未来の時間をリスペクト。

私のスケジュール管理は手帳です。
手書きの手帳です。
消せないボールペンで時系列でスケジュールを管理しています。


どうも私は、パソコンや、スマートフォンの文字は「画像」として脳みそが認識したがって文字情報として認識しにくい特徴があります。


頭でちゃんと考えたり、記憶にしたいときには、プリントアウトして紙に印刷します。
そうすると、ちゃんと頭が考え始めます。


スケジュール帳を手書きにしていると、予定が変更になった時そこに履歴が残ります。
アプリなんかで管理をしていると、「削除」してしまってそこには上書きされたものしか残りません。

○○がキャンセルになって違うものが入ってきた。
○○はここもあそこも二重線がひかれているは、ちょっと要注意。
とか。
同じ人が3回以上予定変更やキャンセルがあった場合は、次の予定をこちらから入れることはなくなります。
きちんと優先順位をつけて予定通りに事が進む人が好きなので、そういう人たちを優先的に予定の中に入れていきます。
予定が3度も変更になるということはその方にとって受講は大した重要事項ではないのだな。と判断します。(というか、私という存在がその方にとってそんなに必要ではないのだなと感じます)


そういうことを忘れて予定を入れていると、スケジュールに追われるスケジュールになってしまうので、予定が潤滑にまわるように「プラス」な記憶「マイナス」な記憶を紙に上に残しておきます。



お客様が増え、取引先が増えた今、スケジュール帳がないと明日何がどうなって、どこに何をしにいかなければならないのかさっぱりこんこんです。


10数年前、
長男の個人懇談が何日の何時からで、次男の予防接種が何日の何時から何時で、三男の耳鼻科が何曜日の何時で、友達とのランチ会が何日の何時のどこで、と頭の中ですべて把握できていたのは、若かったせいもあるのだろうけれども、今よりも忙しくなかったのだと思います。
あの当時も十分忙しいと感じて生きていたんだけどねえ。


で、今朝「今日は何と何と」と確認しようとしてめくったページに見えたもの。


「うつ草①」???
「うっ葉①」???

葉?葉?
葉ってなにね?

なんで①ってついてる?


と1分、何だったのかを思い出すのに時間を要してしまいました。

「ラフ案①」

とわかった時のスッキリ感!
そして、今日のブログのネタがないな~~とモヤモヤしていたのも一緒にスッキリ解決しました。


つい自分しか見ないと思って、チャラっと書いてしまい、後から文字を解読できない・・・ということに遭遇します。
未来の自分の時間のためにもうちょっと丁寧に字を書こうと反省しました。




スケジュール帳とは、
未来の自分の時間と、そこに書かれている相手の方の未来の時間を大切に扱うためのものだと思います。なので、うっかりしてぬかる。というのはそのスケジュール帳がスケジュール帳として機能していない。ということだと反省するわけです。


ま、見ていない。。。見るの忘れてたっていうさみしいスケジュール帳だとかえってそうなるのかもしれませんが・・・

白~~~~いスケジュール帳は夢に見るくらい、いや、夜中に目が覚めて眠れなくなるくらい嫌いです。怖いです(笑)


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

雑なサービス。

オーラキラキラの石井さんでした。