おちこんだりもしたけれど、22歳息子は元気です。

次男は親が言うのもなんだが、気の利くいい男だ。
こんな親の元、よくもいい子に育ったものだと不思議に思うほどである。

ところが、そんな親の自慢の息子でも、
ちょっと君君・・・ということをちょいちょいしでかすのである。

彼は、給料の入ってくる金額と、固定にかかるお金と、使っていいお金の計算が上手にできないようなのである。
そんな彼に「魔法のカード」なんてものを許した私が悪いのだが、たびたびカードの引き落としが残高不足というはがきや手紙がやってきて、私に見つかってしまうのである。

私も見なければいいものを、一緒に住んでいる手前見てしまい、
甘いな・・・と思いつつ手を焼いてしまうのである。

そんな私を見て次男は、「息子に手を焼きすぎ」というが、だったらしっかりしろ!!
と言いたくなる。
まあ、甘いんだけど。

で、先日なんかとうとう私のところに「引き落としが滞っているので入金をお願いします」
という連絡がきてしまった。

きゃ~~~~~!!恥ずかしい!!!!やめて~~~~~!!
である。
だってね、私と、兄弟すべて収入がある。
「貸してくれ」と頼めば貸せるような金額。
そういうことを横にやって、スノボや飲み会やだと遊びたいことを優先させて、
結果コレ。てのが気に入らない。
のである。私がね。

で、こちらに連絡まであったぞ。とLINEで伝えたのに
「今日先輩の家に泊まるわ」
と夜中の2時にLINEが入り、

たまたまトイレで目が覚めていた私は
何を~~~~~!!
と無性に腹が立ち

「連絡もルーズ。お金もルーズ。それが部屋の汚さにも現れとる。カードをちゃんとするまで外出禁止!」

と送ってやったら、朝「今日は定時で帰ります」と朝になって返信がきて
その日は私は20時過ぎまで仕事で走り回って帰宅すると
気まずそうに寄ってきて、「ネットで振り込んでください」とお金を渡してきた。

パソコンを開き、ネットで振り込み手続きをしている間も、私はブツブツ彼を罵倒しながら振込んだ。

その後、次男は私が作った夕飯をたべ、お風呂に入り、そして、また友達の家に遊びに行ってしまった。

「いくん?」
「おう」

とだけ返事をして。

ほんとにもう!
と思いながらふと洗濯干し場を見ると、今朝干して行った様子と何か違うな?
と思いつつその日は寝ることにし、
朝目覚めて、なんぞげに次男の部屋をのぞくと

部屋を掃除した形跡が。


どうも次男は、定時に帰り、洗濯機を回し、部屋を片付け、洗濯物を干し、私の帰りを待っていたようだ。

なんとも、かわいい。
次男のいいところはこういうところだ。
怒られて、反省して、意地を張らずに言うことを聞くところ。
ま、酉年のせいか3歩歩くと忘れてしまうようだけど。

なんだか、気が抜けたようにおかしくなって、くくくっと笑いながら、
たぶん怒られるだろうなと思いながら、次男の部屋に掃除機をかけた。
嫌がるとわかっていての嫌がらせでもあるのだけど。

案の定帰ってきて
「おかん、部屋掃除した?〇〇の上片づけたん?」

「あ、それ、玄関の長靴しまいたかったしついでにね」

とどうにもこうにもそこをさわらないといけなかったという風に嘘をついた。

「ふうん」

へへへ。


次男は会社でも先輩方にかわいがられているらしい。
次男がかわいがられる理由というのは、母親が見ていても納得がいく。
素直だ。
3人の中で一番素直で感受性が強い。

他の息子たちもそれぞれ違う良さはあるのだけれども、彼ほど素直ではないという特徴を持つ。
長男はへそ曲がりだし、三男は理屈こき。

いいとこがあれば私に似たと思い
腹が立つところがあれば、別れた元旦那に似たと思い
それなのに、「そういうところ、おかんにそくっりだよね」とか言われて
「うそやん!!」と本気で怒っている私(笑)



目に入ってくるのでつい手を焼いてしまう私を見て
「そろそろ、俺らじゃないところを見たらどう?」
と言われる始末だけども。

「おかん」な私に戻れるときが、一番リラックスしている時でもあり
それはそれ、これはこれ。許してたも。


たぶん、傍目には仲の良い親子に見えていると思う。
が、「友達のような親子」ではない。
相談事もするし、愚痴もきいてもらう。だけど、私はおかんで、やつらは息子。
この距離感は彼らが赤ん坊のころから変わらない。

たぶん、お互い何らかの尊敬の念をもって親子でいる。
面倒くさくて、心地よい関係。


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

雑なサービス。

オーラキラキラの石井さんでした。