食べていければ。なんていうのは謙遜でもなんでもない。

何のために仕事をしていますか?

という問いになんて答えますか?


この答えのベクトルがどこを向いているかで、
その人がどこまで真剣に仕事をしているのかが計れます。



だから、この質問が来たときには、真剣に答えます。


最初は、「食べていければ」だなんて、ひとりよがりな答えしか出せなかったように思います。


最近は、、、




今日は久しぶりの雪景色です。
そんなに積もらなければいいな。




食べていければいいんです。
なんていうのは謙遜でもなんでもなく、仕事を軽く見ていたな。と思います。
売り上げ目標の低さは、自分の仕事が社会に必要とされている仕事だということに気が付いていないか、もしくは社会にとって必要でない仕事をしている。
ということだと最近感じています。


「しかできない」と自分勝手にブレーキをかけ、それが周りにどう影響しているか。
現実に蓋をして、現実逃避をしている結果、周りはどうなっているか。

しっかりと向き合っていきていきたいな。と思います。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ

11/18 ちょっとお得なお勉強会に一緒にいきませんか~~♪♪

死ぬほど働いて月50万か、週4日一日4時間働いて50万か。