コトバをどの角度から発信するのかは、考え抜いた方がいいと思うよ。

ブログやフェイスブックで伝えたいことがある。

それが、メッセージ性の高いことだったり、批判だったり、攻撃だったりすることだってある。
こういうことを書いて、「そう、ごもっとも!」とか「同意!」とか「共感します!」「シェアします!」
とコメントやメッセージが入ると嬉しいと思う。

たぶんそういう反応が欲しくて書いていると思うから。

自分の考えや思っていることが正しいと思うから発信する。
それは、まちがいでないし、自由にやっていいと思う。



ただ、これをどう描くか。


そこが難しい。
ヘタにやると、戦いを挑んでくるようなコメントや、メッセージが入ってきてしまう。
自分は強く書いているくせに、こういうコメントメッセージが入ってくるとやっぱり傷つく。
それに対処していたり、悶々としてしまったりする時間を少なからずとられ、コメントを返すのに一苦労ということにもなりかねない。

自分の投稿によって問題をなげかけ、そこでディスカッションがはじまるのを期待しているのだったらそれでいい。
でも、たいていは、かなり衝動的にかいているはずだからそこまでの反応がくることは考えていないと思う。

それでも、攻撃に対しては攻撃がやってくる。

そして、その攻防は周りでみているとハラハラさせているに違いない。


その投稿によって、周り中がハラハラしたり、悶々としたりすることを望んではいないのなら、そんな投稿をしようと思った時にどういう切り口で書くのか吟味をした方がいい。


一番気を付けないといけないのは、相手を責める一方的な文書にしないこと。
一人称で書く。
ということをお勧めする。


自分はこう感じた。
こう考えた。
こう思った。

それだけ。
それを文章中で同意を求めたり、みんながそう思っていると言ったり、上から目線で言い放ったり、やっちゃうと、誰かが傷つく。
そして、回りまわって自分が傷つく。
そして、そういうことにプンプンやっているあなたの評価が、祀り上げているその人と同じレベルになってしまう。

鏡の法則。
自分が気にする何かは、自分の中にあるもの。
それが自分ではわかっていなくても、周りは見えてしまったりする。

とは言っても、人間だもの。
そして、誰もが発信できる場が簡単に手に入っちゃうんだもの
言いたいことを言いたいときだってある。

でも、ひとたび自分の体の中からでてコトバや文字で発信したとたんにそれはエネルギーを持つということ。
負のエネルギーはエネルギーを奪う。
正のエネルギーはエネルギーを与える。

自分はどうありたいのか。
ここにも「さもありなん」の精神が問われる。


発信すれば、誰かの目に触れる。誰かの耳に入る。
地面に穴を掘って「オオ様の耳はロバの耳!」と叫んだはずなのに、伝わってしまう。

コトバが自分の体を離れたとたん、「責任」が生じるということ。
有言実行
口先だけや
ペンで人を殺す

コトバに関する先人の教えは当たり前に知っているはずだから。



書きたければ書けばいい。
言いたければ言えばいい。
がまんして病むくらいなら出してしまえばいい。

ただ、「愛情」は忘れないようにしたい。


コトバによって相手を変化させるなんて烏滸がましい。
でも、そのコトバによって腹が立った相手の未来を照らす心があれば、何かが変わる。
そう信じて、未来を照らすコトバをどうせなら発信続けたいと思う。


コトバオンチトレーニングでは、日々の発信で悶々と悩む方の発信方法、発信の考え方を明確にし自信を持って発信できるコトバを探していきます。
コトバオンチトレーニングによって、明るく心軽やかな明日がやってきますように。

それが、コトバオンチトレーニングのコンセプトです。

先日、友人の紹介で四十萬谷本舗のかぶら寿司体験に参加してきました。
切って塩漬けされたかぶら。
10か月塩漬けして熟成した鰤を切って塩抜きされたもの
綺麗に切られたニンジン
甘く発酵した麹
それらが一人分ずつトレーに入って、樽とともに配られ、
その樽にそれらを配置して麹をかぶせて、、、

たったそれだけの体験でした。


でも、楽しかった。
満席だった。
達成感があった。

そして、昨日だして食べてみたら、美味しかった。


自分では手に入らない青首のカブ。
10か月の熟成なんか素人では無理な鰤。
時間がかかる麹。

一度作ったことがあるからこそ知っている手間。
一度買ったことがあるからこそ知っている高価なかぶら寿司。


いろいろヒントをいただいたな。と思います。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ

11/18 ちょっとお得なお勉強会に一緒にいきませんか~~♪♪

死ぬほど働いて月50万か、週4日一日4時間働いて50万か。