あ~、自分にもあったな。。しかも1回や2回ではなかったぞと思い出してしまいした。

北海道の置き去り事件で、自分にも身に覚えがあると思った人はかなりいると思う。
昨日、親子連れの子どもたちにインタビューしたものがテレビでやっていたけれど、
子どもたち特に男の子の大半が
「2度目にされたら、もういい!って思って追いかけない(親の車などを)」
と言っていたのが印象的だった。

女の子たちは、泣いて追いかけるといっていた。


たぶん、長男が4歳~5歳くらいの頃だった思う、
三番目も生まれ手が回らなくなった私に対して、長男は何かにつけ反抗的で、一度こじれると本当に憎たらしいくらい折れてくれなかった。

泣けば収集がつくものの、泣くこともせず、「じゃ、歩いて帰れ」と言って、とうとう車から出して道に放り出したことがあった。
数メートル車を走らせ、バックミラーで見ていると、長男は泣くこともなく、プンプンの顔をして数メートル先をにらみつけながら黙々と歩いていた。


その様子が、「この子はまじで歩いて帰ろうとしている」と感じ、あきらめて「車に入りなさい。」と降りて車に入れようとするも、「いい!歩いて帰る!」と一向に車に乗ろうともせず、ただでさえ腹が立っているのに、もうこっちも収集が付かない状況になり、、、そのあとの記憶がない。


玄関の外に出したこともあったけれど、その時は私の車のボンネットの上に飛び乗り、思いっきりジャンプして暴れていたっけ。

普段はおとなしいのにキレると収拾がきかなくなる長男に、将来この子は家庭内暴力とかになるんじゃないかと、真剣に将来を案じていた。


誰だってある。
自分が子供のころだって覚えがある。



しつけ。


なんかじゃなかったことは、今もその当時も重々わかっている。
ついこの間まで、おっぱいをあげて、抱っこしていれば私の手の中にいた我が子が、ひとつの人格を持って私に向かってくるという現実。
私の分身のように感じていた存在が1個の人間なんだと、その反抗期の時に長男の行動とともに理解していったんだと思う。

一人の人間として向かってくる我が子。
「言うことを聞け!」という私。

下の子たちもいて、毎日が子どもたちの世話で終わっていく日々。

子どもと夕日を見ながらお手手をつないで帰路に着く。
なんてことは「みんなの歌」の世界で、現実は前に三男を抱っこひもでかかえ、右手には次男、左に泣き叫ぶ長男を抱えて買い物・・・なんてことしょっちゅうで、
親になって、5年。


なんだか、その時の様子を一気に思い出した。



寝ている間に、どっかに行ってしまおうとか、
なんで、こんなことになってんのかと途方に暮れて泣きながら夕飯を作ったことだってある。








そして、25年。
なんだか、すべてがわかったような顔をして親になったつもりの自分がいる。



子育てをしていて、一番つらかったことは、ドラマや育児書のような笑顔のママで毎日過ごせない自分を受け入れることだった。そういう自分もあるということを許せなかった。
今まで知らなかった、ドロドロしていて意地悪で根性なしで、なんだか、絶対自分じゃない!!と思いたくなるような自分がどんどん現れてきて、そのあとにものすごい自己嫌悪の感情がやってきて、これから先もずっとこんな自分と向き合って生きていかないといけないことが辛くてしょうがなかった。

それでも、でも、でも、捨てることもなく、殺すこともなく、ここまで一緒に暮らしていけたのは、寸前で踏みとどまる「理性」があったからだと思う。
「愛情」とかではなく、「理性」であったと確かに思う。



そして、その時々にいろんなことがあって、月日は子どもたちをどんどん大人に近づけていってくれて、息子たちが、こんな私を丸ごと受け止めていてくれることにだんだん気が付き、ことあるごとに励ましてくれたり、応援してくれたり、一番欲しい言葉を私にかけてくれたり、そのたびにそれまでたまっていたどろどろが嬉し涙とともに流れていき、、、、





我が子ってたぶん、自分の鏡だ。
申し訳ないが、自分の姿を写しだして見せるためにこの世にあらわれたんだとおもえて仕方がない。
それに、気が付くか、気が付かないかは人それぞれだと思うけれども。
で、そんなことを言うと、「そんなん、知らん」と息子たちは言うだろうけれども。





「2度目があったら、もういい!って思って親を追いかけない」
絶対的にたぶん信じている親にそんなことをされてもう信じることができない。
って思うんだろうか?
それだけ、親を無邪気に信じているからこそ、ショックが大きいのだろうか。

男の子の親。
たぶん、女の子とは違うものがあるんだろうけど、男の子しか育ててないから、比べようもなく。
ただ、自分と比べることはできて、
私は息子たちほど自分の親に優しくない。



コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ