女が仕事をしていくときに感じていてほしいこと。

2015年は女性のお客様がほとんどで、しかも、事業主の方がほとんどでした。
さて、女性が社会で活躍していくときに欠かせない物って何だと思います?

私は「家族」ではないか。と思うのです。
これは、何も経営者に限ったことではなく、家族とのかかわり方によって女性はとてつもない安定力で力を発揮するし、逆にぐらついてフラフラになったりもしてしまいます。

ホームページ作成というお仕事を通して、「家族」を感じることが多々あります。
そして、家族に応援されている方のエネルギーはまぶしいです。力強いです。
とある現場では初めて訪れた時に心配で一家総出で待っておられたところがありました。契約書を読み上げているときも、腕組みをして深刻に傍で聞いていらっしゃいます。

お母様の事が心配なんだな。と思いました。
心配されたままでは、家族は夢泥棒に化けてしまいます。
夢泥棒にしないためには、安心という癒しを差し上げることが大切なのです。

何にひっかかっているのか。何が心配なのかを探って、癒します。

まあ、たいていは、何をやろうとしているのか見えないから不安だったりしているようなのですが。
家族は理解していて当たり前とつい思ってしまうので、説明不足になってしまうのかもしれませんね。


今年秋に受けた仕事はどこも「家族」の方が参加されました。

船出するこのお客様に、もうひとつエネルギーを与えるには家族の応援を感じていただくことではないか?
そんなことを考えながらホームページ作成にとりかかると、ちゃんと出番がでてきます。

ふと見せていただいたチラシにかわいいイラストが描かれてありました。
「これ、どなたが描かれたのですか?」と伺うと
「娘が・・・」とおっしゃいます。

ペンや色鉛筆で描かれた絵は、そのまま写真にとって載せるわけにもいかないのですが、少しだけ調整してページにちりばめてみました。

「この部分に、○○な絵がほしいんだけど・・・」
娘さんがいらしたのでお伝えすると、
「具体的にどんな絵がいるのですか?こんな感じですか?」と聞いてこられました。

横からお母様(お客様)が口を挟みますが、
横でじっと見ていたお嬢様は、ちゃんとすべてをわかっていました。

手描きの絵を載せるのはちょっとした冒険ではあるのですけど、
でも、何より、お客様がページを見たときに自分の後ろにご家族がいつも寄り添っていることを感じられるかな?と期待してそうしています。
商いは良い時ばかりではありません。軌道に乗せるまでも大変です。
そんな時にでもあきらめずに進める続けられる「力」は、何よりも一番大切な物、事がわかっていることだと私は思うのです。

ページに絵がなくても、絶対に大丈夫。というところに来るころには、きっとホームページもリニュアル時だと思います。


ここに紹介するページも12月1日にめでたく公開となったニューページです。
様子を見て、将来的にはプロのデザイナーに頼みたい。というご依頼だったので、特殊なカスタマイズはほとんど行っていません。
しいて言えば、見出し大、中、だけ背景に画像が表示されるようにやりましたが、Jimdoの無料版のレイアウトを使用しています。

独自レイアウトを使用しない場合、メニュー(ナビゲーション)名が長かったり、数が多かったり、今後増える可能性があるときには、縦型を使うのが無難で、縦型のデザインが少ししかないのが選択肢が少なく難しかったです。

「癒し」をどう表現するか。
オーナーの人となりをどこで表現するか。
何よりこれからやるぞ!と覚悟を決めていらっしゃるオーナー様のモチベーションがますます上がるには。。。

そんなことを考えながら、時には厳しいことも申し上げましたが、約2か月で公開の運びとなりました。今後も成長していくページとなると思いますので、楽しみにしていようと思います。

 自力整体 ことりの庭

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

雑なサービス。

オーラキラキラの石井さんでした。