文章つくりは実は文系ではなく理系のほうが得意。

今年は男性のお客様をOKとしよう。
なんて、思った2016年1月。

7月にまさか男性のみのセミナーをやるとは夢にも思いませんでした。

私の仕事のほとんどは脳みその棚卸。
そのツールに使っているのが「コトバオンチトレーニング」
このトレーニングがきっと女性でないとついてこれないだろう。
と思っていたのです。

それにツールが出来上がったばかりで自分が安心して仕事ができる環境でやりたかったというのもあるでしょう。
で、女性ばかりで去年は数百人の方々にコトバオンチを使って脳みその棚卸をしてきました。

男性は「実績のあるもの」を好みます。
数と実際に賞を取ったことで今年は男性を迎え入れても大丈夫だろう・・・
とやわやわと男性からお問合せに応じてきました。

コトバオンチ

って何やねん?


脳みその棚卸って


どいね?


ってことなのですけども。


コトバオンチは自分の「思い」という主観の目線から、客観的目線で自分を見て、相手が何をほしがっているのかを探る訓練です。
ほしいものは「物」であったり、「情報」であったり、「価値」であったり。



客観的目線になるには、一度「我欲」を手放すことも大切ですし
「恐怖」を受け止めることも必要です。


さて、これだけ書くと、いったい何からどうしたらよいのかわかりませんよね。


これを、順序立ててメソッドに組み立てたのがコトバオンチトレーニングで、これをやることによって、ホームページのページ構成ができたり、コンテンツができたり、文章ができたりしていくのです。

..あぽじらのホームページの実績ページで紹介されているページはすべてこのコトバオンチを経て完成に至っています。http://www.apozira.com/lesson/homepage/sample/


さてこれを、「自己紹介文作成」にだけ特化させたセミナーを男女別で開催しました。
男性には女性とは違うメソッドを準備し、お話ししました。
もし、「ぽかん」とした状態が15分続いたら、早めに切り上げよう。と覚悟して。

結果は心配ご無用で時間いっぱいやりましたけど(笑)



今回は「婚活」を始めようかと思っている方々、または、すでに始めていらっしゃる方々が対象で、「自己紹介文」も結婚相談所のプロフィールシートに書くためのものでした。


「婚活」をされる方の勘違いポイントに気づいていただき、勘違いから起こっていた弊害や、勘違いを外す方法、外れた後の思考の行く先を明確にすることによって、見つけてもらって会いたくなる自己紹介文が書けるようになるのです。


お気づきの方はお気づきと思いますが、ホームページもブログも同じ。たぶん、サービスや商品を作る時も同じです。


先週は女性の方々に。
昨日は男性の方々に。

参加された方々に少しでもお役に立ち、皆様の幸せに貢献できましたらうれしゅうございます。

コトバオンチトレーニング(WEB文章作成教室)のご案内はこちら
http://www.apozira.com/lesson/writing/











お問い合わせ .あぽじら 金沢市三社町11-30(090-2838-8766)

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ