そういえば最近たわいもない話をせずにいる。仕事の話ばっか。

えんどう豆の筋取り、
栗の皮むき、
梅のヘタ取り。

こいつらは、ひとりでやっているとただただ「作業」という感じでおもしろくない。
やってもやっても進まないような気にさえなってくる。

それが、誰かと一緒にやっていると、あっという間に終わってしまう。

ぺちゃくちゃとおしゃべりしながら、手を動かしながら、目では傷がないか?虫が食べてないか?
とちゃんと確認している。


近所の仲のいい主婦たちが集まって、台所に座って井戸端会議をしながら。
なんて光景が目に浮かぶと思う。


女性はそうやって、たわいもない話をしながら、脳みその整理をしていくと健康にいいのかもしれない。


梅が手に入った。
うちでは持てあます量。
フェイスブックで声をかけてみた。
あっという間にやってみたいと人が集まった。

梅を計って、お塩やら、氷砂糖やら、ジプロックやらをもって
出かけた。

久しぶりに会う友人たち。
梅のおかげ。




先日静岡に行く前に漬け込みをした梅は先週土曜日あたりから、梅酢があがってきた。
以前たるでつけたときには、樽から梅酢があふれ出た。
それくらい、梅酢はでてくる。


結構いい加減でもできるのだけれども、
この塩漬けに手を抜くと、えぐみが抜けずおいしくない梅干しができてしまう。
ころころ、ころころと梅の塩梅を眺めながら3週間ほどおく。

その間に
どんどん梅の様子が変わってくる。
どんどんかわいらしく変化する。

あちこちに転がっていた蓋つき瓶を洗って、熱湯消毒した。
梅干しが出来上がったら、瓶に入れておこうと思って。

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ