プチ起業家におすすめする~プリンター~

女性がプチ起業するときに揃えておくとよいもの。まずはこちらから


1.ぜひ揃えておきたい器機

2.あったら便利なソフト


プリンター


女性のプチ起業の方がプリンターでプリントするものとはいったいどんなものでしょう?

  • DMなどのはがき印刷
  • フロントセミナーなどの資料印刷(A4普通紙で両面印刷など)
  • ネットで調べたことなどを熟読するために印刷


のようなことでしょうか?

プリンター購入において一番考えておきたいことは、「ランニングコスト」です。
インクカートリッジはお金がないときに限ってインク切れを起こします。給料日前のお米のように。

■ランニングコストに含まれるもの
インクカートリッジまたはトナー
保守契約をしている場合の保守料
カウント料
用紙代

■大型コピー機と家庭用プリンター
リースなどでコピー機がある事務所などもありますが、サロン経営などのプチ起業の方にはちょっともったいないような気がします。また、封筒印刷やはがき印刷を手差しで行うと紙詰まりを起こすことがよくあります。
士業の方など、印刷物を大量にプリントアウトする職業でない限り家庭用の複合機で十分だと思います。コピー機のカウント料はだいたい、白黒印刷で一枚4円程度、カラー印刷で20円程度かかり、保守料は契約によってまちまちですが安い契約だとトナー切れの時にはトナーを購入しなければならないものもあり、1本1万円程度かかるものもあります。トナー交換が含まれる契約もありますので導入の際は業者の方に問い合わせてください。

家庭用プリンターでひとつ気になるところは、インクジェットの場合インクが水性なので、印刷物がぬれるとインクがにじみます。名刺など文字がにじんでしまっては・・・と思いますよね。
水にぬれてもにじまない「顔料インク」のタイプもありますが、需要が少ないのでプリンターが少々高くなる可能性もあります。また、需要が少ないということはインクカートリッジも探すのが大変かもしれませんし値段も高めかもしれません。
最近のプリンターは黒のインクカートリッジを2つ搭載しているものがあります。
そのうちの一本は顔料インクの場合があります。
カラープリントの時は残念ながら水性の方の黒が使用されるのですが、黒一色の印刷の場合はこの顔料インクの方が使われます。

たまに、黒色印刷の方が安いとおっしゃる方がいます。先のリースのコピー機の時は白黒印刷とカラー印刷ではカウント料金が違いますので黒印刷の方が安くなりますが、家庭用のプリンターではどのカラーも黒も値段は変わりません。

起業当初は何をどれくらい印刷するのかも検討が付かないと思いますので、1万円~2万円程度のプリンターを買って自分の仕事にいったいどれくらいプリンターが活躍するのか様子を見るとよいと思います。

■家庭用プリンターの選びどころ
キャノン、エプソン、ブラザー、HP(ヒューレットパッカード)などが大型家電量販店でよく売られているメーカーだと思います。
FAX機能つきをお考えの場合はブラザーが一般的だと思います。FAXつきは本体の大きさがかなり大きくなるので場所の確保をしてから購入を検討しましょう。配線の関係上一体型でないほうが作業効率が上がる場合もありますので、なんでも一緒♪が必ずしも便利とは限りません。
ヒューレットは安価でよくプリンターが売られていたり、おまけでついてくるのもヒューレットが多かったように思います(最近は調べていないけれども)安いので喜んで購入し後々インクカートリッジの値段を知って驚愕している方も今までたくさん見てきました。ということで私はあまりお勧めしません。
では、キャノンとエプソンどっちがいいの?
ということなのですが、こちらは好みの問題です。
昔、イエローが強く出て温かみのある色合いのキャノン、ブルー系が強く出てクールな色合いのエプソンと先輩から教えてもらいましたが、写真のプリントにこだわる方には重要ポイントですが、プチ起業の女性にはあまり関係のないところかもしれません。
本体の値段も1万円前後から5万円くらいまでとスペックの違いによって値段が違います。

■インクカートリッジの種類
7000円くらいのプリンターの場合インクカートリッジが一体型の場合があるので注意してください。インクはその人の好みによって使う色に特徴がでてきます。私の場合シアン(青)が早くなくなります。一色のみの交換ができない一体型はたとえインクカートリッジが安くてももったいない気がしますが、これもその人ごとの価値観なのでご自由にお選びください。
また、このタイプは印刷スピードが遅かったり、点の大きさが大きく仕上がりがきれいでなかったりということもあります。



■プリンターにぜひついていてほしい機能
両面印刷
はがき印刷
Wi-Fi機能(プリンターとパソコンを直接線でつなげなくてもプリントアウトができます。)
スマホ対応(スマホにアプリインストールでスマホの写真ファイルなどが直接プリントできます)
独立インクカートリッジ
スキャナー機能

■まとめ
DMなどきれいなデザインのものを印刷してお客様に配りたいと思っている方はせめて12000円以上のものを購入することをお勧めします。

「型落ち」で安くなっているものもあります。
が、インクカートリッジは今売出し中のプリンターのカートリッジの方が安いことがほとんどです。最新機種を買った方がお得だと思います。



とうことで、次回まiPadについてです。女性プチ起業化がiPadを使いこなしていると「かっこいい!!」と私は思います。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ