目に見える部分と見えない部分。

今朝は栗の渋皮煮をつまみながら仕事しています。

私の場合、営業日と仕事日は異なります。
また、営業時間と仕事時間は異なります。

なので、新しくした名刺に書かれてある定休日と、営業時間をご覧になられて

「伊藤さん!こんだけしか働いていなんですか!!!!」

と半分呆れられ、半分はたぶん羨望のまなざしの反応をいただいております。



あぽじらの定休日は、土、日、月、祝日。営業時間は、10時-12時、14時-16時。

ま、これには理由があって、
のどがあまり強くないので、一日3人はもたない。
マンツーマンが主なので、エネルギー消耗が著しく2名が限界。
お客様に平等なクオリティで接したいという想いからこれは維持していきます。


とはいっても、事務仕事やフォーマット作成依頼などひとりでパソコンカタカタやっている時間は営業時間にほとんど入ってませんので、

仕事は年がら年中24時間。という感じです。
これも自営業者さんみんなそうでしょ。


このお客様とあっていない仕事時間も重要で、この時間を確保できないと次の仕事の準備も仕事の修正もままならなくなり、結局はクオリティが下がってしまいます。


なので、売り上げが上がると、お客様以外の人とあえる時間は極端に減ってきます。
売上が上がる=事務仕事が増えます。
売上が上がる=この売り上げを維持し更なるアップを!と考えだします。
売上が上がる=ちょっとした問題も増えます。

こういうのを後回しにしていると、のちのちとんでもないことになります。

めんどくさいことをコツコツやる。
コツコツから見えてくるものはたくさんあります。


てことで、栗を食べ食べ、午前中に2本仕事を片付け、10月からの準備をしています。
いろんなものが整ってきています。
これを土台に来年に向けて・・・・鬼が笑うね。

栗の渋皮煮。
こういうのを手作りすると、砂糖の量にドキドキしますね。
冷凍庫が栗でいっぱいになりました。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

オーラキラキラの石井さんでした。

ブログに書いていいこと悪いこと