お正月

元旦は、昼ごろに起きて、
お豆さんやら、かまぼこやらをお正月っぽく盛って、お雑煮を食べて、




それから、実家に行くのが恒例です。
実家にいっての楽しみは母や叔母が漬けた大根寿司やかぶら寿司を食べることです。
息子たちはまだ若いのに(変な言い方ですが)この大根寿司やらかぶら寿司が大好きで、おかわりをして食べています。

いつもの調子でばりばり、ぼりぼりとやっていたら、途中胃が痛くなってきて、そのあと何も食べられない状態になってしまいました。
両親の顔を見て一気に緩んだようです。

母たちには心配をかけてしまいましたが、朝は特別にお米からお粥を炊いてもらって、とことん世話をやかせてあげました(笑)


自宅に戻ったら、くくるはすねて出迎えてもくれませんでした。

もうしばらくまったりとお正月を味わおうと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

雑なサービス。

オーラキラキラの石井さんでした。