お休み1日目は、贅沢な金沢を満喫~こいで~

お休み初日は、5年前金沢ブログというブログの中でお互い運命の出会いのように惹かれあってお付き合いが始まった、料理研究家の登志子さんにご案内いただいて、「こいで」さんに行ってきました。

MAZIRAちゃん(金沢ブログでの私のハンドルネーム)ご予算いくら?
と聞かれましたが、登志子さんが案内してくださるなら、、と「いかほどでも大丈夫です!」とお応えしてしまいました。


 みぞれ交じりの寒い外を歩いてきた冷えた胃袋に沁み渡ったアツアツの茶わん蒸し。
今から始まるお料理たちを待ち構える準備が整いました。

 北海道浜中産のうに。だそうです。
普段ウニを食べる機会がない私にだって、このウニが特別だということがわかりましたわ。

 白子酢
 登志子さんが並べて撮影していらっしゃったのを拝借しました。
日本酒は猫に小判でおいしいか否かくらいしかわからないので、
興味のある方は登志子さんのブログをご覧くださいな。
伝燈寺里芋
能登の塩をブレンドした塩をつけていただきました。
塩はしばらくそのままおいてもらって、チビチビなめながら日本酒を・・・
なんてことをしてしまいました。
 鰤です。
ここまでくれば、予想はできますでしょうが、口の中で溶けていきましたさ。
ここでも、ワサビがまたおいしくて、塩やらワサビやらでお酒がススミました。

 梅貝(バイガイ)です。
石川で一番おいしいお造りは?と質問されたら、
私は迷わず梅貝だとお答えすると思います。

 のどくろの炙りです。
感想?
たぶん、ご想像通りだと思います。。。

 春菊のサラダ。

 ・・・・・・
確かつい先日初競りがありましたよねえ。。
その時の価格1個2万円・・・だそうで。。

「のとてまり」
箸で一切れ持ち上げると、その箸の抑え具合でお汁が
じゅわわわ~とにじみ出てきて、こぼれるともったいないので、
あわてて口の中にいれました。

 1か月熟成した鰤の焼き物。

 1時間かけて揚げられた、五郎島金時の天ぷら。

蓮蒸し。
大きなお鉢がわかるように、薬味の瓶を傍らに。
金沢の蓮根は、どこにも負けんね。
とこいでさん、登志子さんで盛り上がりました。





どれもこれも、あんれまあ。。。なんじゃこれ!というものばかりで、
あそうそう、昨日は日本酒をいただいたのですが、それもお任せで出てまいりまして、ついこの間までこんな大御馳走には絶対白飯だよ!!と言い張っていたのですが、
昨夜は、「やっぱり、日本酒ですよね~~」なんて言っちゃってました。


こいで
金沢市笠市町5−7
電話:076-221-5190


美味しいものは、明日への活力になりますね。
そして、過去への感謝になりますね。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

雑なサービス。

オーラキラキラの石井さんでした。