フェイスブックとブログどっちが大事ですか?どっちをやったらいいですか?

ブログとフェイスブックの違いについて聞かれることがあります。
たぶん、その意図は「どっちをやったらいいですか?」ということであり、どっちかしかしたくない。
というのが本音なんだと思います。

さて、私がブログを始めた6年前。
そのころまだフェイスブックはメジャーではありませんでした。
ブログというのはハンドルネームというニックネームを使い本名を隠して投稿していくのが普通でした。

だから、MAZIRA(私のハンドルネーム)って、本当はどんな名前でどんな顔をしてどんな声をしていて、どんなことを言うのだろう?
とリアルの本人に会いたいという思わせたのかもしれません。
あの当時登録したブログはにぎわっていて、あちこちで「オフ会」なるものが開催され、昼に夜にオフ会が開催された模様がどこかしら次の日のブログをにぎわしていました。

「オフ会」を開催したいな。

一番初めにブログでやりたい目標はこれだったように思います。

人気のブロガーさんが来るオフ会や、人気のブロガーさんのやっているお店に行って一緒に写真を撮ってもらう。まだ、スマホも持っていない時期でしたから携帯電話で写真を撮っていましたっけ。

で、すぐにフェイスブックが普及し始めた。
本名で顔もだして投稿する。初めは抵抗があったものの使っていくうちに、リアルでお話をしているような気分を味わえ、久しぶりに会った人の近況も事前に知っておけ、話題にことかかない便利なツールだと思いました。

ブログの時の「本当はこの人どんな人?」という不安がなくなったとでもいいましょうか。


フェイスブックはグループなんて機能があるので、グループを作ったり、参加したりすることによって出向かずしてオフ会に参加しているような気分も味わえ、また、グループを非公開や秘密の設定にすることによって、オフ会に呼ばれた呼ばれなかったというわらびしい感情も味あわずに済むようになりました。

見てほしくない人はブロックもできるしね。


だから、フェイスブックの方がいいのか?
といわれるとそれはそれ。
ハンドルネームで書く醍醐味はいまだ健在でブログも面白い。
リアルとあまりつながらなくなった面、だれかに遠慮して書くなんてこともしなくてよくなったので、まことに自由にかけるところが好きです。


そもそも、フェイスブックは大きな川にゴムボールを投げ入れているようなもので、投げ入れたボールは途端に流れていってしまい後から見つけるのが至難の業で、コラム的なことを書いても読み返してもらうことは困難です。
それにくらべて過去記事を探しやすいブログは過去記事が探しやすく、覚書にも都合がよいです。

そして、どちらも何のためにやっているか。
それがそもそも大切なわけで
私の場合は、どちらも私に興味や共感を抱いていただくことが目的なわけです。

私という人にかかわりたい。
私という人は自分にはあわない。
そういう風に私に会う前にフィルタになってほしい。
そして、それは、6年やり続けていてうまく機能しているんじゃないかな?って最近思います。


ブログや、フェイスブックを読んでいない人の私の印象は「どん!と構えたボス」
ブログや、フェイスブックを読んでくださっている人の私の印象は「頑張り屋の甘えん坊」
そして、私は相手が「頑張り屋の甘えん坊」と思ってくださっている方が仕事がやりやすい。(笑)


ま、そんなこんなで、フェイスブックとブログどっちが大切ですか?と聞かれれば

どっちも!

がやっぱり答えなわけです。やっていると何かが見えてきますよ。自分なりの何かが。


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

頑張れ②鍼灸師 「林由美子」さん

オーラキラキラの石井さんでした。

ブログに書いていいこと悪いこと