饒舌なコトバオンチはちょっと困る。

女性特有なことだと思うのですが、

饒舌だけれども、何がいいたいのか伝わってこない。
饒舌だけれども、答えになっていない。

というのを感じませんか?
これは、男性が感じるのかというとそうでもなく、女性も感じることができると思います。


「思い」はあるのだろうけれども、何が言いたいのかわからない。
「思い」はあるのだろうけれども、で、あなたは何をする人なんですか?
「思い」はあるのだろうけれども、私にとって興味がないお話です。


こういうことになると残念ですね。

コトバオンチの饒舌。というのは話に落としどころが無くなり聞いている方が疲れてしまいますよ。



ま、とかく女性はお話しが好き。
特に、起業している女性は「思い」がありますからね。話はとまりません(笑)



ショッピングサイトに興味のある女性たちを対象にセミナーを開きました。
みなさんからの質問も多く、また参加者どうしの話で盛り上がりました。
途中脱線事故が多発し、全部話ができるのか時計とにらめっこしておりました(笑)


ショッピングサイトもホームページ同様誰に対して訴求するのか。というのはとても重要です。
「あなたの思いを、サイトに来た人が興味を持つのかどうか?」
酷な話ですが、一番のこだわっている部分がお客様にとってはどうでもいい情報だったりするのです。

「思い」が「重い」状態になるとお客様は逃げて行ってしまいます。

何を捨てて何に絞るか。
ここがとんちんかんだと、売り上げは上がりません。

また、ショッピングサイトは売れれば売れるほど事務処理が多くなります。
煩雑な処理はミスにつながり、お客様に迷惑がかかります。

「暇」なうちにものが売れるとしなければならない事務処理に慣れておきましょう。

物を売る。
サイトを立ち上げたら売れる。
そんな風に考えているようでしたら、今すぐ辞めておいた方がいいです。

ショッピングサイトの立ち上げから、事務処理の指導、ブログ、SNSでの発信方法など3か月単位で支援しています。興味のある方は下記お問い合わせからどうぞ。





コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ