北國花火大会とおうちパーティ

今の場所に引っ越ししてきたのが3年前。
体調がボロボロで、歩くのもしんどかった時にここを見つけて、そして、「花火」が間近で上がることを不動産屋さんに聞いて、住みたいな~と強く思いましたっけ。


実家の父との関係性をあまりよく書かない私ですが、昔、千里浜であがる花火大会に父に手をひかれながら見に行ったことがうれしくて、毎年楽しみにしていたことは明らかで。
ある意味いつもあの花火大会の様な父だったらと願いながらいたようなきがします。

千里浜は夏休み毎日夕方の凪の時間、温かい海で夕飯まで父に遊んでもらった記憶と、花火の記憶が心地よく刻まれています。

だから、「花火」がいながらにして見られる家は、なんだかとっても嬉しくて。

ただ、その年はもうすでに終わった後だったので、1年後の花火大会を本当に心待ちにしながらいました。

そして、今年で3回目。北國花火大会。



マンション中に響く花火の音。そのたびにマンションがゆすられて1年分の悪阻を吐きだしているようです。

今年は夜になっていい感じの風が吹き出し、外にいて花火を鑑賞するには最高の年でした。


あんまり大人数でワイワイは好きではないので、毎年こじんまりと友人を招いて花火鑑賞しています。花火が始まるとじっくり食べていられないので、始まる1時間前くらいがスタート。
今年は、うちの自慢のお米(宝達志水町の荻島農園さんのお米)を食べていただきたく、ご飯に合うおかずを並べました。

牛肉のしぐれ煮
焼き鮭のほぐし
鶏そぼろとゴーヤとしし唐の味噌炒め
ちりめん山椒
たくあん
今年の梅干しの実崩れしたやつ。
冷やしトマト
塩きゅうり
鶴来中本農園さんのトウモロコシ
お子ちゃま用に赤いウインナー
手巻きおにぎりにしようと思った海苔
途中で気分を変えたい用のお茶漬け用のお出汁。

そして、差し入れの鳥手羽元と卵のこっくり煮
大量のビール

すっかりと酔ってしまい、あわててヤーコン茶をいれました。

お盆に東京の妹家族が遊びに来るので、その時もこんな感じにしようかな。
これに刺身でもあれば・・・


8月になります。8月は前半が勝負。
一気に駆け抜けようと思います。
えいえいお~~~~~~~!!

コメント

このブログの人気の投稿

自己チューな言葉

「あぽじら」の正しい使い方

【1日目】金沢港出発 @コスタネオロマンチカ