「ブログ始めました。」で終わってしまわないコツ。

ブログを始めたい。
ホームページを始めて持った方、または、初めて作っている最中の方が必ずといっていいほど言い出すセリフです。

Jimdoにもブログのサービスがあるのですが、まだ使い勝手が悪く、あまりお勧めしていません。

諸説やら、噂やら、都市伝説やら

いろいろありますが、
どのブログサービスを使えばいいの?とみなさん悩みます。


Jimdoのブログ機能を使えば、ホームページ全体の厚みが増し情報が多いページになります。そして、それはSEOにおいてとてもよい役目を果たします。
小手先のSEO対策を行うよりも有効だと考えます。
コンサルの先生方がホームページのドメイン内にブログをおきなさいというのはそういうことです。

がドメイン内のブログにアクセス数を集めるのは大変です。
ブログのアクセス数は気にしてません。という方がいらっしゃいますかこれはほとんど負け惜しみですね。ブログに時間をなぜ裂くのか。それは、自分のことを知ってもらったり、興味を持ってもらったり、集客したりといったちゃんとした下心があるはずです。

あ、私は商売でブログを書いている人を対象にしていますんで、趣味のブログを書いている人はスルーしてくださいね。

アクセス数を集め、自分や、お店に興味を持ってくれる人たちの分母を大きくし、その中から何かしらのアクションを具体的に起こしてくれる人が現れるのが望みなはずです。
ドメイン内のブログにアクセスを集めるにはそれ相応の努力が必要です。

努力する覚悟と時間がある方は、いろいろな意味でドメイン内にブログを置くメリットは大きいと思うのでどうぞやってください。それが一番いい方法だと思いますから。

ところが、多くの人は「そんな覚悟だなんて、ちょっとやっぱりやっておかないと。。って思うからためしに・・・」なんて初めから逃げ腰です。
ブログを始めたときが勝負なのですが、面倒なことは後回しにしたがります。
努力することから逃げ、その言い訳に「アクセス数なんて気にしないんです」とカッコつけたようなセリフを言っちゃっているだけなんです。


毎日ブログを書く。
他のブログに足跡をつけてくる。
他のブログにコメントをつけてくる。

これをブログを始めて3か月がんばってみればいい。
素直にこれをやれた人がたぶん、ブログで集客が出来ていく人です。


これもやらずに、
どうせ、ブログなんかしても意味ないし。
なんて言わないで欲しい。

何事もそうだと思うのですが
素直にうまくいっている人のマネをできた人がうまくいく。
ブログだけじゃありません。

リアルに人にあったら「ブログ見てます」ってよく言われますから♪
と堂々とおっしゃっている人がいますけど、
それ、10人?30人?100人?
せいぜいが2、3人じゃありませんか?

「みんなみんなっていったい何人のことや?」って昔お母さんに叱られませんでした?(笑)


アクセス数がないことを謙虚に受け止め、なぜそうなるのか工夫しないと。


で、今から始めようと思っている人は、そういう言い訳して逃げている人たちに言うことを真に受けない。彼らはあなたが努力したら自分が抜かれていくことを本能でわかっていますから、足を引っ張っているだけです。


ブログが商売に役立つツールに育て上げるには、待っていてもだちゃかんです。
コツコツコツコツやるしかないです。


ブログをアップし、フェイスブックやフェイスブックページやツイッターでリンクを張って紹介し、興味をひいて、ゆくゆくはホームページに来てもらい、そしてお申込みや来店してもらう。
そういう目的をしっかりと持つこと。自分には下心があるということを認めること。かっこつけない。カッコつけるな。カッコつけていいのは成功した人だけ。


で、数多くあるブログサービスの中でどれがいいの?
ってことですが、やっぱり、一番やってる本人のモチベーションが上がりやすくできていて、興味のある人を手っ取り早く読者にできるのはアメブロだと思います。
ちょっとお金をだしてカスタマイズしてもらえば、見栄えのいい素敵なブログになりますし。

私はグーグルのBloggerというブログサービスを使っていますが、ライブドア、Goo、Fc2などなど、たくさんのブログサービスがあります。たぶん、どれもある程度のカスタマイズはできると思うので、
見栄えをよくしてテンションを上げて、コツコツ書いて、コツコツ他のブログを見に行って、コツコツコメントを残して、自分のところにコメントが入ったらコメントをできるだけ早く返して、コメント返しにいったり、いろいろな手法がとりだたされていますが、やっぱり基本はここです。

歌を歌うのに発声練習がかかせないように、ホームランを打つのに日々の素振りが欠かせないように、ゆるがない基礎となるものが存在することを理解し覚悟しましょう。


自分に都合のいいことを言ってくれる人を探してさまようのはやめましょう。
言い訳じみた自己流で回り道せず、そんなことに頭を使うなら記事を毎日書くネタを探しましょう。

感性を豊かにし、表現することを覚えましょう。
書き続けていれば、何かが始まります。



コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

雑なサービス。

オーラキラキラの石井さんでした。