ガクブルだっていい。それでも大切なものを大切にしたい。

「責任」というコトバがあります。

「責任」というコトバの意味をわかっているつもりではいましたが、果たしてその意味は何なんだろう?とWikipediaを見てみました。

責任(せきにん、: responsibility)とは、元々は何かに対して応答すること、応答する状態を意味しており、ある人の行為が本人が自由に選べる状態であり、これから起きるであろうことあるいはすでに起きたこと の原因が行為者にあると考えられる場合に、そのある人は、その行為自体や行為の結果に関して、的な責任がある、または道徳的な責任がある、とされる。 何かが起きた時、それに対して応答、対処する義務の事。(Wikipediaから引用


で、びっくりしたのですが、、知らんかったんかい!と言われそうですが、責任の英訳は 「responsibility」なんですね。レスポンスというコトバを「応答」という意味合いで軽々しく使っておりましたが。(英語は一番嫌いな教科でした)

そして、意味をみるとやっぱり、「応答」なんですね。責任とは応答する状態を意味している。
何かが起きた時、それに対して応答、対処する義務の事。

「義務」ですよ義務。
で、義務ってそもそも・・・(Wikipedia)へどうぞ


よくね、どっかでききますよね。私もたぶん使っていると思います。
「責任とれませんから」

何かが起きると予測され、そうなった時に自分では対応できないと判断したときに使ってるな。


とこんな記事を書くので自分を分析してみましたら、そう思いました。
おおむね「責任」のコトバの意味は理解していたのだと思います。


でもね。


何かが起きると予測され、という予測というのは、過去の経験から引っ張り出されてくる未来予想なんです。自分の中で「主観」が一番の優先順位になっています。
じゃ、さ。その「責任とれませんから」と言っている人の経験値はどんだけのもんなの?と思うわけです。

たとえば、思い込みは無いですか?ってこと。
ぶっちゃけ、「責任とれませんから」という時には

「自分には無理~~~~」と思ってますから。
たとえそれが組織としてでたコトバだったとしても、いきつくところは、一個人が組織の中でそれこそ責任のとれる人を説得できないとか、説得する気がないとか、なんかそんなこともあると思います。


ただね。ただ。
もし目の前に何かが起きてしまっている時、たぶんそこには困っている人たちというのが存在していると思います。
そこにフォーカスして寄り添って考えた?
と思うんです。
一瞬でも「なんとかできないだろうか?」と思いをはせましたか?って。

端から考えることを放棄したくて「責任取れませんから」って言っちゃってないかな?って。


面倒だとか、嫌いだとか、予測でも目の前に起こったことでも、自分の感情にだけフォーカスして言ってませんか?って。




「責任」をとる。
という事態になった時。一瞬後ずさりしたい恐怖があると思うんです。
できるなら責任なんてとりたくない。って思うと思うんです。
なんで、自分が?って思うと思うんです。


だけど、目の前に責任を誰かがとらなくちゃいけない事態がある。
そして、自分にその責任を負うことが可能であると判断できる。
ちょっとは、「なんで自分が?だって、あの人だって・・・あいつだってこの事態になった原因はあるじゃん」って思いますとも。


でも、「だって」とやっている間に時はどんどん過ぎていき、どんどん事態はややこしくなるというのが世の常。そういうことも経験しちゃっているわけで。
そんな経験もあるから、そんなことが起こると予測された時には前もって「責任とれませんから」と言って傍線を張っておきたい気持ちもわかります。


なんもかもわかります。
わかるんだけども、
後付けはいかんね。

自分が「責任」とれないからって、逃げちゃうのはよくないね。人におしつけるようにしてさ。

そういうのが、かっこよくない!
って思うので、

そりゃね、そりゃ、なんで?なんで?という思いがなくはないけど
「お任せください」
と目の前で不安になっている人を「安心」させたいじゃんね。


あ、別にそういうことが起きたとか、起きているとかってことじゃないんですけど。
昨日友人と話していて「責任」というキーワードで盛り上がったので、今日のネタにしようと思っただけなんですけど。

だけど、「責任」のとれる大人でいたいと思う。
仕事でも、プライベートでも。

それにはまず、己を知ることだと思うし、誰を大切にしなければいけないのかを知ることだと思うし、日々誠実に曇りのない眼で物事を見ることだと思うし。



あ~~そうそう。昨日もりあがったのはね。
「「責任が生じますから」とか言っている人に限って「責任」とらないよね~」
って話をしてたの。


責任責任って口に出していってこだわっているってことは、責任取りたくないってことなんだよね。
かくいう私も、こうやって責任責任っていってるってことは、「責任とりたくない。できればとりたくない。」ってことに執着してるんだよね。って思う。

でも、そこを乗り越えて新しいステージに立ちたいな。って思う。
説明しようのないバランスの悪さを抱えながら、でも、前に進みたいって思う。

だって、そうなって進んでいく自分がカッコイイと思うから。


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

雑なサービス。

オーラキラキラの石井さんでした。