今までFAXがなくてもなんら支障がなかったんです!

独立当時からひとつ意固地になって使っていないものがあります。
FAX
です。

6年前でもメールがありました。
その後すぐにフェイスブックのメッセンジャーを使うようになり
FAXがないことが何か支障をきたすということは特別なかったように思います。

あ、過去一件、、、とある異業種交流会に参加しようか迷っていた時に、
県議会議員の先生がいらしてその方に「FAXや封書で連絡を送らないのは失礼にあたります」と言われたことがあり、なんだかとても保守的に感じて、「こんな考えの方がいらしゃる会に魅力はないわ!」と入会をやめるきっかけになったことがありましたっけ。

で、その件以外は「うちFAXないんです。」といえばメールのPDFで送ってもらえたり、様式をメールで送っていただいて入力したものをPDFにしてメールで送り返す。
なんてことで全然何ら問題がありませんでした。

だってねえ。
固定電話自体がなくてもビジネスが成り立つ世の中になってきたじゃありませんか。
一昔前は076から始まる電話番号をもっていないと信用問題だって言われてましたけど、今名刺に携帯電話番号だけでも誰も何も言わない。
固定電話の普及率は70%台で右肩下がり20代においては10%強しか固定電話をすでにもっていないというデーターがあるのです。これが現実です。


それに、個人事業主は携帯電話じゃないとつながらないですよ。

で、ほんとどうしてもの時はFAXなんてコンビニ行って送ればいいし。
とそんな考えでやってきました。

あ、もうひとつ、封書で送るという作業にかかる時間、封書で送るための切手代、ばかになりません。
50人に送ろうと思うと宛名を書く時間、封筒に中身を入れて封をする時間、切手を貼る時間、ポストに入れに行く時間がまずかかりますし、切手代は82円×50=4100円 毎月送るとしましたら、49200円。年間5万円近くかかる計算になります。ひとりあたり約1000円。切手代だけだとまあそんなものかと思いますが、そこにかかる労力、人の手を考えるとそんだけではすまなくなります。従業員にさせていればその間の時給が発生しているわけですから。

メールにしたからと言って0になるわけではありませんがね。



まあ、正直なところ、実はFAX付きの電話を買うのが買えなかったことや、それにかかわるランニングコストを削減したかった。。。というのが理由だったりするんですけど。


何事も本音と建て前がありまして。
なんだかもっともらしいことを言っていても、「じ・つ・はぁ」という本音があるもんです。


で、まあ、6年経った今やっぱり日常FAXはほとんどなくていい仕事をしています。
が、いろいろご縁あって所属した会の出欠確認がFAX仕様だった。。。
あちゃ~~です。
駆け出しのころだったらいきがっていてもよかったんですけど、今はこっちが融通の利かないおばさんのようでなんだか恥ずかしくもあり。。。
かといって、月に一度のことにFAXを準備して、、というよりも固定電話回線を引いて・・・というのも今更できない。。

「申し訳ございません、当方FAXがないのですがどうしたらよろしいでしょうか?」

言い訳せずに事務局の方に伺いました。

「でしたら、封書でおくりますので記入してまた封書で送っていただいてもよろしいですよ」

という優しい回答。

「お手数をおかけいたしますが、そのようにお願いいたします」

と宛名を書いたり、封筒に詰めたり、切手を張ったり、ポストに投函しにいったり、もし私ひとりだったら非常に迷惑な話だな・・・・とおもいつつお言葉に甘えることにしました。
その分、何か違う形でお役にたてたら・・・なんてことを思っています。


で、申し訳ないな~~~なんて思っていた矢先、フェイスブックのタイムラインにおもしろいアプリが紹介されてました。

1日1件までだったらFAXが無料で送信できるサービスのアプリ。



PC-FAX.com というアプリ。
ios(https://itunes.apple.com/jp/app/pc-fax.com-freefax-international/id409381562?l=en&mt=8
アンドロイド(https://play.google.com/store/apps/details?id=de.fax.freefax&hl=ja
使い方などがあるサイト(http://0en-fax.com/free/freefax/

で、昨日封書で届いたFAX用紙。(本当にお手数をおかけいたしております!!ありがとうございます)手書きで記入しさっそくこのアプリを使用してみました。

日本語表記でないところが少々不安をそそりますが、冷静に対処すれば何のことを言っているかくらいは見当がつくというもの。。(先ほど紹介したサイトは日本語で説明されていましたんでぜひご参照を。)

で、「Send Photo Fax」をぽちっとして記入した用紙を写メって、かたがり補正の画面がでてきたので調整してOKして先方のFAX番号を入力してポチ!
とやってみました。

ちょっとドキドキ、、そして先方には封書でお手数をおかけしているというのに送る方は机から一歩も動かずして送信してしまったという申し訳なさ・・・も少々。


ポチした直後、履歴はOutgoing Faxes①に。たぶん送ってる最中ですよ~ってことだと。
で、このブログをを入力している間に Sent Faxes① になってました。送ったよ~~ってことですよね。

このアプリは送信専用アプリなのですが、受信できるアプリがあればいいのにな~~とちょっとだけ探してみました。
見つけたのはそのアプリを持っている同志だったら送受信が無料というもの。
ってことはスマホ同志ってこと・・・ってことはLINEやメッセンジャーで写メで送ったりすりゃいいじゃん。。ってことで却下。

固定のFAX番号からスマホにFAXが送ってもらえるアプリは月々いくらとかポイント制いうものならありました。月に1回のこと・・・なので無料にこだわりたかったりする私。

FAXってずっと持っている人にとっては当たり前なのだと思います。

が、私はなくてもここまでやれてきちゃったのでねえ・・・
で、たぶん、これから先スマホがもっともっと便利になっていくことが考えられるので、ますます必要じゃなくなるよな~~と思ってしまい。。
いや、でも手をわずらわせてしまっているという罪悪感。。。

う~~~ん悩む。
けど、たぶんこれからも持たないだろうな~~FAX。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

石引の「風月堂」さんが10/31で店じまいらしいです(´;ω;`)ウゥゥ

11/18 ちょっとお得なお勉強会に一緒にいきませんか~~♪♪

死ぬほど働いて月50万か、週4日一日4時間働いて50万か。