ブログで仕事をとりたいのなら、読み手(ターゲット)に心配されるようなことは書かないでおこうね。

もしも、ブログで集客をしたいと思うなら。
たまに体の不調を書いてもよいけど、毎日体調がわるいということは書かないほうがいい。

仕事を依頼しようかと思う人の気持ちになってみてると、
やっぱり元気な人に仕事をしてもらいたいと思う。

たまの風邪ならいい。
毎日頭痛が・・・お腹が・・・って言っている人に怖くて仕事を依頼できないよ。
依頼する方だって必死なんだから。
目的があって依頼するんだから。
もしかしたら、納期に間に合わないかもしれない。
最悪、完成にこぎつけないかもしれない。
なんて不安が見えているのに、仕事は依頼しない。

私は特に「ゲンを担ぐ」ことをするので、元気な人と組んで仕事がしたい。
しごとってのは、出来上がりまでに何度となくやりとりがあるし、
その時には、元気な人と話をしている方が気持ちがいい。





体調の事や心の揺れや、いい日ばかりじゃない。
そんなのはわかっている。
でも、仕事とはそういうものだ。

元気で明るいところに人は集まってくる。



負の発信で人の気をひきたくなる感情。
これもまた、よくわかる。
自分もそういう感情に支配される時があるから。
「孤独」を感じ誰かに構ってほしくなる時に、つい、負で人を呼び寄せたくなってくる。
でも、こういう時って、「類友」。
同じようなかまってほしい人たちが集まってくるので、
かまってほしい感情は、結局埋められなくなってしまう。



仕事と関係なくブログやらフェイスブックをやっているのだったら、好きに書けばよいのだけれども、仕事が欲しくて書いているブログだったら、


歯を食いしばってでも、ポジティブな発信をしたほうがいい。まあ、無理なら、淡々と書こう。




体が悪くても、仕事をにこやかにやっている人たちもいる。




そして、ひとつだけわかっていてほしい。
みんな、毎日が元気なわけではない。いろんなことがある。
必死で元気を取り繕う日だってある。
だから、「かまって」投稿をみると、ザワザワするのだ。
たぶん、自分だって弱音を吐きたい。
吐いてみたい。
だけど、それが、未来の自分にとって特にならないことを知っているから我慢している。
我慢している感情が、ザワザワを呼ぶ。


なので、読まないようにする。


まあ、私がペルソナ(読んでほしいターゲット)ではないのだったら、見事にペルソナ設定は成功しているということになるのだけれども。



発信には必ず「読み手」という相手がいる。
やっぱり「相手」が心地よい発信を心がけた方がいいと信じている。


私の場合、たまにたま~~~~~~~に、むしゃくしゃして毒を吐くこともあるのだけど、
日々は、誰か幸せにしたい一人の人を思い浮かべて書いている。

毒を吐きたいときは、攻撃したい誰かになっちまうけど。

でも日々は、幸せにしたい誰か。笑っていてほしい誰か。




日記のようなブログも、
ハウツーものブログも、

一緒だと思うよ。

あ、フェイスブックもね。


コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ