン、パーソナルレッスンで一日お邪魔します。





コンテンツを作るってすごく難しいことに思いますが、
一番いいコンテンツ作りは恐れず行動することにあると、最近つくづく思います。
最近再受講の方もでてきて、パワーアップしていかないといかんやろ!!と
いろいろ工夫しております。


アイディアは自分のためにあるんじゃない、目の前の人のまえにある。

吉田卓郎さんが、しのはらに言った言葉だそうですが、
うんだうんだ。
と大きくうなづいております。



いったいどれくらいできればいいのん??

最近の職安などの求人ってやっぱり

「Word、Excel」できるかた

って出ているんですかね?


これって、本当はある程度パソコンができる方って意味じゃないのかな?
と私は見ています。

特にExcelの表なんて、作った人の癖がでているのでExcel操作うんぬんよりも、その表になれるしかないのがほとんどです。
Wordは時として新規作成で文章を作らないといけないのかもしれませんが、それもそんなに難しいことを要求されることはめったにないと思います。

ただ、雇う側がパソコンについて詳しくないと、なんでもかんでも無茶ブリをしてキャパシティ以上のことをさせることになり、それがストレスとなっていくこともあります。



でも、まあ、いまどきパソコンくらいはできていた方がよいですよね。

メールの送受信ができる
メールにファイル(画像、データー)を添付できる
メールに添付されてきたファイルを開け、保存できる

インターネット検索ができる

文字が打てる

文字列の中央ぞろえなど書式設定がある程度できる

Excelの罫線が引ける
Excelの列幅行の高さの変更ができる
SUM関数くらいは使える(その概念がわかっている)

くらいできれば、じゃまにならない程度のスキルがあるとみていいんじゃないかな?
と思います。


さて、これくらいできればいいと言われてもスキルチェックをどうやってすればよいか???
ですよね。


というご相談を先日受け、今日はその会社へIT相談で訪問します。
「できます!」って言ってね入ってきたのはいいけど、な~~~~んにもできない!というのがよくあってね、なんとかスキルチェックをしないと後々困ってしまって。


別にパソコンスキルで落とそうと思っているわけではありません。
スキルを見定めて適材の仕事をさせたいと思っていらっしゃるようです。

就職をお考えの方々へ
資格を持っていればできるのか?ってことです。
パソコンスキルほど取得しただけの資格が役に立たないものはありません。
もちろん基本は知っていてほしいのですが、基本があれば十分です。

あとは、就職先に慣れ、かわいがられ、重宝がられるように、素直に好奇心をもって就職した後に勉強を重ねることです。


完全武装で挑んでも、そんな武器何に使うの?
って言われないようにね。

昨日から、むちゃくちゃ暑いですね。。やたらとスイカがおいしそうに見えます。身体冷えすぎないように注意しなくちゃね。

っていいながら、やってないんでよね~私。

セミナーなどに参加しますと、アンケート用紙への記入をお願いされることがありますよね。
早く帰りたいのに面倒だなと正直思うこともあります。


ただ、ちょっと思うことがあるんです。
最近ではフェイスブックなどで「タグ付け」などをされてそのセミナーに参加したことがいろんな人に見えてしまうことがあります。
しっかりとした会では「タグ付け、写真投稿大丈夫ですか?」と初めにお断りしていただけるのですが、断りもなくタグ付けされたり、嫌とは断られない雰囲気で集合写真を撮られたりちょっと困惑してしまう時もあります。


で、ですね。アンケートの話なのですが、こうやってこっそり参加することもままならなくなった昨今、私は自分が受講したセミナーの主催者やら講師の先生には今後ますますご発展していただかないと困るのです。
「私はあのセミナーを受講したことがあるんですよ♪」
と鼻高々(ココダイジ)と自慢したいからです。

数か月たって、あの講師やめてバイトしているらしいよ。
なんてのは、困るんです。

そういった意味でアンケートにきちんと答えてその会のご盛栄を願うことはゆくゆくは未来の自分のためでもあると思っています。


そう考えますと、アンケートを収集する方も、参加者の方にきちんと意見を言ってもらえるようなアンケート内容にしておかないといけません。


どうでもいいアンケートを渡されたら、それこそ時間の無駄やん。って思いますもの。




ずいぶん前になりますが、半年かけて参加した経営セミナーがありまして、私はそこで「一点突破」という戦略だとか「さもありなん」という世界観を学ぶことができました。
その塾ではおかげさまで表彰までされ、内心頑張らねば!と思って頑張っていた時だったのでうれしかったです。
そして、アンケート。
なんでも書いてくださいと言われても、半年も交わった場。
表彰までされて「ありがとうございました!!」で終わろうかとも思ったのですが、なんとなくひっかかる物足りなさも感じていて、この塾にもっと深みが出たら私はこの塾の卒業生であることがもっと誇りに思えるのになと思い、意を決して、こういう部分を改善してほしいとお伝えしました。

私だったら、、、こんなアンケートの答えが返ってきたら、ありがたい!なんて思う前に、ショックだったり、くそ~~~っ!!って思ったりするだろうな、、と思うのにお伝えしたんです。

その数か月後、改善しました!とドカンと物が送られてきたときには、おおおおおおおさすが!
と思いました。


その時私の頭の中にはこの会をぶっ潰してやろうなんてことはみじんも思ってなかったんです。この会がますます繁栄してもらわんと困る!この会に参加した方や先生方が未来ずっと笑顔で頑張っていらっしゃるそんな姿しか思い浮かばなかったんです。


そういう、思いって通じると信じています。
私がコトバオンチでもできる発信力講座やターゲット設定講座でお話ししているペルソナの笑顔をしっかりとイメージできていれば、たとえ「感動しました!」というありきたりの感想ではないものがそこにあったとしても、結果は「笑顔」になるのです。(言い切っちゃいます)


ただ、お伝えする場は配慮しないといけないです。
みんながいる前でお伝えして講師をこき下ろすようなことになっては本末転倒ですから。。




受け取った側も、クレームなのか応援なのか。
見極める力というか、余裕は必要ですね。

まだまだ、挑戦し続けたい!!です♪

セミナーいってくるね♪

なんだか、夏っぽい日が昨日から続いてますね。
マンションというのは風がよく入ってきまして、たぶん地上よりはずいぶん涼しいのだと思います。
買い物に行こうと下に降りますと

「げ!!夏じゃん!!」

と叫んでしまいました。
どれくらいの温度差があるのだろう??
体感では5度は違うような気がしますが。



今日は午後から女性起業家のみなさんに向けてセミナーです。
最近、起業家支援って多いですよね。



さて、今日は「ターゲット設定」についてのセミナーです。
こう見えて私もバリバリの女性脳なので、難しいことは嫌いで、ターゲットとかマーケティングとか聞いただけで「よくわかんな~~~~いい」でした。
でも、ここがぼやけているとすべてがぼやけちゃうんですよね。

どの本を読んでも、どのセミナーに出ても「ターゲットの絞り込み」というような言葉がでてきました。
はいはい。わかったから、だからターゲットを絞り込む方法を教えてよ!!
と心の中で叫びながらいました。

だって、20代からシニアまで男でも女でも誰にでも教えられる自信があったんですもの。
「パソコンが苦手な人」ってちゃんと絞れてるじゃないの、なんでこれじゃだめなわけ???

てやってました。
でも、そんな風に思いながら商売を続けていますと、だんだん見えてきました。

この人を教えていると楽しいな。
今日はあの人が来るんだな緊張するな。
とか、「あれ?」と思う感情に気が付くのです。

「あれ?あれれれれれれ?」


ちょっとまって、ちょっとまって、あれれれれれ?



で、今にいたる。



さて、あっつい日になりそうですが、楽しんでまいりましょう~~海開きはしたのかな?


応援される人♪

過去の仕事を今みると、なんだか初々しくって懐かしいというよりも気恥ずかしさが先に立つ。

3年前に作ったフライヤーの再構成の依頼が来た。

たぶん、町家の前のシナジースペースに教室があったころだったと記憶しているけど、けっこうあいまいな記憶に過去の売り上げ台帳を開いてみたら、
2012年4月24日に入金とあった。

ということは、3年前やっぱりシナジースペースにいたころだ。




あぽじらのデザイナーみかんちゃんに、私のもつ「HANAYAかれん」のイメージを身振り手振りで伝えて形にしてもらった。
かれんさんにとても喜んでいただけて、うれしかった。
そして、こうやってお仕事をくださるということは、応援されているということだと、やっと少し商売の根っこが肌で感じられた。


あのころの私も今の私も、まるで天から降りてくるような、インスピレーションは変わらないのだけど、それを、身振り手振りで一生懸命お伝えして相手にイメージを伝えていたあの頃と今は表現の仕方が変わった。

同じように自分の中のイメージは相変わらずあふれるように湧いてくる。
そのイメージがはたしてお客様のイメージと合致するのか。
そこの確かめるすべが今はツールとなって私の元にある。


HANAYAかれんのオーナーかおりさんも私と同様直感型の人間。走り出すととまらなくなる。

今回3年ぶりにフライヤーの更新のご依頼をいただき、やっぱり3年前と同じものを作ったのじゃ私が面白くない。
おりしもかおりさんも新しい事業を始めて頭の中が少々コンサツしているようにもみえた。


そこで、「コトバオンチでもできる発信力」の個別レッスンを受講していただくことにした。
マンツーマンでみっちり。

誰に向かって訴求したいの?
その誰とはだれなの?
その人はどんな人?
その人にどんな気分になってほしい?
その人にかれんと出会ってどうなってほしい?

でてきた答えに再度問う

それはどんな感じの?
それはどういった意味で?
それは、本当にこの人のこと?

だんだんとかおりさんの顔がキラッキラッとひらめき顔になっていく。

そして、なおも問う。

心にひっかかっている心配事は何?





あ、けっしてこんな風な質問の仕方はしてませんよ。
こんな風に裏では引き出せるようになってますが、私も受講生の方も自然とこの思考をたどれるツールに従って進んでいるだけ。



コトバオンチでもできる発信力を受けていただくと、そこに必要な情報もはっきりと見えてくる。
どんな言葉が必要で
どんな写真が必要で
だからどれくらいの時間が必要で

そして、次回までの宿題がでる。




私の授業に宿題はつきものだ。
それは、「やろう!」と上がったテンションを下げないためでもあり、ご自身がかかわったというエネルギーを成果物に注ぎたいと願うからだ。
少々きついこともあると思う。
日々の仕事の中でプラスされるのだから。

でも、多くの方はわかっている。子供じゃあるまいし誰のための宿題なのかが。
そして、期日をきられないとなかなか手を付けようとしないことも。

夏休みの宿題のように。

夏休み前に宿題をしてしまう。
7月中にしてしまう。
お盆までにしてしまう。

お盆を超えたらたいていの人は夏休み最終日に泣きながらやったのじゃないだろうか?

そういえば、夏休みの宿題をやってこない というクラスメートが毎回いた。
私はなぜそんなだいそれたことができるのか理解できなかった。
たぶん、根が真面目なんだと思う(自分でいうのもなんだけど)

そして、そんな人の言い訳を聞くのが楽しみだった。
へ~~~~!!へ~~~~!!今度絶対使ってみよう!!と。

で、のちのち両親にこっぴどく怒られた記憶がトラウマになり・・・・・・





あ、また話がそれてしもた。

ということで、かおりさんにもなんだかいっぱい宿題を出したようなきがいたしますが、新規オープンのコミュニティースペースもろもろでお忙しいでしょうが、

いつやるの?今でしょ♪

で、一気にやっちゃいましょう~~
たぶん、かおりさんの関係者各位にもご協力いただかないといけないこともでてくるんじゃないかと思われますが、どうぞどうぞHANAYAかれんを応援しようじゃありませんか!!


ということで、カレンズクラブでの「コトバオンチでもできる発信力講座~ビギナーズレッスン~」のお知らせはこちら。
https://www.facebook.com/events/100920263590326/

もしもぉ~~~わたしがぁ~~

フェイスブックや、ブログを描くときに、だれか一人を思い浮かべて、その人に向かって描いたらいいよ。

と常日頃お客様には申し上げていますが、

じゃ、どこまで思い浮かべるのか?


もしも私が家を建てたなら
小さな家を建てたでしょう
大きな窓と小さなドアーと
部屋には古い暖炉があるのよ
真赤なバラと白いパンジ.


これは、小坂明子の「あなた」の歌詞です。


これくらい、いや、もっと想像していいです。
この歌の場合は、すでに絵や映像になってその情景が流れたのを目にしたりしているので、今更大きな窓が二重サッシで天井から床まである2軒分の。。。とか、小さなドアが不思議の国のアリスのうさぎが通ったような小さなドア。
なんてことは思わないと思いますが、

なんとなく、草原のようなところにぽつんと建っていて、白い壁のおうちで、周りには木で柵がしてあって、そして、子犬が飛び跳ねていて、、


そう、ハイジのおじいさんの家を白く塗って、くれよんしんちゃん家のシロが飛び跳ねて・・・・



とまあ、妄想の世界ですけど、一人のだれかでストーリーが出来ちゃうくらい考えると発信の内容はよりわかりやすくなぜか多くの人に共感を得ます。




っていいながら、今日は試しにだれ~~~~~~のことも思い浮かべずに書いてます。
昨日、2時50分くらいに目が覚めてそこから2時間くらい眠れなくなり、やっとうとうとしたと思ったら朝が来たという頭では妄想は難しいです。
朝から頭がキトキトに動いている状態もいいのか?って言われると、副交感神経優位すぎてしんどかったんじゃないか?なんて。


ほらね、ほらほら、だれかひとりに絞ってないと、話があっちゃこっちゃに行くわけよ。
「この人、だから何がいいたい??」
って思いません??

で、どこにむかってかいているの?
で、どんなメッセージがあるの?
で、読んだ私はこれを読んでどうすればいいの?
で、悩んでいる私の思いは解決してくの?
なんか、最後までもういいわ最後まで読まないでいいわ
なんか、筆者らしくないわ今日
ほんで、いったいこのさきどうなっていくのかもわからんし

など、なんだか、悶々、げんなり、あいまい、あやふや~~しら~~~とした感じになっちゃうのであります。





じゃ、ちょっとあの人を思い浮かべて。



ちょっと反省な日が続いています。
個別に私のゴール設定を決めて、だからどうする?とやらなければいけなかったところを、ゴールは一つだ!!さああの夕日に向かって走るわよ!!


てな、ことになってました。

もしかしたら、ゴールがあいまいなまま、誰かひとりの誰かを無理やり想定していたのかもしれない。

おしゃれな品のいいテーブルに、おいしいコーヒーがあって、白いラフなブラウスに綿のさらりとしたパンツをはいて、おしゃれなニューヨークの雑誌を横におきながら、鼻歌まじりに仕事なのか趣味なのかとにかくすべてが楽しそうにタブレットを見て今日のブログをアップしている女性。

そして、彼女の今日の朝一の予定は、私との授業。

あ、、すいません、このへんでブログ描くのやめて、妄想の世界に入ります。

今日もいい日でありますように。私も、みなさまも。

チョ~よくばり。

お題が来るということはありがたいです。

普段やらなくちゃやらなくちゃと思って、思っていながらできないやらない言い訳を探していることをちゃっちゃとやらせてもらえます。
昨日は、新しいセミナーを事前にお知らせしたいので「チラシ」ください。
というお題がやってきました。

うひょ~~
どうする?どうする?
この間フェイスブックのイベントページに上げたのはどんな内容にしたっけ?


・・・・・・

これは、チラシにはならない。


ということで、そこから一日パワーポイントを開きっぱなしでスキマ時間で作りました。


と、とりあえずできた。出張可能なセミナーと、今イチオシのレッスンが一目瞭然のヨクバリなチラシが(笑)

ちょっとランニングコストを考えすぎてしろ~~いイメージで、色あるわりに寒々しいかな。。んで、色も使いすぎだな。

今日もう一回向き合ってみるか。


チラシなんかは、自分で作るときは60点でよしとしていいと思っています。
とにかく作ってみる。形にして反応をみて直せばいい。
それが自分で作る良さ。

いつでもひっこめる勇気。

チラシに限らず商売をしていたら一番忘れてはいけない勇気なような気がするな。

自分の発信で自分の首を絞めていませんか?

高速バスに久しぶりにのりました。
高速バスといえば、東京や大阪やと都会に行くときに利用するものだと思っていて、近場に利用するなんて考えたことがなかったのですが、快適だという話を伺い、それなら一回試してみることにしました。

行先は富山。

約1時間の旅。

バスに乗った、ちょっとスマホでフェイスブックをチェック。。。したかしないうちに、、金沢駅から北陸道東金沢インターにのった記憶があるかないかの微妙なところで寝てました。
ぐっすりと。

遠出の運転が好きではないのでこれは助かります。
しかも、車でいけば片道1590円の高速料金ですが、バス代は片道930円。
メールのチェックや仕事のチェックをしながら移動できしかも安いとは便利です。

ま、私の場合行きも帰りも寝てましたけど。

で、昨日はコトバオンチでもできる発信力講座in富山4回目の開催となりました。


発信するときに悩むのはなぜかわかりますか?
何をどうすれば悩まず恐れず文章や言葉を発信することができると思いますか?
そもそもあなたのその発信はそれでよいですか?

すでに、100人以上の方を受講生に迎えましたが、つまづいている人の100%と言っても過言でない原因は一つです。

「ペルソナ」いわゆる「ターゲット」いわゆる、お客様像がぼんやりしているということ。

そして、多くの人は自分のお客様像がぼんやりしているとは思っていません。ターゲットは絞り込んでいると信じています。


そして、女性の多くはターゲットの絞り込みをどこから取り掛かればよいのかわかっていません。

なぜか?

絞った先の世界観が見えていないからです。





ターゲットの絞り込みは、大げさですがゆくゆくは自分自身の生き方の絞り込みになってきます。
シンプルにシンプルになって、気持ちが軽くなります。

もしも、困難であると思われることがやってきても、それが「学び」という目線に変化します。


昨日は富山のカリスマレディたちがタイミングで集まり、にぎやかにレッスンが進みました。


ほんとはね、時間をとって客観的に見つめなおす時間があれば私のレッスンなんてなくてもいいのかもしれない。でも、その時間をとるということがなかなかできないのだよね。私も含め。

目的が明確になるからこそ時間が生まれ、その時間がまた未来の時間を産む。

その未来を手に入れるため「今」自身の発信がこれでよいのか立ち止まって見つめなおす機会になれば。

そんなことを思いながら、発信力講座を開催しています。


今月は15日に金沢八日市のカウンセラーカレッジ石川様でも開催します。
だれでも参加可能なので気になる方はチェックしてください。





そして、今日は気づきのヒントをひとつ。
ブログやFBで「コメント」や「いいね!」の数が多いからと一生懸命コメントをくれるひとたちいいねをくれる人たちに向かって発信していませんか?
その方たちはどんな人たちですか?

一瞬だけ冷静になって考えてみてください。

相手は
「わ~便利な情報をくれる便利な人、ラッキー♪」
「へー、こんな情報を知っている人と会ってお話ししたいわ~」
「この人が気に入った。この人のサービスを受けたい!」

さてどのタイプの人が多いでしょうか?

アクセス数も、コメントもいいねも集めればいいというものでもありません。
お友達が増えすぎて返って息がしづらくなる場合もあります。

自分の発信は何のためにやっているのか。
今一度確かめてみてくださいね。

しゃしゃしゃ~~とセミナーするげん。

前々から気になっていたアップルTVちゅうもんを、ほしいな~やっぱりいるな~~と思っていた矢先友人が見せてあげる♪というので、見せてもらったら、こりゃ~~買いだな。と。

アップルさんちゅうのは、箱からしてかっこいいよね。

HDMIケーブルが別売りとしらず、やっほ~~~い!!と箱を開けて気が付き、ちょっとへこむ。
が、うちにはゲーマーがいるので、アクティベートにだけ借りる。
「うぃできんじ」
「なん、ちょっとの間やて」

「♪」

テレビにつないで、Wi-Fiにつないでちょいちょいちょい。で、iPhone6につないで。。。。

なんじゃらよくわからないだろうけど、テレビに私のiPhoneの画面が出た!!のをiPhoneで写メってみた。



そんなに安くもないけど、そんなに高くもないのに、なぜ今まで買わなかったんだろうか?
iPhoneやiPadでパソコン持たずにセミナーが前々からやりたかったのに。

たぶん、家では次男が一番喜びそうな。スノボやスケボーに行っては動画で撮って研究している彼に見せたら、きっと「ちょっと見てみて!」とiPhoneで撮った動画を見せられるにちがいない。



ということで、新兵器を手にしてちょっとテンションがあがった今週のスタート。

今日は富山出張です。

気持ちのいい仕事。

町屋を出て早3カ月。
以前も自由だと思って仕事をしていたけど、あの頃とは比べものにならない自由がある。

潤いのある自由。

こんな、景色を眺めながら、仕事兼、遊び兼、仕事。

ええ眺めじゃのう。

お茶に濁し。

今ほしいもの。

iPadのセルラーモデルの新しいのん。
アップルTV
ちょっとかっこいいバッグ
私の足にあった靴
機内持ち込みのキャリアケース

あと二日で七夕。
この物欲の塊なお願いじゃ夢がないか。

ということで、アマゾンでポチっとしたもの数点。



それでも、以前よりは必要だと思うものは少なくなった。
物を持つほど煩わしく感じるようになった。

物よりも記憶に投資しよう。
もうどこにだっていけるのだから。



って、日曜日につき、な~~~~んの意味もないブログをあげてお茶を濁す。。

薄口しょうゆとホームページ作り

茶わん蒸しを作ろうと思ってクックパッドを見たら、調味料に「薄口しょうゆ」って書いてある。
ほかの材料はあるのに「薄口しょうゆ」だけがない。

この時に

①薄口しょうゆがないから茶わん蒸しをあきらめる
②薄口しょうゆを買いに行く
③薄口しょうゆの代用で作る

といった選択肢があるかと思います。


①の人はまあそんなに茶わん蒸しが食べたいわけじゃなかったんでしょうね。と思います。
②の人はあら~~真面目ね~と思います。
③は私です。

茶わん蒸しなんてめんどくさい割にお腹の足しにもならないものを食べたいと思ったら食べないと作らないと気が済まないんです。思った時に作らないとこの先3年作らないかもしれないし(笑)


で、薄口しょうゆがないなら、風味が付く程度の普通のお醤油とお塩で作っちゃいます。


薄口しょうゆの性質というか特徴を知っていれば、薄口しょうゆが薄口ではないことを知っていますし、濃口しょうゆより塩分が高いということも知っています。
また、塩だけでは風味がものたりないことも。


30年も前に2年間だけ勉強した食物栄養や加工栄養や食品衛生や。一度も栄養士として働いたことはないのですがこの30年根っこにしっかりとあってあちこちで役立ってきました。
また根っからの食いしん坊という性格も。

料理も○○を作るという目的があって初めてプロセスが生まれます。
目的達成のために代用品を使おうが、買いに行こうがそれはその人の自由です。

ただ言いたいのは、茶わん蒸しを作るだけに買ってきた薄口しょうゆは、そのあとほかの料理に活用することがあなたにできますか?
ということです。


パソコンという便利なものがあります。便利だという思い込みからソフトさえもてば目的が達成すると思っている方をたくさん見てきました。
そのほとんどが、それくらいのことをするのにその高価なソフト必要でしたか?
というものでした。もったいない。。
「○○がないと××ができない」という思考にいる人は、おうおうにして無駄なお金を使っていることが多いです。料理にしてもパソコンにしても。

買ってきた薄口しょうゆをせめて8分目、、6分目でもいいから使おうと他のレシピに挑戦する気持ちがあるかないか。そこんところを自問自答して時には「工夫」してのりきることもいいんじゃないか?と思っています。
まあ、私の人生ほとんど「工夫」だったような気がしますが。


ホームページの中にちょっとイラストがあるとページが和みます。
ペイントというソフトがWindowsには入っていますが、それでは限界がある。
もっと、それらしく描きたい!なんて思ってついイラストレーターを買っちゃった。

あ~~あ。

です。

一昔前なら、それしか選択肢がなかったかもしれません。
が、今は


スケッチブックとボールペン(好きなペン)とスマホがあればちょっとした挿絵を載せることが可能です。

ITオンチでもできるホームページ作成塾の塾生さま。特定商取引なんていう小難しいページに取り組みました。内容はやっぱり小難しいことのオンパレードで塾生さんのテンションもあがりません。
でも、この方にはこのページが必要。

で、つらつらと二人でネットサーフィンをしながら他のお店がどうやって特定商取引のページを作っているかお勉強。
その中にボールペン画のような柔らかいイラストが。

「これ、いいね」

ちょっと思いついたので試しに聞いてみましたた
「ねえ、絵描くの好き?」

塾生さんは
「上手じゃないけどかけます♪」

まったく描けないと思っている人は冗談でも描けるなんて言わないので描けるんだと判断し、塾で使っているスケッチブックをおもむろに広げ

「これに描いてください。紙いっぱいに描いていただいてもいいし、小さい絵の方が描きやすかったら小さくてもよいです」

「へ~」

と塾生さんはあっというまにさらさらと楽しそうに描き出しました。
それが何をどうするのか最初はわかっていなかったと思うのですが、たぶん楽しいことが起こるんだと信じてくれて。

で、描きあがった絵をiPhoneでとって、iPhone で編集してそしてクラウドにあげてそしてパソコンでJimdoに載せる。


  • カメラで絵を撮ると紙がグレーに写ること。
  • 影が映りこまないように撮った方がいいこと。
  • 多少暗い場所でもiPhoneならきれいに撮れること。
  • iPhone の純正カメラアプリで加工が可能なこと。
  • クラウドやメールやメッセンジャーを使えばスマホとパソコンでファイルが共有できること。


その他もろもろ、スマホやパソコンの特性をちょっと知っているから可能だとひらめく。
たぶんこれが、私が教えるという仕事ではなかったら思いついていなかもしれない。

私の教室のポリシー

「今そこにあるもので何とかできないかまずは考える」
「それはこのお客様にとって今後も必要か不必要か考える」
「無料でもいらないものはいらない」

自分で、できる!
自分でも、できる!
自分で、できた!!

このワクワク感と、達成感を味わってもらいたい。

だから、自分でやりたい!!という方とお仕事をこれからもすることにする♪♪♪

自己チューな言葉

う~~~~~んん。

「せっかく」

という気持ちって、なんだか損な感情だな。
いや、はっきりいうなら、良い気持ちにならない感情だな。
って思うようになった。

せっかくだから、ググってみた。


  1.  いろいろの困難を排して事をするさま。無理をして。苦労して。わざわざ。「―来てくれたんだから、ゆっくりしていきなさい」「―のみやげを汽車の中に置き忘れた」
  2.  (「折角の」の形で、体言に続けて)滅多に得られない、恵まれた状況を大切に思う気持ちを表す。「―の休日だから、どこにも出かけたくない」「―の好機を逃がしてしまった」
  3.  全力を傾けて事をするさま。つとめて。せいぜい。手紙文などで用いる。「先生のお言葉を忘れずに、―勉学に励む覚悟です」
goo辞書(http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/124253/m0u/)

まず、困難な状況が前提なわけね。無理とか苦労とかネガティブな感情の元に沸き起こる言葉なのね。
恵まれた状況を大切に思う気持ちって、それって恵まれた状況を手放したくない!っていう執着にかんじちゃう。
全力を傾けてするさま。って「私ぃ全力でやってますぅ」ってアピールする気持ちってこと??



今日の私は病んでいる。。。。(笑)


「せっかく」っていっちゃったら、ちょっとまてちょっとまて、私はそれほど苦労しとるか?全力を傾けてるか??と疑わしい気持ちになるし
「せっかく」って言われたら、あなたの「せっかく」かもしれないけど私にも「せっかく」があるのよってなんか気持ちがはりあっちゃう。


あ。。そうか、
せっかくという言葉は、自己中心的な言葉なのかな?


せっかく の感情の反対語って何だろう?
おかげさま
諦め(手放しという意味の)

ありがとう

かな。


いや、、
せっかく、せっかくという言葉を使うのなら
せっかくに見合う、困難を排する事をやれば私の中ではOKか。


日本語のニュアンスというのは難しい。
日本語に限らず言葉というのは、話し手の感情はもちろんだが、聞き手の感情によっては話し手の思惑とは別の方向で受け取っている可能性がある。


せっかくなら、せっかくが「恩着せがましい」とか「配慮のない」言葉にならない心をもって使いたい。


空を写したら、また、何かが写りこむんじゃないか?と期待しながらわざわざ玄関の外にでて写真を撮ってみた。今日は宇宙人も慎重なようで姿が見えないままらしい。。。


あ、「わざわざ」って言葉もなんだか自己チューな言葉ね。(笑)

素人でもできるはずだよ「SEO対策」

「ホームページを作ったのに、お店の名前で検索してもひっかかってこないんです。」

ちょくちょくこういった質問をいただきます。
中には自作のホームページならいざ知らず、うん十万支払ったホームページでもこういうことが起こるらしいです。


私は、ホームページを作る=最低限のSEOは整えておく
というのが当たり前だと思ってきたので、作ったのに人の目に触れるところに出てこない。というのは不思議で仕方がありませんでした。

なぜ?なぜ?

まあ、それには原因がちゃんとあるんです。
とても簡単で、めんどくさい部分。
その部分が、抜けていたり、グーグルさんに嫌われるようなことをしていたり。

え!たったこれだけのことでですか?

とおっしゃいますが、そうこれだけのことだったりします。


あ、もう一つあった。
グーグルさんこっち向いて!!
ってちゃんとグーグルさんに言いましたか?ということととね。



どちらも難しくありません。
少しの時間をとって、ちゃんと向き合うと早ければ10日~2週間で検索にちゃんとひっかかってくるようになります。



 先月20日ごろに「ホームページを作ってもらって2か月もたつのに、店名を入れてもでてこない!!」というご相談があった某有名な飲食店。
Jimdoで制作されていましたが、SEO対策の設定がいいかげん。。
キーワードの羅列のオンパレードでたぶん、グーグルさんに嫌われてそうな気配。

以前のものをバッサリと切り捨て、スッキリ明快ポイント抑えてる!!というものに修正。


そのあと、グーグルさんこっち向いて!
の設定をしたのがその1週間後くらい。


で、昨日そろそろ何か変化が起きてるかな?
とお店の名前で検索。

ふふふ。
ちゃんと、グーグルさんのトップページに出てきてる♪
修正から10日。
こっち向いての設定から1週間。

上出来上出来♪


競合の多い業種で、これからが繁忙期というお店。
間に合ってよかったです!!


見た目のデザイン力ももちろん必要ですが、本当のホームページのデザインというのは裏の見えないところの仕組みのデザイン力だと私は思っています。また、その部分は日々進化して追いつくのも大変。

知識もないのに、(というか結構古いSEOの知識だと思われる)お金をとってホームページ制作をするセミプロが後をたちません。
そういうセミプロ(お金をもらって仕事をするからね)に出会ってしまった人は残念だけど、でも、もしそのホームページが自分で触れたら、、、そしたら、自分で勉強して直すことも可能になってきます。

ホームページが持つことが目的なのか
ホームページを持った先の集客が目的なのか
集客が目的ならば抑えるポイントは勉強しないといけないのであります。
それをコツコツ実行しては分析していく。
その積み重ねがあるかないかで
「ホームページを見てお客様がくるんです!!」
と言えるオーナになれるかどうかってことではないかと思います。




 ITオンチでもできるJimdoお勉強会7/21
7月21日(火)10:00~ Jimdoのお勉強会開催します。
今回は「2週間で検索上位も夢ではないホームページのおさえどころ」
と題してお勉強しましょう♪

UFO!USO!UWA!

デジカメやスマートフォンで撮った写真というのは、見えている写真の後ろにいろいろな情報が実は組み込まれています。

たとえば、撮った場所
たとえば、撮った日
たとえば、撮った時間

これらは、カメラやスマートフォンの設定で組み込まないという選択ができるのですが、撮影日はよほどやましいことがない限りはあった方が何かと後々便利なこともあると思います。


保存した写真の上で右クリック→プロパティ→詳細タブ で

とこのように、撮影日時を見ることができたりします。


まそれはよしとして。。。





昨日は富山でお世話になっている サムシングブルー代表 笹倉美紀さんと 半分忘年会ということでおっされなおフレンチをいただいてきました。
金沢市十三間町にあるフレンチレストラン クルール

目の前に犀川が広がる何とも金沢らしい立地で、笹倉さんがぜひ、犀川を背景に写真を撮ってほしいとおっしゃいました。
風景とともに写真を撮るときはカメラにグリッド線を表示させてその3分の1に被写体が入るように撮るとちょっとかっこよくなる。なんてことも試しつつ、ほとんど1,2秒の間隔で4枚の写真をとりました。







で、伊藤さんも♪とおっしゃるのでなんとなくポーズをとってみたり。。




で、お店に入り、お料理が来るまで談笑して、、談、、、していたら、笹倉さんが突然悲鳴を上げました。

????
ちょっとちょっとおしゃれな高級フレンチのお店でなんという声をあげなさるの~~~

と思っておりましたら、「この写真見て!!」
と先ほど店前で撮った写真を見せてくれました。

「???これがどし・・・・・・ええええええええ~~~~!!!!」




よ~~~~く見てみてください(すでに彼女がブログであっぷしているのでご存知の方もいると思いますが)


この4枚の写真はほとんど1、2秒の間隔で撮っています。笹倉さんのiPhoneでとりました。普通にとりました。




いいですか?準備はいいですか?





1秒前、1秒後の写真には写っていなかったこの物体は何??



み、未確認飛行物体????UFO???UFOなの???ねえ、UFOなの~~~!!



家に帰って息子たちに見せましたら、次男三男は「すっげ~~~!!」といい
長男は「虫でもうつりこんだんじゃないの?」といい。


でも、でもさ~~虫って。。。

笹倉さんからいただいた写真はフェイスブックのメッセンジャー経由だったのでサイズが小さく、元の画像データーを送ってもらってフォトショップで拡大してみたりして見てみようかと。



とうとう、UFOまで呼べる体になってしもたか。。。(笑)