あなたがうらやましく思っているそれ、間違いなく「隣の芝生」ですから。

フェイスブックというのは、本当にいろんなものが見えてしまいます。
本人は一生懸命ポジティブなつもりで発信しているのでしょうが、

傍から見ると
いったい何やる人?

と写ってしまう人もいます。



「本業」がなんなんだかさっぱりわからない。
あれこれ違う分野に手を出して、「移り気な人」
に見えてしまい、信頼できなくなる。



そして、そういう人たちは
「儲かっていないんだな」
と思ってしまいます。


続けるということは、苦しい時もあります。
いい時もあれば、悪い時もある。

いつまでたってもうだつがあがらない
そういう時は、売っているモノが悪いと思いがちで
「キラキラ輝いて忙しそうにやっているあの人の仕事私にもできるんじゃないか?」
とやれる気で始めちゃったり。


うまくいかない原因は、実はビジネスセンスのなさ。
だと思うです。
はっきりいっちゃいましたが。

私もまだまだ修行中で、大きな口をたたける身分でもありませんが
でも、
教室の床に寝ころび、長男が大学から帰ってくるのをひたすら待っていたあの頃と
今とでは雲泥の差のやり方の違いってもんがありますもの。


で、このやり方はどこで学んだか?

といいますと、
目の前のお客様が喜ぶ顔が見たくて、
なんとか、自分のやれることがないか。
そんなことを考え続け、行動し続けてきた結果
気が付けば、
「誰にも負けないもの」
が手に入っていた。

ビジネスにおいて、何が正道なのかなんてわからないけど
でも、
商売の基本は

自分の利でないことだけは確かなことだとわかるようになった。


本業が何なのかさっぱりわからなくなって
それ、うわっつらだけでやり始めると、大変なことになりまっそ
ということに手を出して

あぶなっかしくて見ていられない。


今スタートを切る

ということは
輝いてうらやましく見えている人がすでに通った道を後から追うことになる。
ということをわかってんのかね?


いつまでたっても追いつけないと思うんだけどね。
先輩が立ち止まらない限り追い越せない。


そんなに苦しいのなら、いっそのこと自営業なんてやめてアルバイトに行く方が食べていけるんじゃない?

時給1000円1日8時間、月に20日働けば16万円。厚生年金も健康保険も雇用保険も加入してもらえれば、安心して病院だっていける。



成功のカギは
実は自分の中にある。
今まで見過ごしてきた成功体験の中にある。

過去の成功体験に想いをはせてみて
それは、お金を手にして感じたものではないと思う。

お金は対価であって、
対価は何によってもたらされたのか。
もう一度思い出してごらんなさいよ。

その時のことをしみじみ思い出してごらんなさいよ。
目を閉じて、さあ。

そして鏡を見てごらんよ。
きっと、眉間のしわは消え、下がっていた口角はあがり、
うつろな目にきらっと光がさすから。


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

雑なサービス。

オーラキラキラの石井さんでした。