何を書いてもOKが出せるブログを書くには。

祝日の11日。
穴水までドライブをして牡蠣を食べてきました。

 今年は例年より牡蠣が大きいのだそうです。
そんな牡蠣がひとり15個もてんこ盛りでおかれてありました。


もずく酢やら、カキフライをいただきながら、炭火で焼かれる牡蠣。
ふちから汁がぶくぶくあがってくるのを眺めていると、ばんっ!と牡蠣がはじいていろんなものが顔めがけて飛んできます。

それでも食べたい焼き牡蠣。


今年はもう1回息子の休みに合わせていく予定です。

かきコース 3800円(税別)
炭火焼き牡蠣
もずく酢
カキフライ
牡蠣ごはん


雁月
〒927-0027 石川県鳳珠郡穴水町字川島レ−109
0768-52-1137

**********************************************************************

ブログでも、フェイスブックでも何を書くかというのは悩めるところだと思います。
ただ、これさえ守れば何を書いてもいい。という方法があります。
ブログやフェイスブックで書く内容に困るという方は、そもそもそれを見てくれるだろう「人」の設定がおかしくなっています。

同業者
ライバル(仕事、プライベートどちらも)
など、自分を誇示したい相手に向かって発信していませんか?
胸に手をあてよ~~~~~~く考えてみてください。


そんなだから、

有名人と肩を並べて撮った写真をアップしたくなったり、
あっちの現場、こっちの現場とやたら忙しいアピールをしたくなるのです。

「すごいね~~〇〇さん」
「すごいね~~そんな有名な方とお仕事してるんだ」

と言われたくてアップしている可能性があります。
ところが、その発信を見ているほとんどの人が「だから?何?」
と思ってみています。


胸に手をあててよ~~~~~く考えてみてください。
自分自身に問うてみてください。


発信が
自分が幸せにしたい方々への情報発信だったら
それはすべてOKになる。
と思っています。

有名人と知り合いであることを誇示するよりも、
自分は普段からどんなことを思い、考え、感じて生きているのか。
そういうことを素直に書く。

それが、ファンを作り、質の良い自分が理想とする仕事が来る土台になると思います。


ただ、自分を好きでいてくれるファンやお客様がそういうことがお好きならそうすればいい。


要は、発信のターゲットがぶれなければ何をしてもいい。ということなのです。


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ