っていいながら、やってないんでよね~私。

セミナーなどに参加しますと、アンケート用紙への記入をお願いされることがありますよね。
早く帰りたいのに面倒だなと正直思うこともあります。


ただ、ちょっと思うことがあるんです。
最近ではフェイスブックなどで「タグ付け」などをされてそのセミナーに参加したことがいろんな人に見えてしまうことがあります。
しっかりとした会では「タグ付け、写真投稿大丈夫ですか?」と初めにお断りしていただけるのですが、断りもなくタグ付けされたり、嫌とは断られない雰囲気で集合写真を撮られたりちょっと困惑してしまう時もあります。


で、ですね。アンケートの話なのですが、こうやってこっそり参加することもままならなくなった昨今、私は自分が受講したセミナーの主催者やら講師の先生には今後ますますご発展していただかないと困るのです。
「私はあのセミナーを受講したことがあるんですよ♪」
と鼻高々(ココダイジ)と自慢したいからです。

数か月たって、あの講師やめてバイトしているらしいよ。
なんてのは、困るんです。

そういった意味でアンケートにきちんと答えてその会のご盛栄を願うことはゆくゆくは未来の自分のためでもあると思っています。


そう考えますと、アンケートを収集する方も、参加者の方にきちんと意見を言ってもらえるようなアンケート内容にしておかないといけません。


どうでもいいアンケートを渡されたら、それこそ時間の無駄やん。って思いますもの。




ずいぶん前になりますが、半年かけて参加した経営セミナーがありまして、私はそこで「一点突破」という戦略だとか「さもありなん」という世界観を学ぶことができました。
その塾ではおかげさまで表彰までされ、内心頑張らねば!と思って頑張っていた時だったのでうれしかったです。
そして、アンケート。
なんでも書いてくださいと言われても、半年も交わった場。
表彰までされて「ありがとうございました!!」で終わろうかとも思ったのですが、なんとなくひっかかる物足りなさも感じていて、この塾にもっと深みが出たら私はこの塾の卒業生であることがもっと誇りに思えるのになと思い、意を決して、こういう部分を改善してほしいとお伝えしました。

私だったら、、、こんなアンケートの答えが返ってきたら、ありがたい!なんて思う前に、ショックだったり、くそ~~~っ!!って思ったりするだろうな、、と思うのにお伝えしたんです。

その数か月後、改善しました!とドカンと物が送られてきたときには、おおおおおおおさすが!
と思いました。


その時私の頭の中にはこの会をぶっ潰してやろうなんてことはみじんも思ってなかったんです。この会がますます繁栄してもらわんと困る!この会に参加した方や先生方が未来ずっと笑顔で頑張っていらっしゃるそんな姿しか思い浮かばなかったんです。


そういう、思いって通じると信じています。
私がコトバオンチでもできる発信力講座やターゲット設定講座でお話ししているペルソナの笑顔をしっかりとイメージできていれば、たとえ「感動しました!」というありきたりの感想ではないものがそこにあったとしても、結果は「笑顔」になるのです。(言い切っちゃいます)


ただ、お伝えする場は配慮しないといけないです。
みんながいる前でお伝えして講師をこき下ろすようなことになっては本末転倒ですから。。




受け取った側も、クレームなのか応援なのか。
見極める力というか、余裕は必要ですね。

まだまだ、挑戦し続けたい!!です♪

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ