営業するのは嫌いです。どうやっていいのかわからない。だけど、きっと営業はしています。

「営業」は不得意な方だと思っている。
初めての場に顔をだすと、物おじしてしまう。

というと、「うそ!」と言われると予想できますが。
でも自分ではそう思っている。




ただ、目の前に困っている人をみると、つい相談に乗ってあげたくなる。
聞くと、「こうしたらどうですか?」とつい口からでてしまう。



というのをもしかしたら「営業」というのだろうか?









たぶん、私が部下を持って、営業にいってこい!と言って、こういう言い訳をされたら、「それでいいよ」というんじゃないかと。







商品説明をすることが「営業」ではないのだということは、自営業になって強く感じる。
色々な人の営業も聞く機会が多いので、商品説明をする営業ほど面白味がないと感じることも多く、伝えるってほんと難しいな~~と思いつつ、いや、本当はすごく簡単なことなのだよん。と腹の中では思っているような気もする。

物を売る
のではなく
人を売る

我を捨て、エゴを捨てると、なぜか結果的にそうなるような気がする。


春。
なんだか、エネルギーが外に向かっていくので、体がついていかない。
体調を崩している人も多いようだ。
そんな時は、ゆっくり休むか、
家族との時間をとってみるとよいのかも。


昨日、仕事と仕事の合間に2時間ほどの時間ができたので、休日のチビとコディバにホワイトデーのお返しのチョコを買いに行ってきた。
母親と行くのを承諾するくらいだから、会社の部署に配られた義理チョコのお返しの役を仰せつかり人生初めてのホワイトデープレゼントを選ぶなんてイベントに戸惑っていたのと、なんだかめんどくさいようで、めんどくさいならさっさと用事を済ませてしまいなさい!とおせっかいな母がお尻をたたいた。というわけだ。

集めたお金で、ゴティバで大人買いする姿はちょっとおもしろかった。

でるまでに、ぐずぐずやってるもんだから時間があまりなく、買うものを買ってさっさと帰ろうと駐車場に向かった道すがら、店先に「ちょっとあんたに似合うと思うんだけど!!!」と声をかけてくるバックが。

「ねえ、このバックよさげでない?」
「いいんじゃね?」
「ほしいな。。でも高いな」
「買ってあげようか?ボーナスのプレゼントもできんままやったし」
「まぢ♡」

わ~~~~い、わ~~~~~~い、わ~~~~~~~~~い♪♪♪

20年育てた甲斐があったもんだよ。
とこんなことで感じる下世話な私。
(笑)

たぶん300円のリップクリームだって息子に買ってもらったらうれしいと思う。
物が手に入るという喜びよりも、もっともっとはかりしれないこみ上げるしみじみとした言葉にできないうれしさがある。

今日の占いが1番だったので、よき日ということで、今日からさっそく使うことに♪


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ

11/18 ちょっとお得なお勉強会に一緒にいきませんか~~♪♪

死ぬほど働いて月50万か、週4日一日4時間働いて50万か。