「こんなのじゃない!」と伝えられてもさっぱりわからんのでございます。

ご商売を始めよう。
始めるぞ。
という段階にいらっしゃる方は、知らないこと、わからないことだらけです。

それは、いたしかたないこと。

ただ、
始めたい!
と思ったのなら、知らないでは済まないことは調べたり勉強したりしなければいけません。



また、この段階にいらっしゃる方は、自分の考えをまとめて伝えることが下手です。



そしてこちらが想像して形にして目の前に出すとやっとイメージができ、「こんなのじゃない」
という反応が返ってきます。

これもまたいたしかたないこと。です。




ただ、やっぱり、いかにして自分の頭の中をわかってもらおうかという努力は必要です。
「これでない」「こんなのでない」という否定てきな発言でなく、

「こういうイメージのこんなものがほしい」
とご自身の欲しいものをお伝えする方が、よいものができあがります。



お客様の頭の中のイメージを見える化するのが私の仕事です。
時々、難産な時もありますが、それでもあきらめずに私についてきてくださるお客様方のおかげで、よいものがどんどん出来上がっています。




「伊藤さんにしかれるげん」
としょんぼりしている人を見ると、
申し訳ない気持ちも生まれますが、

半年先くらいに、きっと「ああそういうことなんだ」
とわかる日が来るだろう。

と信じています。


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

雑なサービス。

オーラキラキラの石井さんでした。