更新月忘れていませんか???ドメイン消えちゃいますよ~~

昨日はお客様より助けてコール。
内容はかなり深刻でした。

「みんなのビジネス」というのをご存知ですか?
一時商工会などのホームページ勉強会でよく使われていたツールで、1年間無料で独自ドメインでホームページを開設できるというサービスでした。
このツールはKDDIが扱っているJimdoを使用し数社が協働で運営していました。

ところが、去年の今頃みんなのビジネス略してみんビズのサポートが終了すると発表されました。

それでも、Jimdoのサービスは継続して受けることができ、そのサポートは「はじめてWEB」というところが受け継いでいます。

さて、みんビズを使っていたみなさんそういう情報を知っていますか?

1年間は無料ということは、1年たてば有料になるということです。
1年はあっという間です。
そして、更新月がやってきますよ。お金を払わないと独自ドメインの権利は失効しますよ。ドメイン削除しちゃいますよ。というメールはJimdoサポートからやってきます。

助けてコールの方は、更新期限を20日過ぎたところで、ふと思ってfacebookにリンクを貼ってあるURLをクリックしたら、独自ドメインだったはずのURLが ×××××.jimdo.com に変わっていて驚いてパニックになってのご連絡だったのです。


さて、このドメインはどうなるのでしょうか?
急きょスカイプにてメールの確認をしてもらい、jimdoサポートからメールが来ているのを探し出し、jimdoに問い合わせを誘導しました。問い合わせ内容も口頭で申しあげ。。。

お金を払っている場合は優先的に電話サポートも受けられるJimdoですが、無料版だとメールのみの対応でそれも、順番に処理されるので返事は1週間10日かかる可能性もあります。
でも、仕方がない。

そういうこともお伝えし、たとえ返事が来たとしてもドメインが戻ってくる保証はできないし、もしかしたら新しいドメインを取得しなければならないかもしれないことをお伝えし、急患外来の診察を終えたのでした。


独自ドメインというのは、リアルの世界でいうところの、アパートを一室借りているということです。たとえアパートといえども住所があり郵便物はちゃんと自分のポストに入ってきます。
それと同じでネット上の独自ドメインというアパートの一室を借りていることになるので、家賃を支払わなければ退去処分になるのは仕方がないことなのです。

それに対して.jimdo.comが付くドメインは一つの建物で複数の人が寝泊まりしている寮みたいなもの。管理人さんがいて、郵便物や来客などお世話をしてくれます。しかもjimdoさんは無料で寝泊まりさせてくれています。

たぶん、このお客様は独自ドメインの重要性を知らなかったのだと思います。説明を受けたのかもしれませんがそんなに大変なことだとは思っていなかったのでしょう。
今回のあたふた事件でよ~~~~~~~~く理解できたでしょうが。。



独自ドメインはたいてい1年契約です。
また、Jimdoの場合独自ドメインを置きたい場合は有料プランへの申し込みが必要です。
オーナー様によってさまざまな考えがあるでしょうが、商工会などの勉強会で訳が分からないうちに作っていていまだにわけがわからない人は、どうぞ、あぽじらが主催するjimdoお勉強会(そのうちjimdoカフェになるぞ)にご参加くださりご相談ください。


まだ、こういう人いるだろうな~~~。
みなさんもたまに自分のホームページ開いてみてくださいね。

ご相談は
ITオンチでもできるホームページ作成塾まで

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ