一回あった人と親しみを込めて再会できるすごいこと。

2012年12月。
今から3年4か月前。
広島に行ったことがある。2012.12.22記事「広島いってきてん」


その時に行くことになったいきさつのことや、仲間になるかもしれないと思っていた方々とは縁が途切れた今だけど、不思議なもので、ひとりなんだか近況を垣間見ながら、続いていたご縁があった。


フェイスブック。

これがなかったら叶わなかっただろう縁。


今年1月彼女からメッセンジャーでメッセージが来た。
「3月5日に福井までいくので金沢であいませんか?」


うわ!
「おおおおおおお、ぜひ!」


その日から、何を食べたいんだろう?そんなことをワクワクと考えて心待ちに指折り数えていた。



最近の私はあまり夜でかけない。
お魚を食べていただきたいけど、お店を知らない。
2、3人に尋ねたりするものの、最近の金沢は郊外の方がおいしいお店があったりする。

そこにしようか?

でも、飲めない。
飲まないのは平気なんだけど、せっかく一緒に食べるのに飲めないというのは残念だ。


やっぱり駅前かな。



でも、どこがいいんだろう。


ぼ~~~っとフェイスブックを眺めてみる。
あ。



これも同じく数年前に一度行ったお店が浮かんできた。
あそこなら。
一見怖そうな店主。だけど、、勇気を振り絞って予約をする。

いつ以来?とこれまたブログを探してきたら、20102年7月広島に行く数か月前の出来事だったらしい。2012.7.27「オイルサーディンとハートの・・・」
2012年とリンクする日。おもしろいじゃないか。

このお店もその時フェイスブックで友達になっていただき、その後「いいね!」をマメに押してくださっていたので頭から消えることがなかった。
といっても、4年近くご無沙汰なのだけど、、で、今回が2度目なんだけども。。まいいか。


金沢駅の「welcome」の噴水の前で待ち合わせをした。
ネットから借りてきた写真に丸印をつけ、この辺で。と送った。



ドキドキしながら約束の時間に行くと、
「伊藤さ~~ん」と手を振って歩いてきた。

「うわあ~~~~!」
コトバにならない。
なんだかすごく感動した。

そのまま、お店へ。






「広島からのお客様なんで」

刺身はもちろん、のどくろも食べないとね。
「和台」名物オイルサーディンに焼いたしいたけをつけて食べてみてとすすめられてやってみた。
美味しくないわけがない。ほっぺたがおちる。
真っ赤なトマトの周りのジュースはビールに少し落として飲んだり、刺身のつまのダイコンに絡めてたべた。

他にも白子の天ぷらやら、たんと食べた気がする。


なんだか名残惜しいので、「まだ時間大丈夫?」と聞くと大丈夫♪とかえってきたので
これまた久しぶりに片町にいくことにした。

でも、お店をほとんどしらない。

「マスター、こらから片町出ようと思うのだけど、どこ行こう?」
「そりゃ、エリントンやろ」

「あ、そうか。」


こっちもたぶん2012年に何度か行ったお店。
このお店も名物マスターがいる。
2012年7月に初めて和台に行った後も行ったお店。

写真なし。
大繁盛で、友人は「バブルのころ思い出すわ~」と言っていた。
確かに、いい年をしたいい感じの大人がワイワイと楽しんでいる様はバブルを思い出すかも。


あんなに楽しみにしていたのに、あっという間に時間は過ぎてしまった。
でも、フェイスブックがある限り、フェイスブックに自分がいる限り、またこうやって再会することが分かったので、気持ちよく「さようなら」を言った。

「また来ますね」
「広島にまた行けるように頑張ります!」

そうやって、握手した手がなかなか離せない。

何度も振り返って手を振っている彼女。
振り返るたびに手をふる私。

またね。
きっと、会おうね。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ