おばあちゃんにはまだ20年もあるよ。

facebookを見ていたら、東京に住む妹が久しぶりにしていた。
投稿されていた写真には姪っ子①と姪っ子②がリビングで浮き輪をかぶってはしゃいでいるうなものが写っていた。

海に行ったつもり♪

とはしゃいでいるらしいが、暗黙の「海に連れてけ!夏休みだぞ!」と聞こえてくるような写真だった。そして、カメラマン(妹)の苦悩が見えた(笑)
暑い中、未就学児と小学校低学年を連れて電車に乗って海やらプールやら行くのは大変。考えただけでうんざりするのが手に取るようにわかる。
私の妹なので、3つ4つ年が離れているだけなので、体力はたいして変わらないはずだから。



5月に遊びに行ったとき確かビルトインガレージがあったはず。。。


コメント欄に「ガレージでプールすれば」
と入れたら
「買って来るかなあ~」
とコメレスがきた。



欲しいのね。



コメント欄に入れるのはさすがにいやらしかったのでLINEで「プール買ってあげるよ♪」と送ったら「わ~~い」的な返信が来た。
よ~~し、イオンかどっか行って買ってくるか~~と思って、ふと良いことを思いついた。

アマゾン

があるじゃ~~ないのぉ~~♪


さっそく、アマゾンの検索に「プール」と入れる。
空気でふくらますやつと、空気でふくらまさないやつと、なんだか豪勢に滑り台とかがついたやつがあった。

「空気でふくらますやつと、ふくらまさないやつどっちがいい?」


たとえ空気入れがあったとしてもプールほどの大きいものを膨らますのは大変である。たぶんふくらまさないやつを選ぶだろうなと思ったら案の定「ふくらまさないやつ!」と返事が来た。


ひとつ絞り込みがかかったプールを見比べる。
直径120cm、150cm、180cmとある。
あまり大きいのは水をはるのも捨てるのも大変なのは、息子たちが小さいころに使っていたプールで経験済み。
120cmだと浮き輪を持った二人が入るには小さすぎるだろう。
ということで150cmに絞り込み

続いて深さ。

25cmと38cmがある。


特に姪っ子①がやんちゃなので、水でばしゃばしゃ思いっきりやりたかろう。。。
と38cmに。ともったけど柄が気に食わず、25cmに。

値段はプールの値段なんて20年前からそんなに高くない。

そして、お届け先を妹の住所にして、ポチっと。



「お買い上げありがとうございました」
の画面がでて、そこに書かれていた言葉にびっくり。

お届け予定日が「本日」になっている。

ほんとかなぁ??と思いつつ、妹に本日中に着くかもしれないとLINE。


で、夕方本当にプールは妹のところに届いたらしい。


へ~~~~~~~~。



夜仕事から帰ってきたチビに、「やつらにプール買うてあげてん♪」と自慢げに報告したら、
「やっと、おばさんらしいことできたじぃ」
とのたまっておった。


うん。やつらがほしそうなものをタイムリーに買ってあげられるのは姪っ子たちを持った時からの憧れだったかもしれない。
血のつながった姪っ子甥っ子はかわいい。
この気持ちは将来、孫を持った時にも味わいたいと思っているが、
こうやって顔も見ずにプレゼントを渡せるのがいいのか悪いのか。

でも、便利は便利。


facebookで近況を写真付きで見て、買ってあげたいものをネットで送る。


なんちゅう時代がやってきたものか?
とも思うが、離れていてもつながっている感じは、以前置き電話や手紙しかなかった時代よりは強い気がする。

日本はつながっているし、世界もつながっているし。
そういうことがネットを通じてリアルに実感できるようになった。


イオンに行って、プールを選び買い、箱詰めし、送り状を書いて、料金を払って届けてもらう。
ざっとみて3時間は時間を費やすだろう。
パソコンを開き、アマゾンにつないでログインし、詳細な情報を見比べながら注文し購入する。
当日中や近日中に玄関先まで商品を届けてくれしかも、送料は無料だったりする。
今回のプール購入と送る手続きに要した時間は15分くらいだ。


これからもどんどんネットでできることは増えていくだろう。
アラフィフの世代はもう乗り遅れている場合じゃないと感じている。
私たちがおばあちゃんになるにはまだ20年もあるから。

便利なものを使えるということは、「時間」にゆとりが生まれる。
マルチタスクで物事に取り掛からないといけない女性にとって「時間」は貴重だ。

そして、「時間」のゆとりは「お金」で買うのが一番手っ取り早い。




そんな時代に生きている。
順応していくかっこいいばあちゃんめざして。ひ孫にネットでプレゼント。。。というのも夢ではない世代に生きている。


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

オーラキラキラの石井さんでした。

ブログに書いていいこと悪いこと