5日たちました。私意外と眠れているようです♫

1月15日のブログ記事にSleep Cycleという睡眠の質を計るアプリを使い始めたことをご案内しましたが、このアプリは5日以上使用しないと、睡眠の質を測定してくれません。

そして、今朝ようやく6日目の朝を迎えることができ、5回の計測終了。



その時の画像キャプチャーがこれです。グラフだけを眺めていると、不快眠りが一時ですぐに上方向に伸びるグラフで、なんだか、しっかり眠れているんだろうか?
とちょっと不安になってました。

そして、今日めでたく5日をクリアして「快眠度」が表示されました♫




71%

67%

78%

59% 

92%

どこまでの信憑性やら信頼性があるのかはわかりませんが、
「なんだか、私結構眠れているじゃん」
というのが、ぶっちゃけの感想です。

今日なんか98%です。

59%の前日と何がちがったのかは、歴然としています。
前日は、明け方に目が覚め、物を考え出してしまい、そうこうしているうちに体がかゆくなって眠れなくなったのです、4時ごろから6時。起きてしまえばよかったのかもしれませんが、眠れてないような気がしてぐたぐたと目覚ましをセットした時間まで布団の中にいました。
で、どうも6時ごろ眠りに入り、7時に目覚ましで起こされたといったかんじでしょうか。

おかげで、昨日は夕方に一度眠くなり、夕方寝をしました。
そうするとまた夜眠くならない気がして、昨夜はかゆみがひどい時だけ飲む睡眠導入剤代わりの抗ヒスタミン剤を飲んで寝ることにしました。
おかげで、ほどなくして睡魔に襲われ、そのまま布団に入り、目覚ましは9時にセットし「寝る」と決めて寝ました。

その結果が92%。

薬の力を借りたので、目覚めてから3時間たとうとしている今でも、少し頭がぼーっとしています。

が体はしっかりと眠ったぞ!という感じで、筋肉の張も緩んだ感じがします。



そんなこんなはありますが。
どうもちゃんと眠れているらしいです。

でなければ、お客様の前で頭をフル回転させてお話しを聞いたり、お話をしたりなんてできないだろうなと、今更ながら思います。


数字で見る。
というのは冷静に判断できる最高の方法だと思います。
とかく、「直感」とか「ハート」を信じればいい!なんて聞きますが、それはそれなのでしょうが、その直感やらハートが大丈夫なのかどうかという裏付けにもつながるのが「数字」なんじゃないかな?と思います。


見える化するための数字を出すのは女性はあまり得意ではないですよね。

でも、数字を準備しておくことで、相手に安心感を与えることができます。
何の数字を見せるか。にもよりますが。

そして、数字を見て分析するには、データーが必要です。
要は見比べて比較できるだけの蓄積した数字が必要ということです。

あえて、5日感使用した後でないと数字を見せなかったこのアプリは、よけいな不安をあおらず、他人と比べることを避けるように仕向けたなかなか考えられたアプリだと思いました。

しばらく計測を続けてみたいと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

雑なサービス。

オーラキラキラの石井さんでした。