投稿

7月, 2016の投稿を表示しています

北國花火大会とおうちパーティ

イメージ
今の場所に引っ越ししてきたのが3年前。
体調がボロボロで、歩くのもしんどかった時にここを見つけて、そして、「花火」が間近で上がることを不動産屋さんに聞いて、住みたいな~と強く思いましたっけ。


実家の父との関係性をあまりよく書かない私ですが、昔、千里浜であがる花火大会に父に手をひかれながら見に行ったことがうれしくて、毎年楽しみにしていたことは明らかで。
ある意味いつもあの花火大会の様な父だったらと願いながらいたようなきがします。

千里浜は夏休み毎日夕方の凪の時間、温かい海で夕飯まで父に遊んでもらった記憶と、花火の記憶が心地よく刻まれています。

だから、「花火」がいながらにして見られる家は、なんだかとっても嬉しくて。

ただ、その年はもうすでに終わった後だったので、1年後の花火大会を本当に心待ちにしながらいました。

そして、今年で3回目。北國花火大会。



マンション中に響く花火の音。そのたびにマンションがゆすられて1年分の悪阻を吐きだしているようです。

今年は夜になっていい感じの風が吹き出し、外にいて花火を鑑賞するには最高の年でした。


あんまり大人数でワイワイは好きではないので、毎年こじんまりと友人を招いて花火鑑賞しています。花火が始まるとじっくり食べていられないので、始まる1時間前くらいがスタート。
今年は、うちの自慢のお米(宝達志水町の荻島農園さんのお米)を食べていただきたく、ご飯に合うおかずを並べました。

牛肉のしぐれ煮
焼き鮭のほぐし
鶏そぼろとゴーヤとしし唐の味噌炒め
ちりめん山椒
たくあん
今年の梅干しの実崩れしたやつ。
冷やしトマト
塩きゅうり
鶴来中本農園さんのトウモロコシ
お子ちゃま用に赤いウインナー
手巻きおにぎりにしようと思った海苔
途中で気分を変えたい用のお茶漬け用のお出汁。

そして、差し入れの鳥手羽元と卵のこっくり煮
大量のビール

すっかりと酔ってしまい、あわててヤーコン茶をいれました。

お盆に東京の妹家族が遊びに来るので、その時もこんな感じにしようかな。
これに刺身でもあれば・・・


8月になります。8月は前半が勝負。
一気に駆け抜けようと思います。
えいえいお~~~~~~~!!

g.o.a.t KDDIからでたブログサービス。なかなかスタイリッシュ♪

イメージ
この夏は、事務所兼自宅・・・自宅兼事務所でコツコツやらないといけない仕事が目白押し。

ということで、旧パソコンをとりあえずリビングに移動して、クーラーをあっちでもこっちでも運転しなくてもいいような環境を作ってみた。

くくるの特等席のリビングの出窓。
プリンターとパソコンをおいたらいっぱいいっぱいになってしまった。

「ここは、私の場所なのに!」
と言わんばかりに仕事の邪魔をしてくる。
パソコンの上に乗っていたかと思おうと、キーボードとモニターの前をうろうろし、キーボードを踏まなけりゃいいんでしょ!とキーボードを器用にまたいで歩き出す。


「どいて!」
というと、まったく動かなくなってしまう。


んとに、猫は年をとるとどんどん人間に近づいてくるんだから。




さて、今日は花火大会。
毎年なんかしらのお客様を招いてみたりしているけど。
花火は土地の浄化になるらしい。

ちょこちょこつまめるものを準備して、
この体も浄化してもらおうかな。


先日、KDDIから新しいブログサービス「g.o.a.t」が出た。
Jimdoをこよなく愛する者として、ちょっと使ってみないと。
イケメンプロデューサーが手掛けたらしく、なかなかスタイリッシュな面持ち。
今までの「ざ・ぶろぐです」というのとちょっとちがって、なかなかいい感じ。

https://www.goat.at/


登録したら、順次ブログ開設の案内がやってくる。

3日ほど待って、メールが来た。

まだβ版らしいけど、立ち上げてみた。
立ち上げてみたけど、365日毎日毎日ブログを書いているので今更もう一個といってもネタがない。
なんだか、もったいつけたような内容になったけれども、使用感を味わいたかったといことで。

https://apozira.goat.me/3rcKszJf

本当は・・・Jimdoネタを書きたかったんだけど。
ま、おいおい。





とことんつきあう、訪問型パソコン教室 .あぽじら
ITオンチでもできるホームページ作成塾
WEB文章作成指導
チラシ作成塾 PowerPointでチラシを作成しWEB入稿で印刷屋さんに発注するところまで教えます。 制作事例も載せてありますのでぜひ、上のバナーをクリックして詳細をご覧ください。
事務指導 支援サービスJimdoCafe 武蔵セミナーのご案内伊藤雅恵Facebook お問い合わせ .あぽじら 金沢市三社町11-3…

フジ医療器 サイバーリラックスマッサージチェアが我が家にやってきた!

イメージ
チビが、マッサージチェアを買ってくれました。
チビ自身首や肩がこって辛いからその気になりました。
昨日電気屋さんが設置に来てくれました。
「おかん、先にやってみれば?」 「なん、いいよ、あんたからしてみまっしいね」 「いいが?」 「もちろん」
嬉しそうに座りスイッチを入れるチビ。


そして、プシュプシュいう怪物が気になってしょうがないくくる。

ええ、やろ? くくたん。
モミ玉がまっすぐだけでなく、いちいちぐいーんとやってから脇の方にちょっとずれて移動します。
ろっ骨を開くような感覚。
足をエアーでしっかりと押さえ椅子が倒れていき、体全体をストレッチしてくれます。
お尻の側部や、太もも、腕もくまなく・・・

30年待っててよかった~~~!!
という最新のハイテクマシーンがやってきました。





私は、息子たちが生まれてから、自分が生きる基準は息子たちが幸せかどうか?でした。
息子たちが幸せなために、お母さんである私はどうしたらいい? を自問自答し続けて生きてきました。
それは、自分を犠牲にして生きてきたわけでは決してなかったと、はっきりと言えます。
家族を持ち、家族を最優先させて生きる。20数年いろんなことがありましたが、でも、後悔がどこにもないのは、自分に正直にお母さんであることを全うしてきたからだと思います。
旦那に嫌気がさしたのは、この価値観を共有できなかったことが一番の問題だと思ったからだと思います。

子どもを持って、一生懸命子育てに没頭してきてよかった。 今自分がやりたいことをやれているのも、一番の応援者になってくれているのも、その濃密な時間があったからだとはっきりと言えます。

子どもを生むには期限があります。 身ごもって出産する体力というより、育てる体力の方がとてつもなくエネルギーがいります。 自分の力ではどうにもならないことを知り、変わってやれない苦しみを味わい、事が起これば自分を責め、そうやって20年きました。
でも、だからこその今があります。
子育てを一番にして生きましょう。 それからでも、自分らしくら生きるなんてこと簡単にできます。
「お母さん」であることが自分らしく生きていること。
そう思って、「今この時一番大切な物」をしっかりと目を開いて見つめて生きていきましょう。

何かを買ってもらったから、いい息子だというわけではないと思います。
ただ、お互いかけがえのない存在である…

アメブロがいいのか、ライブドアがいいのか、はてなブログがいいのか??????

イメージ
ブログを何で書いたらいい?

そんな質問をたくさんいただきます。

伊藤さんは何で書いてますか?

も質問いただきます。


私はグーグルのブログサービス Blogger を使っています。
使っている理由は

無料である
無料であるのに広告が表示されない
レイアウトカスタマイズが他の者よりも簡単
問い合わせフォーム、地図などの表示も簡単
画像をアップするときにリサイズしなくてもいい
ブログの新規投稿ページがシンプル
マイページはアクセス数分析がほとんどで、他のブログツールの様な面倒なマイページがない
スマホアプリが軽い(現在iosアプリでのBloggerはなくなった)

しかも独自ドメインが載せることが出来たりと
ま、あげればきりがなく、
重宝しています。

ご祝儀アクセス数なんてものもないので、アクセス数はとってもシビアな数字ですが、これも、グーグルアナリティクスで自分のブログを登録してみてみると現実が見れるわけで、

とにかく気に入っているわけです。


だからといって、Blogger がいいよ!これにしなさい!

とは言いません。


私にブログは何で書いたらいい?

と聞くと必ず

何でブログを書きたいのですか?

という質問をされます。
そこがあいまいな方は、今のブログのままお続けなさいと言います。
初めての方でしたら、ブログがなぜ必要なのか、ブログだけではいけない理由なども含めてお話しします。
たいていの人はこの話を聞くと「もうしばらく考えます」と言います。

ブログはどこで書いたから効果がある。
ということはないです。
何で書いても効果がある人は効果があるし、無い人はないです。

要はただ書いていても時間のムダです。


私が、このブログで書いてもやっていけているのは、フェイスブックをやっていますし、ホームページを持っているからです。
ブログのファンが一定量いて、記事を待っていてくれる方がいるとう実感がきちんとあるからです。

そして、コメントなどがにぎわってそこに時間をつぶすことが無いように書いています。


アメブロでも、FC2でも、エキサイトでも、gooでも、ライブドアでも、ハテナでも、金沢ブログでも、どこだっていいんです。
自分の中に

何のためにそれをやっているかということがきちんと落とし込まれているなら。


1年に1回書くようなブログなら、公開するのやめてしまえばいいです。
そんなの単なる…

「肉!肉!肉!」ちょうど「肉!」が食べたいと思っておりましたの(笑)

イメージ
金沢市三馬の金沢赤十字病院の向かい側にある 名店「かんだ」。
行ってみたい行ってみたいと思いながらなかなかご縁がありませんでした。

で、昨夜、とある会におよばれいたしまして、念願かないました♪


10名ほどの会で、周りはSNSとかそんなにやってらっしゃらないような方々の集まりで、いつものように写メをパシャパシャとるような雰囲気ではなかったので、写真は少ないのですが、

その日にあがったお魚のお造りや、やきたてプリプリのまんじゅ貝がでてきて、
「あれ?ここは割烹だったっけ?」
と思うほどでした。

焼きナスと豆乳のビシソワーズや、もずくそうめんやらもおいしかったな~。

牛筋肉の煮たのは、大好きなあっさり系おネギいっぱい!
天ぷらまででてきて、
どんどんお腹は膨れていきます。

そして、まってました!
のステーキ。
かなりの満腹感で食べられるか??と思いましたがペロリんこ。


もう~はいらない~~~~!!
と言っていると、〆のご案内。
特製のオムレツライス、トウガラシ味噌のご飯、蕎麦、タコライスから選んでください。
と。

特製のオムレツライスが、特製だから!!という周りの方々のおすすめで私はそれに。
うまし!!
でした。




「かんだ」さんしばらく営業していなかったらしいです。
なぜか。
実は、ご主人が大変な交通事故に合われ九死に一生のけがをしていたのだそうです。
その事故の悲惨さは、途中ご挨拶にいらしたご主人の様子をみれば察しがつき、まだ後遺症があるのかでお客様のご要望が多くお店を再開したそうです。

たぶん、復帰されたのをご存じない方も多いのでは?
ネット上にはお店がしまっていて残念だという書き込みも多くみられましたから。

「かんだ」さん。
ステーキ屋さんというとちょっと敷居が高くて特別な時にしか行けないような気がしていましたが、お昼のランチは1200円だそうで、これはまた、ランチにも来てみないと!!と思っています。


今日からまた暑くなるようです。
「肉!」を食べてギラギラとお仕事しませんか?(笑)

キトキトのお刺身と、キンキンに冷えた生ビールもうまかった~~~!!


「かんだ」 金沢市三馬2丁目239 076-280-7770 水曜日お休み http://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000505/

私的には、「ステーキ」が食べたい!!「肉、肉!…

手仕事好きです。仕事にはしたくないけど息抜きによいです。

イメージ
とある休日の手仕事。

巾着?
こどものスカート?


さらし布をざくざく切って、いい加減にアイロンで折り目を付けて、待ち針なしでどんどん縫います。
ミシンは18歳のころ、裁縫が好きな私のために母が毎月積み立てをして買ってくれたミシンです。
30年選手ですが、健在にうごきます。
ちなみに、スチームアイロンも30年ものです。

夏は100均にかわいい手拭いがいろいろな柄で売られているので、ついつい買っちゃいます。
ちょっと薄手で今回加工したものにはちょっと頼りなげではあるのですが。

水色の生地は息子たちが小さいころ甚平を縫うのに反物で買ったさらし布です。
ちょうど2個分のこってました。

で、何?これ。
知りたい方は私と会った時にでもおたずねください。



おいしいもの、心地いいもの好きですね。
それから、ミシンをかけている時間も好きですね。
マンションに引っ越してきて3年。初めてミシンを出してきました。
すっかり老眼が進んだ目には針孔はほとんど認識できず、めくらうちで通しました。


引っ越すときに捨てようか。。。と思ったミシン。
やっぱり、持ってきて正解でした。
いい、息抜きになります。




とことんつきあう、訪問型パソコン教室 .あぽじら
ITオンチでもできるホームページ作成塾
WEB文章作成指導
チラシ作成塾 PowerPointでチラシを作成しWEB入稿で印刷屋さんに発注するところまで教えます。 制作事例も載せてありますのでぜひ、上のバナーをクリックして詳細をご覧ください。
事務指導 支援サービスJimdoCafe 武蔵セミナーのご案内伊藤雅恵Facebook お問い合わせ .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

卵をふ化させるには、結構な道を歩かないといけないらしいです。私の卵は腐ってしまうかも。。。

イメージ
昨夜チビが仕事から帰ってくるころ、テレビはニュースをやっていました。
この数日ニュースをにぎわしているのはもちろん【Pokemon Go】です。

60代の女性が娘さんと公園にポケモンを探しに行った話や、
その親子のところに公園に来ていた小学生たちが声をかけてきたことや、
70代の男性が町でポケモン探しをしていることや、
日曜日のお休みに、お父さんと子供がポケモン探しにでかけ、周りに迷惑にならない遊び方を教えながら二人で楽しんでいることや、

ポケモンを探しに交通機関を使って移動したり、外食が増えたり、その経済効果が・・・とか




なんだか、すごく、このゲームがもたらす未来がほのぼのと明るいような、そんな気配を感じました。
チビは夕飯をレンジでチンしながら
「ポケモンが日本を変えてくれればいいのに」
とつぶやいていました。



老若男女。
スマホを使えるようになるチャンスです。
そして、今こそ、モラルやマナーを啓蒙するチャンスだと私は思いました。

スマホの使い方はもちろん、道端であいさつをする、ご近所で声を掛け合う。
そんなことが、当たり前にできるようになったら、
子供にあいさつをしたら、変質者と思われ、
「引きこもり」や「うつ病」やストレスを抱えた人たちが、コミュニケーションで苦しんでいる。
もしも、気軽に「こんにちは」が言えたら。
そんな世の中だったら。

もしかしたら、社会が抱えているストレスがずいぶん軽くなるんじゃないか?

なんだか、そんなことを考えてしまいました。



テレビゲームが出たばっかりに、子供たちは外で遊ばなくなったといわれます。
太陽の光を浴びていないと、ストレスに弱くなる。という持論がありまして、ゲームのおかげで家の中に閉じこもっているという半ば常識みたいになってしまったことが、覆される。
そんな現象になればいいな。。。と思います。


とはいっても、深夜の公園でポケモン探しに大人たちがうろうろしている姿はちょっといただけませんがね。

夢中になっている姿というのは、時には美しいのですが、常識から逸脱するとだらしなくなってしまいます。
常識って何?と突っ込まれそうですが、
明日元気に朝起きられる今日の生活。とか
他者に迷惑をかけない生き方。とか
なんかそんな感じ。


人が本来持っている、生きる力や本能を消耗させないこと。
それが常識の定義じゃないか?
なんて思います…

巷は夏休みです。

イメージ
日曜日のブレックファーストにふかし芋を昔よく作りました。
マヨネーズや、バターをつけてハフハフと喜んで食べる息子たちを見るのがすきでした。

掘りたてのジャガイモをいただいたので小さいのを集めて湯がきました。
匂いを嗅ぎつけて起きてきた子どもたちはもっぱら日曜日は昼過ぎまで寝ることに徹していて、ジャガイモを茹でても、掃除機をかけても起きてきやしません。
あ、次男が起きてきた。
余ったら、スキレットを買ったのでポテトグラタンにでもしようかな。

【Poke GO】 乗るか乗らないかって乗るよ私は。

イメージ
昨日のお昼頃フェイスブックを開くと Poke GO がフィードをにぎわしていた。

そんなに興味があったわけではない。
ないけれども、いったいこんなに世の中をにぎわしているのは何がどうなっているのだろう?
という興味がわいてくる。

昼休憩に入ったお店でハンバーグを注文し出てくるまでの間にAPPStoreをのぞいてみる。
検索するも出てこず、
だったら、、、とサファリで検索してアプリを紹介しているURLから飛んでみた。

アプリゲット。


ゲットしてみたも、何がおもしろいのか想像すらできない。

生年月日を入れろと、一番初めに聞いてきた。

どうしよう・・・1967年なんてのがなかったら、、、いいおばさんが何やってんですか?ってな感じでなかったら。

と一瞬思うも、難なく入力。


グーグルのアカウントはいくつかもっているので、いつも使っていないアカウントでログイン。

そうしながら、息子たちに最初の画面をLINEで送ってみる。

珍しく長男が反応してきた
「ID登録することパンクしとって、できんよ」

「グーグルアカウントで入れた」
と返し、その後は3息子全員無視。

まあ、彼らは仕事中ですからね(笑)



とある場所のとある席で、昼ご飯を注文しながら、友人とインストールした自慢なんかをやり取りしながら画面を進む。

でさ、いったい何が面白い?

この地図は何?何?なに~~~~~~~~!!


画面に出てきた地図は自分がいる現在地周辺の地図なのね。


何々?世界中の人が現在自分がどこにいるのかどこかの誰かに知られながらゲームをしているの?
なんだか、おとろしないけ?


とはいっても、
スマホの位置情報は数種のアプリでONの状態。
当の昔に私がどこら辺をうろうろしているかなんて、どこぞのだれぞに情報が握られている状態。
今更な気もする。

LINEだって出始めのころはいろんな人から、やいのやいの言われていた。
でも、今ではスマホユーザーのほとんどが使っている。
当たり前のように。

そして、そのおかげで、たぶん、年頃の息子や、娘たちとのコミュニケーションはLINEがなかった時代とは比べ物にならないくらい充実しているはずだ。
たとえそれが
「今日のご飯いるの?」
「いる」
「いらな~~い」
「いる」

だけの会話でも。

Poke GO がそんなに普及するのかどうかはわからないけれども、
LINE同様、フェイスブッ…

あと30才若かったら!!!!!!!私はここに絶対いない。

イメージ
井の中の蛙でお仕事をしていると、どんどんどんどん「世の中」においてかれますね。

フェイスブックなんかをやっていて、今まで知りえなかった情報が入ってくるようになって、まんで、情報通~みたいに勘違いを起こしていると、とんでもなく世の中は進んでいって「今の情報」や「本当の情報」を見ないでいる可能性があります。

怖い。

情報というのは、見せられているようで実は選んで見ているだけなんだとつくづく思います。
見ているふりしてみていないもの。目に入っていないもの。
先日林健太郎氏のコーチングのお話を伺って、つくづく人間の脳みそというのはあいまいなものだと思いました。



IT経営
なんて私には関係ない。と思ってしまえばそれまでなのだけれども、何かおもしろいことがあるかと行ってみました。
世界には、広い広い視野の元、「そんなことまでできるんですかぁああ!!!」というようなことを開発している人たちがいて、それがどんどん世の中にでていてて、すでに使っている人たちがいる。
という事実。


4つの講和のうち
マーケティングオートメーション
の話に、自分はいったい何世紀昔のことをやってんだ???
と愕然としました。


今自分が直感でやっていることが、ソフトが根拠に基づいてやってくれる。
たまたま自分は「運」が良くてそういう場面に立ち会っていると思っていたことが、もしかしたらプログラムが仕組んでいることかもしれない…

パソコンが普及し、スマートフォンが普及した現代社会。
これらの可能性はすごいな。と思いました。




あ~~~~~
この仕事をすればするほど、
もし、今の時代に息子たちのような年齢だったら・・・

私は間違いなく東京に行って働いていると思います。
何かしらの開発に携わって、ワクワク仕事をやっていると思います。


ただ、、マーケティングオートメーションの概念の基本。
そこは、今自分が大切にしているポイントと方向性が同じだということは確信しました。
アナログですが。でも、間違っていない。

ますます「今」に生きていることがが面白くなってきたそんなフォーラムでした。




とことんつきあう、訪問型パソコン教室 .あぽじら
ITオンチでもできるホームページ作成塾
WEB文章作成指導
チラシ作成塾 PowerPointでチラシを作成しWEB入稿で印刷屋さんに発注するところまで教えます。 制作事例も載せてありますのでぜひ、上…

8月の営業日についてのお知らせ。

イメージ
昔からそうでしたが、7月はあっという間に日が経ちます。
息子たちが小さいころは7月の声を聞いたらあっという間に夏休みで、こちらの生活リズムが狂うなんとも憂鬱な夏の始まりでした。

全員が社会人となった今では、そんなこともないだろうと思っていましたら、気が付けばもう下旬に差し掛かっています。
は~~。
です。

お盆のお休みのお知らせも…と思ってカレンダーを見ましたら、今年は少し長めのお休みを頂かないといけないスケジュール。
早めにご連絡しないと。です。



休業日をピンクにしたのはまずかった・・・ほとんどピンクに見える。。。。


お盆休みや、立て続けの研修旅行という名の・・・がありますので、ホームページ作成塾現在進行形で8月にかかってしまうお客様に関しましては、14日間延長の措置を取らせていただきます。
対象の方には順次レッスンの時にお知らせいたします。




ちなみに・・・上のカレンダーは
PowerPoint2016使用
表の挿入
テキストボックス
ワードアート
で作成

すべてを選択し「画像として保存」でPNG形式で保存

で、貼り付けています。

PowerPointの「画像として保存」便利ですよ。



とことんつきあう、訪問型パソコン教室 .あぽじら
ITオンチでもできるホームページ作成塾
WEB文章作成指導
チラシ作成塾 PowerPointでチラシを作成しWEB入稿で印刷屋さんに発注するところまで教えます。 制作事例も載せてありますのでぜひ、上のバナーをクリックして詳細をご覧ください。
事務指導 支援サービスJimdoCafe 武蔵セミナーのご案内伊藤雅恵Facebook お問い合わせ .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

毒は毒であり愛はやっぱり愛である。

イメージ
言いたいことが言えない。
だから、つらい。

だから、言いたいことを言える人になりたい。


そんなことを思っている人は多いと思う。


だから、「毒舌」にもあこがれるのだろうけれども。




「毒舌」とは、他人に対して辛辣な言葉・悪口や皮肉のこと。(wikipediaから引用)




果たして、「毒舌」が本当に「言いたいことを言っている」ということになるの?
と私は思っている。


人は「理性」と「知性」を持つ生き物で、「愛」を持つ生き物だ。
言葉を伝えるのに、何も 辛辣な言葉 や 悪口 や 皮肉 を言わなくても伝えられるということに気が付かないと、
せっかく、「言いたいことを自分は言っている」と思ってやっているのに、いつまでも伝えたことによる「恐怖」と向き合わないといけないことになる。


「あの人がこう思っているのじゃないだろうか」
「あいつらに馬鹿にされてるんじゃないだろうか」
「誰かが攻撃してくるんじゃないか」


その恐怖は日に日に大きくなっていくはずだ。
そして、攻撃される前に攻撃しないと。
となってしまう。


最近ではやっていないのだが、文章を書くときにどんな悩みがありますか?というアンケートに答えてもらっている時があった。その中で

□ 敵を作らないかと不安である。
という項目にチェックを入れる人は結構いた。
何かしらの言いたいことがある。だけどそれによって敵を作ってしまいやしないかという恐怖。



この感情を克服して文章を書けるようになるには、自分が書く文章をネガティブ(否定的)にとらえる人の心理をケアすることだ。あなたが書く文章の中で、相手のネガティブを受け取り、ねぎらい、癒すということをするのだ。

それをすることによって、誰かに攻撃されるのではないかとおびえていた自分の心を恐怖から解放することができるのだ。
この手法を手に入れた人は、「毒舌」を言わなくても自分の言いたいことが伝えられるようになる。
まるで、仏様かマザーテレサにでもなったように、「愛」をもって伝えられることができるようになる。



ここで、「愛」を軟弱な遠回しな言い回しだと思ってもらっては困る。
「愛」のある文章とは、読み手の感情を受け取る強さがあるということであって、伝えたことによっておこることをすべて受け止める覚悟ができているということなのである。


それは、「厳しさ」となって現れるので、読み手の心の琴線に触れる言葉と…

文章つくりは実は文系ではなく理系のほうが得意。

イメージ
今年は男性のお客様をOKとしよう。
なんて、思った2016年1月。

7月にまさか男性のみのセミナーをやるとは夢にも思いませんでした。

私の仕事のほとんどは脳みその棚卸。
そのツールに使っているのが「コトバオンチトレーニング」
このトレーニングがきっと女性でないとついてこれないだろう。
と思っていたのです。

それにツールが出来上がったばかりで自分が安心して仕事ができる環境でやりたかったというのもあるでしょう。
で、女性ばかりで去年は数百人の方々にコトバオンチを使って脳みその棚卸をしてきました。

男性は「実績のあるもの」を好みます。
数と実際に賞を取ったことで今年は男性を迎え入れても大丈夫だろう・・・
とやわやわと男性からお問合せに応じてきました。

コトバオンチ

って何やねん?


脳みその棚卸って


どいね?


ってことなのですけども。


コトバオンチは自分の「思い」という主観の目線から、客観的目線で自分を見て、相手が何をほしがっているのかを探る訓練です。
ほしいものは「物」であったり、「情報」であったり、「価値」であったり。



客観的目線になるには、一度「我欲」を手放すことも大切ですし
「恐怖」を受け止めることも必要です。


さて、これだけ書くと、いったい何からどうしたらよいのかわかりませんよね。


これを、順序立ててメソッドに組み立てたのがコトバオンチトレーニングで、これをやることによって、ホームページのページ構成ができたり、コンテンツができたり、文章ができたりしていくのです。

..あぽじらのホームページの実績ページで紹介されているページはすべてこのコトバオンチを経て完成に至っています。http://www.apozira.com/lesson/homepage/sample/


さてこれを、「自己紹介文作成」にだけ特化させたセミナーを男女別で開催しました。
男性には女性とは違うメソッドを準備し、お話ししました。
もし、「ぽかん」とした状態が15分続いたら、早めに切り上げよう。と覚悟して。

結果は心配ご無用で時間いっぱいやりましたけど(笑)



今回は「婚活」を始めようかと思っている方々、または、すでに始めていらっしゃる方々が対象で、「自己紹介文」も結婚相談所のプロフィールシートに書くためのものでした。


「婚活」をされる方の勘違いポイントに気づいていただき、勘違いから起こっていた弊害や…