フェイスブックを仕事に生かしたい。

フェイスブックをしていたって・・・うんぬんかんぬん

とフェイスブックに否定的な意見を耳にすることがある。
それは、個人的な価値観なので好きにすればよいのだけれども、

フェイスブックで集客というか、応援されるというか、フェイスブックをビジネスに役立てようと思ったらまずは、

もらうことよりも先に与えろ。

だと思う。



いいね!がほしければいいね!を押せばいい。
応援してほしければ、自分がしてほしいように人を応援すればいい。


たった、それだけで、フェイスブックは仕事をしていくうえでなくてはならないものになっていく。





フェイスブックの「いいね!」は単に足跡が残されるもの。
だと判断していたらつまらなくなる。
フェイスブックの「いいね!」はいいねを押してくれた人たちの友達。すなわち自分とは友達になっていない人たちに拡散してもらう可能性があるということだ。



言葉を添えてシェアをしてもらうのはうれしいが、時々こちらの思惑と違う解釈で書き添えられる場合もある。
だから、「いいね!」で十分なんである。


だから、フェイスブックで発信するときには、誰とつながるかは重要であるし、誰に向けて発信するかはもちろん大切なのである。


同業者とつながるのが好きな場合は、情報収集ということが大いにあるだろう。
逆にこれは、情報収集されていると思って発信しなくてはならない。
ありがちなのは、同業者とばかりつながっているばかりに、自分の手の内がばれることを懸念し真髄を書いていないなんてことになっているのに出会う。
傍から見ると、何を言いたい?と?ばかりになり、面倒になって「表示しない」を選択してしまったりする。


自分に関係のないことでも、ちゃんと書かれているものは邪魔にはならないが、何を言っているかわからないものというのは、なんだか気持ちが悪いというか後味が悪く、続くと「もういいや」となりがちだ。


私のブログでいえば、
必ずブログを書いたあとにフェイスブックで紹介しているが、

いいね が多い記事はブログのアクセス数は多く
いいね が少ない記事はブログのアクセス数も少ない。

で、どうでもいいようなブログはやっぱり、少なくなるし、
がっつり本業のことを書いたものは、うなぎのぼりになるのである。

アメブロなどご祝儀アクセスがあると言われるもののアクセス数はあてにならないと思っているけれど、フェイスブックの「いいね」の数とリンクさせて分析すると、やっぱり「あそうだよな」と見えてくるものがあると思う。

私の場合、ご祝儀アクセスが0のブログツールを使っているので、アクセス数は微々たるものだけども、日々の変動は確実に推し量ることができ、結構たのしみなものになっている。


ちなみに、
「北海道旅行」の記事よりも
「ハウツーもの」の記事の方が断然アクセス数は上がる。
ということだ。

同業者のフェイスブック友達ももちろんたくさんいるのだけれども、私のようにへんちくりんな価値観で書ける人はあまりいないだろうし、私の専門分野はITに見えて実は違うところにあるので競合がいないと言えばいないのである。


昨日一日寝倒して、今日はすっかり仕事モードに戻れたな♪
と実感する今日のブログ。
今週は教室の忘年会もあり~~ので、またばたばたするけれども、楽しいじゃあ~~りませんかぁ~~♪


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

雑なサービス。

オーラキラキラの石井さんでした。