自分自身が成長するスピードについていけずブランディングが追いつかないんだけど。

昨日ブログのヘッダーを変えるにあたって、
タイトルは夜中の2時に決まっていたのだけれども、さて、サブタイトルというかキャッチコピーは何にしよう?

と調子よくカタカタ動いていた手が止まりました。

う~~~ん。う~~~~ん。


話はちょっと変わりますけど、


私の名刺。
行く先々で、興味を持ってもらえます。
中には「え!!お医者様なんですね!!」なんて言われてもう少しで「はい」なんて言っちゃいそうになります。

この名刺をデザイナーの友人に見せた時には私の肩書は「院長」になっていて、
友人から「これは誤解を招くし、もうちょっと名が知れて有名になったら冗談で書いてもいいかもしれないけど、今はまだやめておきなさい」と忠告されたので、素直に「代表」に変えました。

ITオンチのかかりつけ医。

この枕詞が降ってきたときには「アイディアの神様!!ありがとう~~~」と天を仰いで喜びました。なんだか、私にぴったりなのですもの。

で、一番誤解があったところが、「往診・特別外来・スカイプ外来・セカンドオピニオン」の部分。
初代のものは名前の上にこれを書いたものだからよけいに医者かと誤解をうけました。
今はひっそりと、、さりげなく書いてあります。


で、これを今回のブログのヘッダーデザインに使わなくっちゃ!!と思ったけれども、名刺なら誤解があれば説明すればよいけれども、WEBの場合見た人が誤解をしちゃったら誤解しっぱなし。
こちら側では誤解されてしまっていることにも気が付くことができない。

「白衣来て写真撮ってもらおうかな♪」
なんて浮かんだけれども、ややこしくなる・・・
「聴診器ぶら下げて・・・」
あかんあかん。


そんなことよりも、一目で私が何をやっているのか伝わるように。
しかもインパクトがあり。
忘れられにくいもの。
ホームページやフェイスブックのイメージと連動性があるもの。
「私」らしいもの。

何も今回初めてこういうことを考えたのでは決してない。
あぽじらを立ち上げた6年前だってブランディング考えて、ポジラとまじらをひねりだしたわけだし。
自分をどうブランディングしようか。
はずっとずっと右往左往悩んで・・・考えてきたつもり。


でも、難しい。
しかも。

自分がどんどん自分の予想以上に成長していくので、ブランディングが付いていかない(笑)


あれもこれもできる。
ほんと、器用貧乏でなんでもできる。
そつなくこなす。

だけれども、とんがりたい。


同業者だっていっぱいいる。
喧嘩はしたくない。
だけど、目立ちたい(笑)


おととし、「コトバオンチトレーニング」なるものに行きついて、やっと、シンプルなブランディングにたどり着いた。
「ITオンチのかかりつけ医」
小さいころからお腹が痛くても、熱が出ても、かもするとちょっとした怪我でもいっていたかもしれない近所のお医者さん。家族構成やら、既往症やら、何も言わなくてもわかっていてくれる。
顔を見ただけでお腹が痛いのが治っちゃうみたいな。




ITオンチのかかりつけ医が書くブログ。
って、どんなんだろう?

って、今更今までと路線変えて書く気もないけど。
私は何を書いてきた?
私はブログの読者からどんな感想をもらっていた?


とカタカタやる手を止めて考えてみたら


「何か困った時に、もしかしたら役に立つかもしれない・・・ブログ」

となった。

パソコンやスマホの情報ばかりでない、息子たちのネタやら、料理ネタやら、愚痴ネタやらなんでも書いている。そのどれもがそれぞれ読み手によって「共感」してもらえている。
読み手の勝手で、解釈されありがたがられている。
ありがたがられている。。
ありがたがられ・・・

あそうか。

何かの役にたっているんだ。


というわけ。


セミナーを受講して熱が冷めないうちに、行動を起こすと変化が大きい。
たぶん、変化を望むからセミナーに参加しているのだろうから、セミナーに参加して行動を起こさないのは何しに行ってんのか???と思ってしまう。


でも、セミナーを受講して行動に移す人は一握り。
だから、セミナーはなくならない。。。(笑)


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ