6年前「あほか!」と思われても仕方がない夢がありました。

3月に入りいくつかのホームページが佳境を迎え、楽しみな反面気が抜けない日が続いております。
しかも、今回は同時進行でずんたかた~なので、頭がフル回転です。

おかげさまで、ホ最近では30年、50年続いている企業様からの受注をいただいており、私の方が勉強になることの方が多くなっております。

私をなぜ選んでいただけたのか。

お客様は私のような小さい教室に何を期待しているのか。

つい、お客様に質問してしまいます。



どうも、、、よけいなことを考えず今までどおり私らしく行くのがよいようです。



最近ではお客様の近未来のビジョンを一緒に作ることがメインになってきています。
ホームページもチラシも、フェイスブックやブログの発信も
会社やお店として何を発信していくのか、矛先や方法をお客様ごとにカスタマイズしながらご提案しています。


お客様が喜ぶことは何か。
それは、お客様のお客様が喜んでいる姿を見ること。

単純ではありますが、そこを信じて頭をフル回転しています。
たぶん、ある意味天とつながってアイディアをいただいている。。そんな感覚になっています。




私の起業当時の夢を聞いたらびっくりしますよ。
私は月商6億の社長になる!
と豪語しながらはじめましてのご挨拶をしていました。

おかしなことに「それは無理でしょ」とおっしゃられた社長様はひとりもいませんでした。
まったく相手にされていなかったのだと思いますけど(笑)

6億という数字がどうしてでてきたのかは定かではないのですが、
6億というお金の流れを世の中に起こして喜ぶ人をたくさん作りたい。
というものでした。
そのために一つの村を作りたいんです!!なんて言ってましたからねえ。。今思うと恥ずかしいわ~~と思いますが。

一つの村があります。
そこには、高齢者が元気に暮らしています。
家屋は独立していて、住む人たちは自分たちが得意なことで生計が成り立っています。
生涯現役。人様のお役に立っていると自覚しながら豊かに過ごす人生の先輩方をみて、中年世代は年をとることを楽しみにしています。そしてそういう未来が迎えられるよう今を一生懸命働きます。楽しそうに。そういう中年世代をみて若者は未来に希望を持ち勉強や仕事を頑張り、家族を持つことにも希望をもって生きています。
子どもたちは安心した未来と今を感じながらすくすくと育ちます。

そういう傍から見て希望の村ができあがれば、世の中に6億の流通を起こすことができる。

となぜか単純に思ってしまっていました。

でも、少し仕事が忙しくなってくると、そんな夢物語を言っていることが恥ずかしくなり、現実的な目標を掲げるようになっていました。


ところが、今私はホームページや、事務支援や、チラシ作成塾やその他もろもろ、この土地で頑張っている企業様やお店様とお仕事をしています。どうやったらお客様のお仕事が世の中に役に立つのだとお知らせすることができるのかと一緒に考えながら進んでいます。

楽しくて仕方がありません。
だって、未来を明るくする仕事ばかりですから。

あ。
と思いました。
私は今の仕事を一生懸命していれば、私の手を通っていったお仕事で6億なんてあっというまに達成してしまうじゃないかと。

あの頃も言っていました。
6億のうち私の手元に残るのは100万でいい。あとはそこに携わった人たちに渡っていけばいい。
お金のベクトルはこの時と逆になっているような気がしますが、でも、6年前から突き動かされるように行動してきたことは、あの時無謀な夢だったことへ着々と近づいていたんだと気が付きました。



なんて、素敵な仕事と私は出会ってしまったんでしょう。


なんだか、そんなことに気が付いてしまってうれしくて仕方がありません。

あいもかわらず、変な奴だ。と言われてそうですが・・・(笑)


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ